続・高松島巡りツアー(女木島・豊島・直島)に行ってきました 

今日は調子がいいらしいFC2。旅行からもう早くも2週間経ってしまったけど、思い出帳代わりにさくっとまとめておきませう。
それにしても昔はほんとに元気だったなー旅行なんて行ったら翌日にはアップしていたのにね。

さてさて。

10月7日(土)

お天気いまいちの予想の日でしたが結果的には小雨がぱらついてストールで「紅天女」状態をしてみたものの、すぐに止み、傘をさす程のことは無く済みました。ていうかもう完全に「わたくしは晴れ女」という自信満々だったので傘、もっていかなかったんだけどw

初日は始発の高松行の飛行機でうどん県に乗り込みます。

naoshima1.jpg

朝食は羽田空港第一ターミナル内にあるHitoshinayaで。朝早くで開いているお店が少ないせいかちょっと行列。5分ほど待ちました。

それからJL475便で一路高松へ。

naoshima2.jpg

ターンテーブルにうどんが回ってくる、って聞いていたんだけど、不動のオブジェだけっぽかった。コナン空港ではコナンのスケボーが回ってきていたんだけどなー

そこからリムジンバスで高松市内へ。高松駅前にあるJRホテルクレメント高松が本日のお宿。
なのでそこで降り、大きな荷物を預かって貰ってから本日の観光へ。

乗るフェリーの出発時間まで間があるので駅近くの高松城跡を見学。

naoshima4.jpg

駅のすぐそばだけどかなり広くて面白い場所でした。
その後フェリーの時間までもう少しあったので駅前のサンポートに入り、予め香川県在住の某有名ブロガーさんに手紙で聞いておいた(ブログ繋がりなのでなぜか手紙で連絡しあうw)美味しいうどん屋さん、郷屋敷にて早めのランチ。

naoshima7.jpg

最初はシンプルなうどんでいきます。

naoshima8.jpg

こしがあって美味!!

食べ終わる頃にはフェリーの時間になってきたので乗り場へ行きチケットを買って「めおん号」へ乗り、本日の観光目的の女木島へ。
女木島というのは鬼ヶ島伝説の島とされている島。
でもわたくし的にはネコの島、という印象が強く残るほどかわいいぬこが一杯いる島でした。

naoshima10.jpg

尻を撫でようとしたらいきなり噛まれるわたくし。

naoshima12.jpg

鬼ヶ島洞窟まではバスもあるのだけど、せっかくなのでレンタサイクルで島を周遊がてら向かいます。
電動アシスト自転車すごいわー!!
最近凝っているナマケモノ論をMちゃん(お互いMであることに今気づいた)に熱く語りながら山道を登る。

しかしこの洞窟、いきなり最初の説明のボードで「この洞窟は人工のもので・・・」と語りだしてくれてしょっぱなから神秘感0にw 途中色々伝説チックな解説が書かれているのだけど二人で「でも人工だしね」と突っ込みを入れつつ進む。
鬼瓦にものすごく力を入れているのはよく分かるのだけど、肝心の人形にもう少し気合を入れて欲しいと思う箇所が多々。
意地悪く指摘しつつ進むアラフォー二人。

このB級感が非常にわたくし達のツボにはまり、かなり長居をした。
先の下調べでは15分で出てこれる、的なことが書いてあったけど、15分どころか1時間近くいたんじゃないだろうか。

バスの時間を気にすることもないわたくし達はその後も自転車で島をタラタラと回る。
海岸線なども走ったり、かなり気持ちいいサイクリングでした。

それにしてもどこを見てもぬこが多い。

naoshima11.jpg

フェリーに乗り遅れた人が使うのだろうか。それかセレブが使うのかな。
しかしもう少し他に名前が無かったのかしら。電話受信の仕事をしている身としては、ついつい受信時の受け答えを考えてしまう。 
「ハイ、お電話ありがとうございます!タコタコ海上タクシーでございます!」となるのだろうか、やっぱ

島を堪能し、また再び高松行のフェリーに乗船。
高松までは20分ほど。高松に着いたらチェックインをすませ本日のお部屋へ。

naoshima14.jpg

このホテル、駅に近いし空港行のリムジンバスの停車場所になっているし、きれいだし、凄く良かったー!!

