ゴヤ展@国立西洋美術館・・・着ている方ね(笑) 

今日は行きたかった「ゴヤ展」に行ってきましたよ。

あの有名な「着衣のマハ」が40年ぶりの来日だそうです。
ちなみに今回は着ている方だけね。
だから主殿は興味無いだろうと(笑)、一人で行くつもりで前売り券を買っていたのですが、それを言いましたら「ナニソレ?!と。

ま、結局二人で今日行ってきました。
お休みの日だったけど意外と混んでいなかったです。

初日は凄い並んだみたいですけどねー。

一応行く前にこちらでゴヤの生涯をチェック

【送料無料】101人の画家

【送料無料】101人の画家
価格:1,575円(税込、送料別)



見開きだけですけどそれぞれの画家の生涯について漫画で表現してあって面白いんです。
ちなみにゴヤはコネコネな出世道を歩んでいったようですなー。

勝手な印象ですけど、私的にゴヤの絵ってなんか妙に色っぽいというか~、艶っぽいというか~、下世話な表現でいうと「エロい」印象なんですよねぇ。

女の人は勿論ですけど、男の人もなんかエロい雰囲気が・・・自画像とかも。

なので「着衣のマハ」に至っては服着ているくせになんともエロいオーラを醸し出している感じがしました。

なにあの「わたしはなーんにもかんがえていませんわよー」的な無邪気を装いつつ、めっちゃ下心ありそうな表情はッ!女の敵になる典型的なタイプかと!

・・・って、まあ男でそんな雰囲気を表せるって、それがすごいんだろうなぁ。

あ、またいつものしょうもない感想になってきた(笑)

あと意外に良かったのが動物の絵で、一番可愛かったのが「猫の喧嘩」という細長い絵。
なんだか日本画を連想するようなスッキリとした絵でとても綺麗でした。
動物の可愛さは万国共通なんだなぁー。




しかし国立西洋美術館の作りって階段が多くていやね。
足の悪い人にはちょっと厳しい感じ。
あんなに広い土地なんだから凝った作りよりは平面で移動できるようなスペース作りにして欲しいもんだわさ。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する