唇にハエが留まるんじゃなくて~? 

・・・って、懐かしの漫画「動物のお医者さん」でトロくさい菱沼さんがライバルの綾小路さん(だったかな?)にそのトロさを馬鹿にされる時にいわれた言葉です。懐かし~



何をするにもトロくさい菱沼さんはどうも喋るのもトロいらしく、余りのトロさに唇にハエが留まっちゃうんじゃないの~おほほほほ!!・・・てな感じで馬鹿にされていました。

ま、何気に頭のいい菱沼さんなので私とは全然違うのですけど・・・でもこのトロさだけは(笑)共通点かなーなんて。

私も何をするにもトロいし、どうも喋るのもトロいみたい。

母国語ですらトロいのだからこれが外国語となった時にはもう超早口言葉状態になってしまうのは必然であります。

7月中にやっていたカリフォルニア横断シリーズは普通の速さの模範演技と少しゆっくり目のものがあって私は当然ゆっくり目のものを選んで練習していたのですけど、8月から始めた5分間トレーニングシリーズはそれが無いんです。

私的には超速いスピードの模範演技だけ。

なのでもう口が付いていかない・・・たった5分の内容なのに30分以上かかるのはそのせいであります。

トレーニングと銘打っているだけあって「英語をしゃべる筋肉を鍛える」というのがコンセプトらしいので、この際、内容の把握はとにかくこの速さに耳と口を馴らしていくことを当面の目標にする感じです。

ただでさえ付いて行くのが大変なので一声でも無駄な読み方をしてしまうとたちまち遅れてしまいます。

昨日など「100」を「ワンハンドレット」と読んでいて全く付いていけなくなっておりました。
「ワン」じゃなくて「ア」なのですね、よく聴いてみると・・・
「ワ」「ン」と二言いうことで後れを取っておりました。

はーーーーしかしどんだけとろいのだ、私は・・・。

もう毎日落ち込んでいます。どうにかしてよドラえもん状態。

英語難しい・・・。

あ、ついでにフランスもな(苦笑)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/401-2768e105