最近読んだ本ズ・再び 

そろそろタイトルに困ってきた(笑)

ま、そんな訳で今週読んだ本はこんな感じ・・・

1008061.jpg

凄ーくひさしぶりに林真理子借りちゃった。
林真理子って嫌な人を書かせるとうまいですねぇ、この本はそんな人の嫌らしい部分ばっかり集めた一冊でした。読んで気分悪くなりましたよ(笑)

でもこの人、昔エッセイなんか割と面白かったのに最近エッセイは余り面白くないような・・・食べ物ネタと有名人ネタが多くなってきちゃったっていうか・・・。
エッセイ・・・みたいな軽めの文章ではもう素人のブログの方が面白くなってきちゃった感があるかも。

お城の生活についての本はなんかちょっとお堅い文章過ぎて面白みがちょっと少なく。
最後まで読めず終わりました。

そして排出する都パリはちょーーーーっと読んでいて↑と違う意味で気分悪くなりましたわ。
汚い描写に関してはあまり何も感じずに読む方なのですけど、これは結構「うぇー」ってなりました。
しかしタイムマシンでこういう時代のパリに行ったら凄いんだろうなぁ・・・

そう考えると日本の江戸の町は割と衛生的だったような気がしますねぇ。
厠にまとまったブツは肥料として定期的に回収されていたようですし・・・
ちなみに私、この江戸時代のリサイクルシステムというか、そういうのすごく好きなんですよねー。

で、その江戸について解説した2冊。これはもう純粋に面白かった。
江戸東京博物館の展示物を用いた写真が多くて、挿絵も沢山。(子どもか私は!!)
髪型や衣装のことも出ているし、このシリーズはあと2,3冊あったはずだからそれも借りようと思います。

あと「ああしらなんだ世界史」は世界史のとっかかりになれば、と思って借りたのですけど、結構ね、いわゆる「世界史」的な地域じゃなくて、著者の方が好みの中近東あたりの初めて聞くような地域の歴史について書かれていたのである程度世界史を把握されている方が読むと面白いと思うのですが、私のように世界史初心者にはちょっとレベルが高かった気がします。

いやー、最近病院に行く回数が多いせいで本がモリモリ読めるわ(笑)



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/400-10c70a56