東京「お病人」生活・・・1・新人「お病人」nau・早々に脱落 

「イキてるヒト達」と言うタイトルにしようかと思っていたが、何となく自分でつけた「東京『お入院』生活」と言うタイトルが程よいおふざけ感を漂わせていて実は結構気に入っていたりするので、引き続きシツコクこれをもじって使ってみようかと思い立つ。

そんな訳で「イキてるヒト達」改め

「東京『お病人』生活」  開幕とす。






で、一人目の「お病人」は最近晴れて「お病人」の称号をゲットした新人・nauさん。


そう・・・わたくし。


私は今日、退院後二回目となる外来検査に行ってきた。
そしてめでたくまた呪わしい薬が一錠減った。
これでやっと普通の「退院ライン」をゲットした訳。やほー♪

さすがに一回目の検査の時はドキドキだったし、目は血走っているし、心拍数上がりすぎて息苦しくてゼーハーゼーハー言っていたからそんな余裕無かったんだけど、今日は気分的にも大分ユルく病院に向うことが出来たnau。

予約が午前中だったから道路が混むだろうと、退院後初めて地下鉄乗っちゃったし!
それでチンタラチンタラと病院に向かい、外来棟に入っていった訳だが・・・

外来棟と入院病棟の間には3階部分にガラス張りの通路がある。

それをふと見上げた時、私は

「私はもう『病人』じゃない!『病気卒業』!!」

・・・と思った。なんか知らないけど急に。

・・・入院中、私は何度と無くこのガラス張りの通路に立ち、一人で泣きながらこの下界を歩く人達を眺めた。
杖代わりの点滴棒を握り締め、時には睨みつけながら、時には哀願するような目をしながら。

確かにあの時の私は「病気の病人」だったかもしれない。

でも今はナンだ?!

下界に降りたち、自宅に住まい、好きなもん作って、喰って、好きなもん飲んで、挙句の果てに愛犬の傍で生活してるじゃないの!!
大事な家族と一緒に暮らして、自分で起きて、歩いて、トイレ行って(←こだわる)、好きな時間に風呂入って・・・

おいおい、どこが病人だよ?!って感じになってきちゃった(笑)

そりゃね、確かに検査の数値は良くはなって来ているもののフツーじゃないし、薬の副作用なんかも結構来てるけどさ。

髪の毛抜けてるし、顔なんかまん丸になったし、皮脂分泌亢進絶好調!で、そんじょそこらのオジサンより顔テッカテカになってるし、直ぐ心拍数が上がるから胸痛し放題だし、メッチャクチャいつも眠いし、直ぐに手がブルブル震えるから周囲から不気味がられるし、おまけに筋力がまだまだ完全じゃないから足直ぐ引きずるし・・・(で、注目されるし)

でも、ハッキリ言って、今の私的にはこんなの

「そんな辛く無いじゃん」

・・・ってレベル。

何しろ自分でトイレに行ける幸せを享受しておいて何を仰るウサギさん♪てなもんで。

病棟に一歩入ればあの時の私もまぁ(お間抜け度合いからしてみれば)結構大変だったけど、そんなの目じゃないような辛い思いをしている人達がワンサといる。

乾燥しきった病室内で飲水制限を受ける子がいる。
氷を舐めて口を潤し、その水は吐き出す。

精神的な不安定具合が脳から来ているのか、病気からなのか、薬の副作用からなのか、それを判断する為に背中にぶっとい針をぶち込まれ、髄液を抜き取られる子がいる。 (←しかも酷いことに散々刺しても取れないこともあるんだな、これが)

胃液を取る為に鼻からチューブをねじ込まれ、鼻血と吐瀉物にまみれる子がいる。

2リットルの下剤を泣きながら吐きながら飲み下す子がいる。

皆泣きながら耐えていた。
今時犯罪者だってこんな拷問めいたことはされないだろう・・・というような検査がてんこ盛りなのがこの「病院」と言う場所なのである。

しかし、言っておくがこれで「検査」レベルだ。
マイナスを0にする段階でしかない。

これからプラスにするには更に辛い「治療」が待っている。


・・・それでも、まだ治療の余地のある人はいい。


中には治療の道筋すら立たない人達だって居る。
24時間苦痛や麻痺に苦しむ人も居る。


・・・で、こういう人達も「病気の病人」と称される訳でしょう?


私ごときが「病気の病人」なんて言えない!

でしょう!!

しかも順調に回復の兆しを見せているじゃないの。
これでなんだ?病人だ?!病気だ?!

