身代わり・・・ひとりごとです 

今日、年賀状用の写真を撮りましたよ。
いやいや、もう本当に年の瀬。

しかしとんでもねぇ一年だったぜ・・・とため息をつきつつ、ふと去年の今頃ってどんなだったっけ?と思い、一年前の11月のブログを読み返してみる。

・・・ふむふむと読んでいるとなかなか懐かしく面白い。
そうかー、こんなだったなー・・・と思いつつサクサクさかのぼり、「嫌いな言葉・・・愛があれば」というエントリーを読み返した。

ミニテーブルが倒れ、足の甲にぶち当たり物凄く痛かったが、いねに当たらなくて良かった、いねの笑顔が守られるなら骨の一本や二本へし折られようと構わない・・・という内容だった。

これを読んだ瞬間、この一年の苦痛が私にとって全く違うものになった。


この一年、こう言っちゃなんだが、私はまあ結構苦しんだと思う。
精神的にも、肉体的にも常に苦痛を伴って暮らした一年だった。

でも。

でも。

でも・・・これとまったく同じ苦痛をいねが味わっていたとしたら・・・?


つまりだ。

よく母親が熱を出した子供をみて「出来ることなら代ってあげたい」と思うというが、まあ実際に入れ替わることは出来ない。
母親は苦しむ我が子を目の前に、辛い思いにさいなまれるしかないのだ。

つまりだ。

まあ、そうじゃないかもしれないが、もしかしたらいねに降りかかるかもしれなかった災難がこの病という形で私に「入れ替わり」で降りかかったのだとしたら?

いねが苦しむのと自分が苦しむのと、どちらかを選ぶとしたら。

そんなもん決まっている。私は自分が苦しむことを選ぶ。

いねがこの小さな(いや、パピヨンとしてはでかいが)体でうんうんと唸って苦しがる姿を見るくらいなら自分の体が痛い方がよっぽどましである。

考えてみれば年初め、原因が良く分からないおできだの尻尾の潰瘍だのと結構病院の世話になったいねだが、私が病に伏してからというものほとんど健康な状態を保っている。
4月にパテラがわかったが、それとてほとんどその時だけで、しかもその日は私のハゲが判明した日。
いねは体を張って私のハゲへの目線を逸らしてくれた。
その後有り難いことにほとんどパテラの症状は見せない。

この10ヶ月間の苦痛もいねの身代わりとして味わったものだとしたら・・・まさに屁の「突っ張り」。
どーといことは無いように思えてきたから不思議なものである。

持病を持つ愛犬と暮らす飼い主さんのブログなどを読むと、その不安さと切なさはもう私の想像を超えるものだろうと思われる。
ましてやわんこは言葉で説明することが出来ないのだから、「辛いのではないか」「もっと悪くなってしまうのではないか」という推測の不安まで常に抱かなくてはいけないのだ。

それはなんと辛いことだろう。

この狭量な私がそんな精神的重圧に耐えられようはずもない。
きっと不安で押しつぶされてしまうだろう。

それを思えば自分の体が痛いことやハゲや食事制限などなんぼのもんか。

もしいねがもっと元気で明るく長生きしてくれるのだったらもっと痛くても構わない。
ハゲでいねの健康が保障されるならツルッ禿だって、いや、大好きな水分の制限だってウェルカムだ。

その代り・・・いねを絶対に絶対に苦しめないで、って思う。本気で。



いね、本当にありがとう。

お前の存在のお陰で辛いことも明るく考えられるようになったよ。
今年一年、本当にいつもいつもそばに居て励まして支えて助けてくれた。
本当にありがとうな。

お前にどんなことがあってもあたしゃ絶対にお前を守るからさ。

だからどうか一日でも一時間でも一秒でも長く私の傍にいておくれ。


Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。
ご無沙汰しております。
このnauさんの文章で泣いてしまいました。仕事中に不覚です。
どこまで涙腺弱いのかわたし。

nauさんの言葉は いつも 
いね嬢への愛情があふれてますよね(笑。

最近トシのせいかうちの上のお嬢様が
弱ってきていて(ピピピと鳴く例の子です)、
もう本当に自分の生命エネルギーをわけたいというか押しつけたい位です(泣。

・・まとまりのない文章でごめんなさい。

最近のnauさんはとても活発に活動してらっしゃるんですね♪
私も昔A○Cクッキングで習っていたはずのパンを
再度チャレンジしてみようかと・・来年の目標で(笑。

では突然のコメントで失礼しました(^^
寒くなってきましたので
今まで以上にお体に気をつけて過ごしてくださいね☆


  • [2008/12/02 11:46]
  • URL |
  • ちかポメ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

v-286ちかポメさま

こんにちは。
お久しぶりです(^^

考え方を変えると本当に何もかもが違って見えてくるんですよね。
最近じゃちょっと辛い時はこのことを思い出して「へのかっぱ」と思えるようになりました。

・・・いねは、いつもそばでニコニコと見守っていてくれます。
「ママン?よくなりました?よくなりました?待っているから遊んでくださいませね」ってね(苦笑)

私は凄く幸せだなーって思います。

大事な存在が弱ってきてしまうのは辛いですよね・・・私もきっと毎日怪しく「気を送るぞ~」とかって手をかざしてしまいそうです。

私もまとまりのない文章で申し訳ないのですが・・・なんかね、私、今年35になったんですけど、ちょうど人生半分位で生まれ変わったんじゃないかな?なんて思うんですよね。

今までの価値観が全部ひっくり返って、一からすべてが始まったような。

今年は今までに無く体の自由が利かなかった年でしたけど、今までに無く活動的な一年になりました。

今日も寒いですが、膝にカイロ(いね)を乗せて風邪をひかないようにしています。
ちかポメさんもどうかお体お大事に。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/286-7f3b973e