読書の季節 

最近また通院が多くなってきているので本を読む時間が増えましたよ

という訳で最近読んだ本

【送料無料】トイレの話をしよう

【送料無料】トイレの話をしよう
価格:1,890円(税込、送料別)



人間なら誰しも関わる話なのにこういう本を読んでいると何故か嫌な視線を感じるのは自意識過剰でしょうか。
しかしこれ、トイレ話にはかなり強いわたくしでも「ウヘェ」となる内容でございました。

一番印象に残ったのが(単位は違う表現だったかもですが)下水処理、つまり公衆衛生に1ドル投資すると7ドルの見返りがある、っていうくだり。
支援というとどうしても「上」からの食糧支援、という方になりがちで「下」の支援に関してはどうしても後手後手になっていることが多いけど、実はとても効率が良い支援の形であるということ。

でも考えてみればそうですよね、ユニセフ?とかもポスターでも「食料を!」というのはあっても「トイレを!」っていうのは見たことが無い。

理想のウツクシさを達する為にはキタナい部分を無視してはいられない、という語り口がとても斬新でした。
でも言われてみれば当たり前のことですよね。
食べたら出す、誰だって出す、絶世の美女だって出すんだ!




あとこれ。最近ちょっと未知なる分野や読んだことの無い人の本を意識して読むようにしているの。

【送料無料】国防

【送料無料】国防
価格:500円(税込、送料別)



どーでもいいけど石破さん、酒強過ぎ。

ちなみにこの本、銀座三越のラデュレでも読んでいました。ええ、カバー無で。

閑話休題。

勿論わたくしはノンポリでいわゆる無党派層という立場です。
ミリメシに興味はあってもミリオタではありません。


・・・と、こうしていちいち書き加えないと、「あら、nauさんたら、結構偏った思考の持ち主の人?」と思われてしまいそう・・・


・・・っていうのもなんだか変な話よね。

と、思うようになる本でした。

読書感想文とするならばココ迄で終了!


なんだけど。まあつらつらと書き連ねさせて頂く。

・・・政治と宗教の話はタブーと言われますけど、宗教はまあそうかもしれませんが、政治、軍事の話に関してはもう少しオープンな雰囲気にならんもんですかね。

特にわたしみたいにお馬鹿な上に接する人が極端に少ないような立場からすると、政策一つに関しても色々な立場の人と議論してみたかったりする訳さ。まあネット上で・・・ってのもあるのでしょうけど。それもちょっとな。

うーん、そういうんじゃなくて、理想はカフェ・・・それこをラデュレみたいなオサレーな空間の中で紅茶の種類のお薦めを語り合うように政策の善し悪しを語り合う・・・みたいな雰囲気よ、マカロン頬張りながらさ。

日仏学院でDトーザンさんの授業を受けていた時に話されていたのですが、フランス人はとにかく議論好き。政治などについてカフェで語り出したらもう止まらない、日本風に慣れて来てしまったドラさん的にはたまに「う~ん、もううっとうしい~!」と思うことがたまにあるぐらい!だそうで。
でもそんな雰囲気は憧れますねぇ。
全くフランスに関して憧れや好きな点が無かったけど、うん、これは憧れだな!
3年目にして初「憧れ」が出来た(笑)

あ、あとね、平和を語る為には軍事を知らないと語れない、みたいなくだりは先のトイレ本と共通するものがあるなぁと思いながら読みました。

ウツクシイものを語るにはキタナイものも知らねばならぬ。

ヘイワを語るにはグンジを知らねばならぬ。

ああ、これって医療にも通じますねぇ。

健康を得るには病気の知識が必要だもの。  

・・・なんだか知識の深い絆を感じるわたくし。





それと西洋の衣装の本を読んだのですけど、タイトル忘れちゃった
最近粘土わんこで和の衣装だけじゃなくて西洋の衣装も作ってみたい!と思ってその為に借りたんだけど・・・。

その中で「縞模様は犯罪者の柄であった」っていう記述が妙に印象深くて…。

ま、単にその時にボーダーのワンピースを着ていたからなんだけどさ(笑)
   コレコレ  今年買ったベベで一番のヘビロテでした



で、勢いづいて読んでしまったのがこちら。
一冊ひたすら縞模様追及。

【送料無料】縞模様の歴史

【送料無料】縞模様の歴史
価格:945円(税込、送料別)



でもちょっと参考文献多過ぎねーか?!みたいな(笑)




さて、明日はW診察でほぼ丸一日、病院に缶詰です!
持参する本は気合の3冊!

読破が早いか会計が早いか(笑)

感想はまた改めて!