物凄い御夫妻@パリ・ジャックマールアンドレ美術館 

前のアップで最後かと思ったのですが、そうだそうだ!今回初めて行った場所で物凄く素敵な場所があったんだった!!ということでしつこくもうひと記事アップップ。

ja1.jpg

最終日の便が夜中11時でしたので昼間はゆっくり観光を楽しもうということになり選んだ場所。

ja2.jpg

こちら、ジャックマールアンドレ美術館という御屋敷でゴザイマス。

どちらかというとこちら、カフェで人気なのかな?

大銀行家だったアンドレ氏と肖像画家だった奥さまジャックマール夫人の実際に住んでいた大豪邸をそのまま美術館、カフェとして公開しています。

もうね、個人とはいえ凄いコレクションの内容なのです。
なにしろあのルーブル美術館から「ちょいと今年はウチ予算たんないんでーお宅であの絵画を買ってくれませんかねー」とか言われちゃうレベルだったそうで(なんという下品な口調であろうか)。

ジャックマール夫人は超超玉の輿ですわなー。
夫亡き後は世界各地を回って美術品を収集したのだとか。
と言ってもただ金にあかせて買いまくっていた訳ではなく、彼女の審美眼は相当で、名も知れず買ってきた絵画が実は後年ボッティチェリの作品だと分かったりする位の目利きさんだったようです。

このお二人にはお子さんがいらっしゃらず、その分の情熱も全て美術品に注がれたのだそう。
すごいわね、あの美術品達が子供代わり・・・さすがにこのご夫妻の前では「子供がいないなんて可哀相に」と言う台詞は吐けませんね。 それ言える人、相当だわ~

だって本当にルーブルに飾ってあるレベルの画家の絵がその辺にぼーん!ってあるんだもの!
わたくしの大好きなヴィジェ・ルブランの絵画も目の前にどーん!

基本的にこちらは写真撮影不可ですが一部

ja4.jpg

こんな楽しいコーナーが設けてありました(笑)

この美術館はミュージアムパスが使えないのですが11€出す価値は十分にある美術館です!
11€で日本語の音声ガイドも含まれていますのでお得ですよ。
(そういえば前日のヴェルサイユで借りた音声ガイド、わたくしのだけ途中から壊れやがりました返却の時に「にぃちゃん、これ動かなかったでー」と文句を言ったら「デゾレー」で済まされました・・・デゾレーじゃねぇよ、デゾレーじゃ。しかも壊れた音声ガイド、フツーに返却の山に混ぜやがったで

ミュージアムショップも可愛くて素敵でした。
自分へのお土産に買った青い絵本はこちらで買ったものです

この日のランチは勿論こちらの

ja5.jpg

カフェ・ジャックマールアンドレにて頂くことに。
並ぶと聞いていたのにすっと入れました。

こちらはキッシュランチ(17.8€デザート付飲み物別)です。
キッシュ、卵部分がまるで茶わん蒸しのようにふっくらしていて美味しかった!

わたくしたちは開館と同時に入って音声ガイドを全部聞いてランチまでとったので結局2時近くまで居たのかな?
でも楽しかったですわーあの空間!!素敵だった!!




あとはおまけ画像をいくつか・・・

最終日、ホテルまでお迎えが来てくれる約束でしたのでそれまでの時間つぶしにホテル近所にあるパッサージュを散策。パッサージュっつーのは屋根付きのアーケード商店街みたいな感じね。

paris1.jpg

こんな感じで可愛い雑貨屋さんや古本屋さん、画廊、カード屋さん、古切手屋さんなどがならんでいます。

paris2.jpg

色々細々したものを買っちゃいました(笑)




あと今回、前回ほどわんこに出会えなかったのですよーなんでかしら?皆バカンスに出かけてしまったの?

なのでこんな写真のアップのみですが・・・

parisdog.jpg

標識萌え。




今回良く使ったトイレ

有料トイレで1.5€から2€掛かるのですが、清潔で綺麗なトイレにはお金を出し惜しみしないわたくし達。
パリ内に何ヶ所かあるのですが、ある度に入っておりました。ホントに綺麗よ!

paris3.jpg




最後の最後にこちらの一枚。

pariine.jpg
「いい子でお留守番していましたの」

いやー、いねの先祖はかつてこうしてソファーに座っていたのだろうか・・・

(ヴェルサイユ宮殿、王妃の部屋にて)

しかしいねったら病院でのお泊まりの後、妙に鳴き方のバリエーションが増えたような気がするんですよね・・・なんだ、一緒に居た子達から習ったのか?!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/968-21641657