2017年イタリアの旅~フィレンツェからローマへ 

早くもフィレンツェ終了。
4日目はフィレンツェからローマへ電車で移動します。

たらったったた~らら~らら~ 「世界の車窓から」

朝8時半頃にチェックアウトしてサンタマリアノヴェッラ駅へ移動。と言ってもキャリーを引っ張って3分も無い距離。
ホテルはやっぱり駅近に限る!

駅で切符を買いますが、うっかり各駅停車のチケットを買ってしまいました。
特急とかなら2時間前後のはずですが、なんと4時間かかる電車に・・・

でもこの電車では実に素敵な出会いが待っていたのです。

チケットを自販機で買ってからホームを探します。
こちらのホームは突然変更になったりすると言うので油断がなりませんw

あと乗る前にこれを忘れずにやらないと罰金です。

station1.jpg

各ホームの端っこにある改札機(?)
チケットを入れるとガシャンと日付が打刻されるのですが、赤いランプが点灯しているのは故障中。
最初分からなくて、どうしよう打刻出来ない!と焦って傍にいた明らかに地元のマダムに「これどうやるの?!」と泣きつきましたら丁寧に教えてくれました。凄い、この間すべてイタリア語と下手な英語でなんとかコミュニケーションが取れていたんですよねw

電車に乗り込んでから2人くらいに「これはローマのテルミニ駅行きですか?」と確認してから空いている席を探して着席。
わたくし達は2等車でしたので自由席です。

4人がけのボックス席なんですけど、ここって荷物を上に上げないといけないみたいで・・・
小さめキャリーとはいえ10キロ近い重さのあるものですので

e9.jpg
(わたくしのキャリーには羊のメリーさんが憑いている)
a.jpg
ほらね↑

どうしよう!絶対にわたくし、上げられない!!と焦っておりましたら

e10.jpg
(本当はもっとかっこいい)

なんと向かいのボックス席に座っていた親子連れのパパさんが「上げてやるよ」と申し出てくれました!!
「え!でも重いです!フォルテフォルテ!!」というもほんの一瞬で

e11.jpg

サクッと上げてくれました!!凄い!!たくましい!!
もう本当にありがたかったです。何語だったか忘れましたが半べそ状態でありがとうと叫ぶわたくし。

そして何とか落ち着いて着席。
わたくし達の向かいにはアジア系かと思われるマダムが座っていたのですが、このマダムが電車が動き出す頃にわたくし達に話しかけてきましたの。

e12.jpg

e15.jpg

「どこから来たの?」から始まった会話はどんどん弾み・・・
ただマダムも英語が少し苦手のようで出身を聞くとなんとフランス人の方でした。

もう本当にへったくそだけどわたくしも一応フランス語を片言ですが出来ますので、友達の英語、わたくしのフランス語で補いながらのおしゃべりとなりましたw
でもそれで結構成り立つのよね。

凄く旅好きのマダムでして、今迄行ったところの写真などをタブレットで見せてくれてそれぞれの場所の思い出など話し、凄く楽しい時間となりました。

そしてふと気がつくと車窓の外にはトスカーナの美しい光景と満開のひまわり畑が続くようになっておりまして。
それを見たマダムがいたずらっ子のようなそぶりでバッグをがさごそしていたのですが、バッグの中から取り出したのが


e13.jpg

ひまわりの種!! うっそみたいw

ちょうどお昼に近くなり、お腹も空きかけていたので3人でリスのように貪り食べました。
ひまわりを見ながらひまわりの種を食べた列車旅、絶対に忘れないと思う。

4時間、長いなーと思っていたのにこんな感じの道中で結構短くローマに到着!
テルミニ駅でマダムとお別れすることになりましたが、わたくし、初めてこれを経験しましたの!!

e14.jpg

マダムからお別れのハグ!!
で、両方のほっぺでチュッチュッってやるやつ!!
きゃー、映画みたい!!

なんか異国の地だけど「旅は道連れ世は情け」って言葉をひしひしと感じたなぁ・・・
本当に楽しくて素敵な4時間だった~

そういえばわたくしがひまわりの種を膝の上にティッシュを敷いて食べていたらさっきの家族連れが降りた後に乗ってきたマッチョ男子が突然「それ一枚くれ」って言ってきたのですよ!!は?なになに?!って思って固まっていたら友達が「ちり紙欲しいんじゃない?」と言って新しいティッシュを一枚彼にあげたのですね。
そしたらその彼はその一枚のティッシュで顔の脂を拭き、ちぎって耳の掃除をし、最後に鼻の穴の中を拭き上げて満足そうにしておりました。
友達も「あのちり紙、あそこまで使って貰えたら本望だよね」といっていましたw





ローマに着きましたらまずホテルにチェックインして、すぐに予約しているボルゲーゼ美術館へ。
ここは完全予約制の美術館ですので時間キッチリに行かないといけないらしいです。
(ま、結局時間通りに行ったものの、その後遅れてきた人もちゃんと入っていましたけどね)

予約の電話がハードル高いと思う方はこちらで代行予約をお勧めします!わたくしも使いました!
アーモイタリア~ボルゲーゼ美術館の予約代行サービス~

ボルゲーゼ美術館は予約制だけあって人数が少ないのでとにかくゆっくり見ることが出来ます。
時間は2時間制ですが、それで十分な位!

roma3.jpg

相変わらず美しすぎるベルニーニの作品と同じテーマの天井画。

ここにも居た。自撮りする人。

roma2.jpg

人はこの姿勢をいつの時代もとってしまうものなのだろうかw

ボルゲーゼにはカラヴァッジョ作品が一番多く、6点も収蔵されています。
カラヴァッジョの部屋、信じられない位無防備に展示されている作品を堪能することが出来ますよー
無防備すぎて心配になる、元美術館勤務としてはw

ボルゲーゼ美術館を見終わって館を出ましたら外ではまたとんでもなく美しい光景が・・・

roma15.jpg

宮殿の前の芝生に白いわんわんが4匹、お散歩途中なのか転げまわって遊んでおりましたの!!
青い空、白い宮殿、緑の芝生、そして白いふわふわのわんこ達!!
なんて愛らしい光景なんでしょう!!!




ローマ、一日目から盛りだくさんに楽しいスタートとなりました。

だというのに、明日は今回一番のイベント、ミケ様の「最後の審判」が待っております!
ミケ様との遭遇を控えてこの日も夜9時には就寝。

Comments

楽しい旅行でしたねぇv-238
読んでる私もワクワクします。

電車、いいですね!
ツアーで行くと、当たり前ですが周りはみんな同じツアーの方たちばかりでなかなかその場に居合わせた方々とはお近づきにはなれないですもんね。

楽しさが伝わってきます。メインイベントも期待しています!!!

  • [2017/07/14 23:38]
  • URL |
  • ははまめ 
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

☆ははまめさま

これぞ個人旅行の醍醐味!って感じですよね。

あとやっぱり私は団体旅行は無理かも、って今回思いました。
さっきアップした記事ですが・・・明らかに自分とは価値観、感覚、年齢、容姿(?)が異なる人達と1週間以上共に過ごすというのはちょっと出来ない(涙)

ツアーの方が便利なことも沢山あるんですけどね。でもやっぱ難しいなー。

そんな訳で今後も個人旅行で行く私だと思います。

メインイベント、システィーナ礼拝堂はとっても残念な感想となってしまいましたの・・・それは次回の記事で・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1166-1815aac0