「夜行観覧車」珍しくドラマにはまる 

ドラマを観始めると一週間が余計早く感じるようになるのでなるべく見ないようにしているわたくしでありますが、前期は米倉サマの「ドクターX」にはまり、今回は京香サンの「夜行観覧車」にはまっておりまする。

「ドクターX」はどちらかと言うと米倉サマよりも岸部一徳さんの妖しい(笑)魅力に取りつかれたんですが(^^;いやー、もうあの人「医龍」の時も超イヤな奴の役だったんですが、これがまた良かった―。坂口某氏のことは良く分からないのですが、とにかく野口の嫌な奴さ加減が好きで見続けてしまった位です。

なんのドラマでも嫌な奴が嫌な奴ほど見ていてはまるんですよねー。
でも若い役で嫌な奴と言うのは余り萌えない。例えば学生のいじめとかOLのいじめ役とか・・・むしろ見るのを避けてしまう位興味が無いし魅力も感じない。

でもベテラン世代の俳優の演じる嫌な奴と言うのはもう何故か萌える(笑)

そういう点で今期の「夜行観覧車」、物凄い魅力的なキャラがいるのですよー。

夏木マリ様演じる小島のおばちゃんがもーそら笑っちゃう位嫌なおばちゃんでさー!!

どんな役かっつーと、高級住宅街に引っ越してきた庶民な主人公一家(鈴木京香)が住民達から「まあ、こんなセレブな街に庶民が越してきて・・・」と言う目で見られるのだけど、その先頭をきるのがマリ様な訳。

事あるごとに目をパチパチさせながら庶民を見下すのだけど、まー、それが大げさで面白い。あれはマリ様以外は当てはまらないですなー。あ、江波杏子だっけ、あの人でも良さそうだけど、ちょっと本気で怖いオバちゃんになりすぎちゃうかな。

でもマリ様は一人息子でNY駐在中の「マー君 (田中選手かッ!)にメロメロですぐに電話で「マー君マー君」と絶叫するのがまた憎めないというかなんというか。

で、そんなオソロシイ高級住宅地に無理して引っ越してきちゃった庶民・真弓がまた本当に考えなしすぎるお馬鹿さんで突っ込みどころ満載でさ。

思春期の頃に感じた「いやなお母さんの行動・態度」をことごとく取っちゃって、しかもそれが板についているのが凄い!さすが女優!あんなかーちゃんだったら相当イラつくし嫌だわー!!

とにかく困ったことにドラマを見たくないのに心待ちにしているわたくしなのであります。
あー、金曜が楽しみだわー。




しかしあれはドラマだから面白おかしく誇張しているんでしょうけど・・・でも多かれ少なかれ新興の高級住宅地ではああいう見栄の張り合い、お付き合い、けん制し合いってのがあるんだろうなぁと思うと気取りのない庶民な下町に住んだことを本当に良かったと思いますわー。

逆に先祖代々からの高級住宅地だとそういうのは無さそうなイメージ・・・金持ち喧嘩せずっていうし・・・でも、本当のところはどうなのかなぁ?全く想像がつかない!

しかし見栄は張ったところでなんの得にもならないというか、疲れるだけなのでわたくしは余り見栄を張らない方であります。主殿いわく「むしろ卑下し過ぎ」だそうですが(苦笑)

昔サロネーゼ系おサロンに料理だのフラワーアレンジメントだの習いに行ったことがあったんだけど、何故か大体必ず話題に上がるのが「旦那さんなにしている方?」ってやつだったなー。
これによって教室内のカースト(笑)が決まる感じでした。

あと住んでいる地域ですね。これもかなり重要な要素らしかった。

習い事に旦那の職業はかんけーねーだろ、と思うんだけどね まあ月謝の出処としては主宰者側としては気になるのかもしれないけどね
ちなみに我が家の「フツーのサラリーマンです。住んでいるのは某下町です」と言うのは最下層カーストでした。
「へぇ」と言われてサラッと次の人へ視線が流れる、みたいな感じ。空気ですわ、空気。

サラリーマンでも商社の奥ちゃまなんかはサラリーマンとは言わずにイキナリ社名を出していて「(なうさんちと)一緒にしないで」って感じでした。更に駐在経験者とかだと更にその一歩上。その駐在先の中でもフランス・イギリス等は別格(そしてどんな話題でも巧みに駐在時代の話に絡めようとする)・・・とまあ、こうして書いていくと本当にカースト制度ばりの細かい身分差があるな(苦笑)

そしてもちろん最高峰カーストは医師・弁護士妻、この辺りはもう鉄板。分かりやすー。もうその瞬間からその人はその場での女王に君臨です。先生も媚び媚。キー!同じ授業料払って何故差別されに行かにゃならんねん!!

しかし本人の云々でなく結局は旦那の仕事がすべてってのがなんか主婦の哀しさだよね

ま。そういう「おほおほ」なお付き合いにすっかり辟易して、人付き合いを閉ざすようになってから数年経ちますが・・・生きていくのに全く支障が無いんですよね。

いやー、本当にああいうのはわたくしの人生においては必要ないお付き合いだったと思いますです。

人間分相応と言うのが一番居心地良くて幸せなんだわー。
上を見ればきりなし、っていうしね。

いやほんと、習い事であんだけ「ウザー」だったんだから、これが住まいだったりしたら類稀な繊細でガラス細工のようなw神経を持つあたくし、ストレスでツルッ禿になっちまうわ。ピカー
1301271.jpg



それでもあれね、「人の不幸は蜜の味」の心理なのかしらね、そういう世界に身を置くのはまっぴらでもドラマで観ると面白くてしょうがないの。

ああ、もしかしたら不幸系ドラマってこういう心理をうまく満たすために作られているのかしら(笑)

とにかくもう今から金曜10時が楽しみであります。
やだわー、一週間が経つのが速くなっちゃって・・・




蛇足ですが・・・
夜行観覧車の公式HPで出演者全員が「しー」と言うように指を立てているのですけど、高橋克典だけ、一瞬、鼻をほじっているようにしか見えてしまうのはわたくしだけかしらん・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/909-3f453759