いね生誕10周年記念・愛犬 彫刻完成! 

マ、ママしゃん!!大変なのでしゅッ!!!

1609071.jpg

どっ、どうしたのまーしゃ?! (顔こえーよ)

ね、ねーたんが、ねーたんが・・・

なんですって?!
い、いねがどうしたの?!
ていうかアナタの顔の方も大変なんじゃ・・・




1609073.jpg

うごかなくなっちゃったんでしゅ・・・

・・・ああ、なんだ、それね。

それは・・・

1609074.jpg

おほほほほ、あたくしの像なのですわよ~


・・・はい、そうなのですよ。 嗚呼やっぱりいねの笑顔は優雅だ ←ヴァカ

今年10歳を迎えたいねの「生誕10周年記念像」が遂に完成致しまして、先日我が家に興し入れいたしましたの。

昨年12月にこの計画がスタートしてからもう8ヶ月も過ぎてしまったのね。
いやはや、長いようなあっという間のような。
何度も何度もいねちゃんのスケッチや撮影やコネコネを繰り返し・・・本当にいねそのものを再現して頂きました。
もうね、尻の感じとか見てよ。

1609072.jpg

このまろやかなライン・・・恐ろしいほどの再現力!
(ちょっとおシャンプ前のいねなのでモサっていますが)

薄暗い部屋でこのコをみると何度も一瞬ですがびびるんですよ。 「うお?いね?」ってw

3Dプリンタとかではきっと表現出来ないぬくもりと細かさがなせる業なんだろうなーと、手仕事派のわたくしは大満足の出来上がりでございます。

ちなみにこれは木彫りではなくて粘土で型を取るたいぶの彫塑だそうです。
型を取るので何個も同じものが作れるというメリットがあるそう。
わたくしも最初木彫りを考えていたんですけどね、粘土の型の方が何度も何度も納得出来るまでコネコネ出来るので依頼者側としては嬉しいですよね。わたくしも何度「ここの部分、ちょっと違うんでもっと小ぶりに(大きめに)・・・」とダメだししたことかw スイマセンネェ

こんなワガママな今回のいねちゃん制作を依頼したのは彫刻家の渡邊一翔(わたなべいっしょう)氏という方です。
あの芸大を出られた方で現在美術の先生をしつつ制作に携わっていらっしゃいます。

ただ彫刻家というよりは、なんかこのヒト、ご自分がモデル側に居た方がいいんじゃないかという位のイケメン過ぎる彫刻家って感じなのよー。 天は二物を与えすぎじゃないでしょうか・・・憎いw

1609091.jpg
これからお仲間ですのね
よろしくでしゅー

制作、ありがとうございました!

渡邊一翔氏のHPは 渡邊一翔個人工房 

いねちゃんが20歳を迎えたらまた制作依頼しようと思います

Comments

ついに完成しましたねv-290
怖いくらいの完成度v-353
暗闇でみると間違いなく飛び上がるかもv-411

久しぶりにみる姉妹さん、やはり美人さんv-346

ところで、いね嬢像の重さいかほど?
まさか同じ重さ、ってわけないですよね?v-290

  • [2016/09/14 22:41]
  • URL |
  • ははまめ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

☆ははまめさま

はい!遂に完成&登場でございます!
凄いですよねー予想以上の完成度で大満足です。
最初は色は無い予定だったんですけど、塗ってみたらさあ大変wこりゃいいわ、ってんで。

このいねさんは中は空洞になっているのですよ。
なので凄く軽いんですよ。

今まで本当に絵画ばかり目が行っていましたけど、彫刻もなかなか面白いものだとこの8ヶ月で感じるようになりましたー

いやはや、本当に大成功ですわん

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1127-74f8363a