悪いのはワンコだもん・・・ 

実にありがちな結末なのでもう冒頭を読み始めた時点で結果はおわかりになると思うのでございますが・・・

昨日のこと。

てくてくと歩いているわたくしの前方からイケメンの外人のにーちゃんが犬を連れて歩いてきたのですよ。
その犬はブル系っていうのかしら、短毛でむちむちしたエロティックな肢体の犬でして。

おお、この犬ならさぞかし!とわたくしのあるセンサーが働きました。

すれ違いざま、すかさずチェックを入れたのですが、果たしてその犬は素晴らしいケツの持ち主でありました。

そう、わたくしは筋金入りの

ぼーん!!
「久しぶりの登場だと思ったら尻だけのアタクシ」

犬の尻フェチ

・・・その犬の尻ときたら・・・

むっちりとした肉体に翻弄されるようでいてしっかり主張している張りのある尻のライン・・・嗚呼!!
かすかに「プリッ」と持ちあがるようなラインを描くような腰から尻にかけての「Jライン」がリズミカルに左右に揺れる様子はもう絶品!

勿論いねの尻も大好きだが短毛種の犬のラインはまた格別。
シャープな線を描きつつ豊満な肉を彷彿とさせるエロさがまたたまらん。

すっかり我を失ったわたくし、思わずすれ違ってから振り向きつつこうつぶやいてしまいましたの。




「おーおーいいケツしてるなぁ、おい!なんだそのプリケツは!ああ?!プリケツ!プリケツッ!!」



もうお分かりかと思いますが。



・・・ええ、斜め前には信号待ちをしている人達が数人いたという状況でしたの。


聞かれたと思う・・・だって皆私の方見ていたし(号泣)


わーん!今時エロオヤジと称される人達だってこんなこと言わないわよぅ!!
しかも思いっきり野卑なおコトバ!
どうして私ったら犬の尻とみると我を失ってしまうの?!


っていうか、どうして独り言を言う時に周囲を確認しないんだ、ワタシ!!


・・・悪いのはワンコだもん。

ワンコの尻がプリプリと魅力的なのが悪いんだー!!

し、しかしあのワンコを連れているのがにーちゃんで良かった・・・これで連れているのがおねーさんだったらワタシ、本当に通報レベルの怪しい人だったかも

ちっちがうのーー人間の尻には興味無いのー!!
好きなのは犬の尻だけだってばーーーー!!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する