食事の無いプランにしておいたので、夕食はこれまた予約しておいた海鮮居酒屋の「うみのもん とといち」へ。

naoshima15.jpg

ここは6月3日にテレ朝の「朝だ!生です旅サラダ」の「全国これウマの旅」で紹介されていたお店。
観た瞬間チェックしておきましたのw

naoshima16.jpg

地元食材にこだわった海鮮居酒屋。鰆のお刺身なんて初めて食べたーーーウマーーー!!
わたくしはお魚では鰆が一番好きなので本当に貪るように頂きました!
お店の人もとっても感じがいいし、凄いいいお店でした!!
結局満席になっていて、予約なしの人は入れないようでしたので予約は必須かも。

食事のあと、ホテルに戻る時もすぐ駅行のバスが来まして、本当に便利でした。
観光もぬこも美味しいもの堪能で大満足の一日目。

10月8日(日)

この日のルートは高松⇒豊島⇒直島、で、直島で宿泊。
直島の宿泊は奮発してベネッセハウスに泊まります!!

朝ごはんはこれまた某ブロガーさんに聞いておいた駅前の「めりけんや」で頂きます。
もれなく美味しいコシのあるうどんで一日をスタート!

またまた高松港からフェリーで豊島に向かいます。
もう今回港に寄り過ぎて、どこがどの港だったからわかんなくなっちゃったわw

豊島では世界一美しい美術館と称されたという豊島美術館を見学。

naoshima17.jpg

ここ1週間のお天気からは想像出来ない程の青空!
しかも夏かと錯覚するほどの暑さでした。

豊島美術館の中は撮影禁止。
説明するならば巨大な楕円形のコンクリート製の(ような)ホールに入るんですけど、その天井部分には大きな穴が2か所開いていて、空が見えます。・・・雨の日はどうなるのかな?
空間の床にはよく見るとところどころ楊枝で開けたような小さな穴が開いていて、そこからちょっとずつ水滴が溢れてくるようになっているのですよ。床に蝋のような素材が使われているのか、水滴は表面張力で丸く膨らんでいくんだけど、ある程度大きくなると重さで動き出すんですな。床全体に微妙な勾配を施してあるようで、ツツーーーっとその水の玉が生き物のように滑り出して同じく用意してある小穴や水たまりに滑り落ちていくんですけど、その様子が本当に生き物のようで不思議な場面を描き出している・・・って感じですかね。

暑い日だったので床の冷たさが心地よくて、しばらくぼーっと床に座り込んで水の玉の行方を見守っておりました。
中にいる人、寝転んだり瞑想したり、思い思いに過ごしている感じ。

豊島を楽しんだ後は今回のメインイベントともいえる直島、そしてベネッセハウスに向かいます。

naoshima18.jpg

ホテルとミュージアムがセットになった施設で、宿泊者はベネッセミュージアムを無料で見ることが出来ます。少し離れているのですが、勿論送迎してくれます。

ホテル内には無料で使えるセルフのラウンジがあって優雅なお庭を観ながらコーヒーや紅茶を楽しむこともできますし、お部屋はシンプルで機能的でとってもきれい!!
お高めではありましたが、納得の施設でした!!
ちなみにこちらには部屋にテレビが無いのですが、わたくし達は共に日曜夜のイッテQのファンなので、追加1,000円でテレビを借りておきました。

併設のベネッセミュージアムは現代アート中心。わたくしは実は現代アートって苦手だったんだけど、なんか、初めていいなーと思える内容でした。なんだろ、あの空間と、空き過ぎず、混み過ぎずの程よい観客の感じと・・・うーん、うまく分かんないけど、とにかく素直にいいなーと思える美術館でしたわー

それにしても直島全体にも言えることではあるのですが、このホテル、とにかく外国人が多い。
いわゆる欧米人の人達が6割か7割を占めていたんじゃないかしら?もうね、レストランとかでも一瞬海外にいるのかと錯覚するような感じでびっくりでしたよ。

10月9日(月)

naoshima19.jpg

ホテルの近くにあの黄色のかぼちゃが!!

