検査値悪化 

昨日は月一の検査の日でした。あ、私のね。

ちなみに今日はいねのフロントラインの日&体重測定。
いねは順調にマイナス100g♪
こちらはすこぶる良好で言うことなし♪


・・・でも自分の方はいまいち、というか結構悪かったようで、昨夜からなんだか気分が落ちています。

実はこの半年くらいどうにも肝機能の値が「よくない」ギリギリラインをふーらふらしていて、でもまあ薬の副作用で肝障害が出ちゃうのはしょうがないし~という感じで経過を見ていたのですが・・・

昨日の検査値では一気に正常範囲の4倍越えの値を叩き出してくれた我が肝臓・・・どうしてそんなしょうもない記録をぶち立てるのだ。もっと他に頑張ることはいくらでもあるだろうに


・・・でも勿論自覚症状なんて全然ないんですけどね。
なので自分的には「先生、見無かったことにしましょうよ」といいたい位なのですけど。

あたりまえだけど正常範囲を超えた値には赤い表示が付きます・・・
付かないでいいよ・・・下らんサービスをつけおって・・・とまで思うわたくし。

おまけにいつもは緩さが身上の先生が「nauさん、来週もう一度検査来て」と強引に予約を入れるじゃないですか。
先生は担当している患者さんがすごく多いので少なくとも2週間は先じゃないと予約がとれないというのに。
それに週一なんて退院直後より短いスパンじゃねーか・・・検査代高いのにぃ・・・

「来週もう一度検査して、もしそれでまた悪いようだったらまたエコーを撮ってみよう。で、それでアレだったら・・・ (小声&無言)  」

・・・あの、先生、最後まではっきりと発音して下さいッ!!

なんか元々の腎臓だって全く自覚症状が無くて、で、しょーもない薬飲む羽目になって、で、副作用の嵐に苦しんで、で、挙句にその副作用の集大成で肝障害かよ。しかもこれも自覚症状ないし。

なんだかだまされているんじゃないだろう―か、などと下らないことを勘ぐってしまう。

ま、だました所で誰も何も得をしない所を見るとまあ確かにきっと本当に何かが悪いんだろうと思うけどさ。

折角色んなことが順調に行き始めたような気がしてきたんだけどなー。
結局私は地味に地べたを這いつくばるような生活をしてろってことなのかしらん。


肝機能の為に何か出来る手立てがあれば・・・と思ったけどこれもまた何の手だても無く。
取り合えず市販の薬のようなものは飲まないように、と、それだけ。

何も出来ないというのがまた腹立たしい。
良い方に向かうなら死ぬほど苦手な冬瓜でも豚足でもコッテリチョコレートでも何でも食べるし、肝臓に良くないというなら大好きなものでも何でも我慢するっての。


私よりももっと辛い症状の人は一杯いるんだからこれぐらいでグダグダ言うのは良くないのだけど。

いつまでこんな日が続くのかと思うと正直うんざりするわたくしであります。

なんだかな。