例えば今日の私があの寝たきり地獄の時の私の枕元に行って

「病気って辛いわよね~、私もさぁ~、副作用とか心配だし、辛いし、不安だわぁ~」

などと抜かしたとしたら、間違いなく寝たきりの私はカテーテルの先のバッグを引き抜き、その中身を今日の私にぶちまける。 (←・・・救い難き暴挙)



・・・もうね、今の私って十分「健康人」の範疇に入っているんじゃないかな?



って。そのガラス通路見てたらそんな風に思った新人「お病人」nau・・・。

晴れて?「お病人」の称号ゲットしたばかりなんだけど・・・

今日をもって「病人気分」は卒業しよう!と思ったさ。

本当に「病気」だった時、私は周囲に沢山沢山迷惑と心配を掛けた。
少し回復し始めた今、それを少しずつ返していかないといかんでしょ。

人間良い時だってあるし、悪い時だってある。
悪い時に迷惑を掛けちゃうなら良い時にその分を返せばいいし、返すべし、というのが最近の私の美学というか信念になりつつあるみたいだ。


なんだ、病気の奴、私の腎臓ぶっ壊しておきつつ、捻じ曲がった根性は矯正しちまったか?


「病気」もそう悪い面ばかり無いのかも?結構いいのかも?


お、いかんいかん、病人気分は卒業だった(笑)


Comments

じぃ~ん

早速やってまいりました♪・・・読んでいて、じぃ~んと来ました。
入院して初めて知らされる事って多いですよね。
健康が当たり前だと思っていた人間には、病院生活だけでかなりの苦痛を感じます。
(私の事です。)
が、もっともっと辛い病気で苦しまれている方々がいると知った時に、自分はなんて
幸せなんだろう・・・こんな病気に負けてなんかいられない!
私も入院生活では色んな事を学んだ気がします。
(nauさんよりずっとずっと軽い病気ですが)
「品子さん」のような方にもお会いしたので、その方の記事も楽しみです。(笑)
お薬が減ってよかったですね。稲ちゃん抱っこの日も近付いて来たかな・・・?v-238

v-292私がnauさんの気持ちを
本当に解る訳はないのですが、このブログを読み進めるうちに、疑似体験しているかのような感覚になり、何度も涙しました。
自分はなんて幸せなんだと改めて気づかせて頂きました。
前向きな姿勢にも感心しまくりです!
本当にすごいです!!
でも、急いては事を仕損じるですよ。
ゆっくり、のんびり気力体力をつけてくださいね。

こんにちは(^^)
またまた涙しましたよ(T T)
つらい検査や治療を受けられる人達が
いるんですよね。。。
自分の健康に感謝です。

「脱落」ってどういう意味かと思ったら
「病人気分からの脱出」ってことだったんですね(^^)

v-286rikkingerさま

ずーっと健康でいられることにこしたことはないのですけど、今回の不調によってその有難さを認識出来たというのは本当に貴重なことだったなーと思えるようになってきたんですよね。

入院している期間って本当に普段と全く違う時間ですよね。
見知らぬ人達のと「合宿」状態、全く無くなるプライバシー、9時消灯(笑)

でも・・・。
お綺麗ごとかもしれないけど・・・でもそうしたことを味わったことで見えてくるものって絶対にありますよね!!

そうですね、早くいねを思いっきり抱きしめたいです♪
もうちょっと・・。
もうそろそろ・・・ダメかなぁ・・・

v-286ぱぴろんさま

ありがとうございます♪
ついつい毎日嬉しくて色々欲張ってやってしまおうとしてしまう傾向があるのですが、ちょっと休むように努力しますね。(出来るかな)

私が前向きになれたのはぜーんぶ品子さんのお陰で(笑)私自身は何も努力していないのでお恥ずかしいのですが・・・。(←影響されただけ)

どうかどうか「うわ、ツイてねー」と思うような時に「ま、あのnauよりはマシか」と気を紛らわせて戴ければ・・・「踏んだ」甲斐があるというものでございます(笑)いやまじで。

v-286ルカさま

そうそう、「病人」を脱落しました♪
・・・はやッ!!

昨日も入院中の友達と話したのですけど、もう、私なんか全然辛くないじゃん、健康じゃん、位なもんで。

申し訳ないですよ、私なんかが「病気なの」と大手を振って歩いちゃ。
・・・と思う位、やっぱり入院期間って辛いじゃないですか・・・

ルカさんが味わった状態だって、かなり辛い状態ですよー。
逆に私はその状態耐えられるかどうか自信無いですもん。

本当に健康に感謝しつつ、毎日を少しでも充実して生きて生きたいもんですよね。

・・・ってナンだ最近のこのイイコちゃんチックな私のコメント返しは?!

ちょっと自分で自分が気持ち悪い~。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する