初めて救急車を呼び脱力するの巻・・・ 

今日は夕方にジムに行く予定だったのですが・・・行けず。

というのはね!!というのはね!!言い訳させて!!

いやぁ・・・午後、体重測定にいねを病院に連れて行ったのですが、その帰りに怪我をしたおばーちゃんを見かけてしまったのですよ。

道端に座り込んでいるから「ハテ?どうしたのやら」と思い何の気なしに「どうかしました?」と声をかけたら・・・顔中冷や汗で「いや、あの、転んじゃって・・・」と言うじゃない!!

ひえーーーと思って「ど、どうしましょ、おうちどこですか?」と聞いたら家はすぐそばのマンションの6階で、今通りかかったおじさんが家族を呼びに行ってくれているとのこと。

あら、じゃあひとまず安心かと思い、とはいえ一人じゃ心細いだろうからおじさんが帰ってくるまでそばにいましょ、と、座り込んでいたのですが・・・。
そのおじさん(いや、結構コワい雰囲気のおじさんでちょっとびっくりした・・・でも実は優しいんですね~)が帰ってくるもなんと御留守らしいと。

ええーーー、どうしよう!!
今日は暖かいけど、日陰だし、夕刻だし、このままじゃおばーちゃんも冷えちゃうし・・・うーん、ということでそのおじさんと「・・・うーん、救急車、呼びましょうかね」と。
で、なんかおじさんは忙しそうだったので「後は私が・・・」と帰って頂き、恐る恐る携帯で119番にかけました。

初めてですよ、119番なんてー!!110番と一瞬迷った・・・。

数年前防災館で通報時のシュミレーションをやったのですが、んなもん頭から素っ飛んでいました・・・が、出た方の適切な対応と目の前の自販機(どうやらおばーちゃんはこの自販機で何かを買おうとしてこけたらしい)にはってあった現在地住所のおかげでちゃんと呼ぶことが出来ました。

で、5分くらいかな?救急車が来て、おばーちゃんは無事に救急車に収容されて行きましたが・・・。
痛みで動けないみたいだったので・・・骨折しちゃっていたのかなぁ・・・。

一応不安だったので救急隊員の人に「あのぅ、これは救急車を呼んで良かった状況でしょうか?」と問うたのですが、大丈夫だそうでした。

いや、ほら、最近って大したことない状態でタクシー代わりに呼んだりする人が多くて、本当に困っている人が読んだ時に出動できないことが問題になっているじゃないですか。

まあでも後はもうとりあえず安心ですね、ということでその場を去ることに。
あれ、通報した人も名前と連絡先聞かれるのですね。
「いや、あの、通りすがりなんですが・・・」って犬連れてりゃどう見てもそうだよな。

あ、でも実は救急車がくるまでの間、いねが結構頑張ってくれて!
「ばぁば、大丈夫ですの?大丈夫ですの?」と言わんばかりにおばーちゃんの周りをうろうろ・・・おばーちゃんも「ごめんねぇ、こんなのびっくりしちゃうよねぇ」といねに構っていたので・・・ちょっとだけ気を紛らわせられたかな・・・なんて思っているのですが・・・。



・・・なんてことがありましてね。

帰宅してホッとした途端、

二人、崩れ落ちる

ドーーーーーーっと疲労感&自己嫌悪に陥って。

突っ伏してしまいました、わたくし・・・。

疲労感、は、まあ緊張が緩んでどっと来たものですが・・・自己嫌悪・・・orz

いや、もっと出来ることはあったんじゃないか、とか、おばーちゃんが冷えないように何かかけてあげることも出来たんじゃないかとか、あと通報後、確認だかなんだかの折り返し電話が携帯にあったのですが、通報後すぐにバッグにしまってしまったので3本あったのに気付かなかったんですよ。
通報してからもちゃんと携帯を握っていたらすぐに出られて手間が省けたかもしれないのに、とか・・・

なんかもー、ホント、子どもじゃないんだからさ、もっとなんか出来たんじゃないの?!って感じで。

これからもし救急車を呼ぶことになることになった方、通報後、折り返し連絡があるかもしれませんから携帯はすぐ出られるようにしておいた方が良いですよ~!!

ああ~・・・なんだかもう本当に色々反省・・・

にしても。・・・おばーちゃん、大したことないといいねぇ、なぁ、いねよ。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/438-56d43bab