お決まりのポーズw

ホテルに泊まっていたので朝早く、あまり人のいない時間に楽しめましたけど、昼間は行列が出来ていました。
やっぱ有名だもんね、これ。
そういえば某ブロガーさんもここでパピヨンと一緒に写真を撮っていたっけ・・・うっとり

チェックアウトをした後はホテルのチェックイン時に整理券を貰っておいた地中美術館へ向かいます。
ここは体験型の現代アートの館って感じかしら。
でもモネの睡蓮の絵もあったり、美術館までの小道がモネの睡蓮の庭を再現しているかのようなつくりになっていていい感じに近代と現代が融合している感じ。
睡蓮の池の傍では狸までが現れてくれる仕込み様ww 仕込みじゃねーよ!

ここは確かに整理券を貰っておかないと厳しいかも。結構空間が狭い上に人数を制限して入場する小部屋も多くてね。

でも面白かったわー。出来たらここ、ドローンで撮ってみたい!!(ドローン持っていないけどさ)

その後は直島の家プロジェクトの辺りの散策。
これまた昨日のチェックイン時に手配しておいてもらった施設の時間制限があるので食事&各所の見学がかなりタイトになってしまったけど、結果的には凄いキッチリと見学をこなしていくことが出来ておりました。

naoshima21.jpg

途中の空き時間を使って反対側の港までバスで行き、昼食。

港の正面にある食堂「ゆうなぎ」でヒラメの唐揚げ定食(1200円)を頂く。

naoshima20.jpg

なんと丸々1匹のヒラメのから揚げ!!塩加減が絶妙!で、表面サクサクで中はふっくら!!
めっちゃ美味しい!!なんだこの旨さは!!

まあちょいちょい急ぐ場面もあったし、思いがけず休館中の場所も多かったんだけど、大体行きたいところは回れたし美味しいものは楽しめたし、

naoshima22.jpg

直島を歩いてたらたまたま見つけたカフェ。
ここのコーヒーが香り高くて美味しかった!!オーナーの兄ちゃんも気さくでコーヒーを淹れている間にお喋り。
こういう時に「どこからいらしたんですか」と聞かれることが多いが、いまだに「東京からです」フンガーという瞬間興奮で鼻の穴が広がるわたくしでありますの

予定を全部こなしてから再びフェリーで高松へ戻り、高松ののホテルから空港リムジンバスに乗り高松空港へ。
ちなみにどうせ乗るなら高松駅からでなくJRホテルクレメント高松から乗った方が空いていていいですね。
ほとんど空のバスが来るから席も選べるし。

naoshima23.jpg

こちら、高松空港2階のレストラン「エリエール」の前にあるトイレの蛇口。
ダイソン製だそう。近未来的だわ。

予定ではエリエールで夕食を摂るつもりだったんだけど、なんと6時位なのにもう閉店すると!
ここで食べ逃すと東京まで空腹だわ!と焦り、近くのうどん屋さんへ!!
そしたらなんとわたくし達の前の5人組ヤング女子で「ここでうどん最後の5玉終わりです」と言われ!!
がーん!!焦って1階へ降りてやっとこさあいているうどん屋さんへ駆け込み、うどんにありつきました。
でもここでも二人とも肉うどんを頼もうと思っていたら、わたくしで肉うどんが終わり、Mちゃんはわかめうどんに変える羽目に。

naoshima24.jpg

トラブルっつーか、まあ最後の空港が一番バタバタしたかな。

でも飛行機も予定通りに飛んだし、羽田からのリムジンバスもあと5分位しかないギリギリの時間だったけど、チケット買って乗れたし。
まあ大合格の3日間と言っていいでしょう!!

あー楽しかった!!

でももうその1週間後からずっと極寒で雨・・・
なんだかもう2週間以上前の遠い昔の出来事のように思えちゃうよ。
(だからさっさとアップすりゃよかったんだよ、って話か)

また面白そうなところがあったら計画しようねー♪

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1178-60ffc133