パリに行っていました(オルセー美術館&ロダン美術館編) 

さて翌日は美術館のハシゴでした。

とあるものをみるためのオルセー美術館

orsay4.jpg

3年前はだめだったおさしんがOKになっておりました。
でも自撮り棒はダメ。これはこの3年で出てきた文化だな・・・
まあ勿論こうして書いてあるのにバンバン自撮り棒使って撮っている人が居ましたけどね・・・元の仕事柄気になってしょうがなかったわ。

orsay3.jpg

すごいなーマネの「笛を吹く少年」の柵がこんな近くて頼りないw
六本木で見たときは台座に乗っていたのにね。

orsay1.jpg

あら、まいまいがいた(笑)

このちょいと色っぽい絵はギュスターヴ・クールベの作品。

・・・クールベといえばアレですよ。

orsay2.jpg
さすがに間近で撮りたくなかったわw

今回の目的、先日問題となったいわく付きの絵、「世界の起源」!!




・・・つか何を考えてこんな絵を描いたのかもアレなんですけど、またこんなしょうもない絵を堂々と飾るオルセーもすげーよな・・・とまじまじと見てしまいました(苦笑)

うーん、どう見てもいい絵には見えんわ。(クールベの絵は嫌いじゃないんだけど)
日本の春画の方がよっぽど雅な感じがするわー

オルセーではフランソワ・ポンポンの彫刻がとても印象的で素敵でした。
あの白熊さんの作家ですね。
ふくろうもとても素敵。
写実的な部分を残しつつも走り過ぎないモダンさとデフォルメが非常に上品にまとまった感じで好きだわー

わたくしの好みはやっぱりルーブル的な絵みたいでオルセーは3時間くらい居たら満足しちゃいました。
なので次のロダン美術館へ。

移動は微妙に面倒くさい乗換えがあるのでタクシーで。7ユーロでした。




ロダン美術館

rodin1.jpg

これ、いねちゃんの像を作って下さる先生曰く「トイレで踏ん張る時に一番理想的な状態」だそうですけど、そういわれると大芸術家の超名作も結構身近なものになって見えます。

rodin3.jpg

ロダン美術館はロダンが暮らした屋敷ですけどお庭がとても素敵。

わたくしの目的はロダンが所有していたゴッホの絵画「タンギー爺さん」とロダンの愛人カミーユ・クローデルの作品。(ロダンに失礼だな・・・)

タンギー爺さんは「美の巨人たち」でみて興味を持ちましたの。

その二つでいえば断然印象が残ったのはカミーユ・クローデルの作品達。

彫刻家になりたかったけれども結局いつまでも「ロダンの愛人」の認識しかされず、類稀な才能と美貌を持っていたのに結局人生の後半の大半を精神を病んだ状態で過ごすことになってしまった悲劇のひとです。

rodin2.jpg

カミーユの作品の部屋は2階にあり、わたくしはほとんどその部屋で過ごしました。

彼女の心の叫びというか不安というか切望というか、そういうのがひしひしと感じられ、苦しくなる感じ。
彼女が作ったロダンの頭像からはロダンへの狂気に近い愛情を感じました。

でも皮肉だけど、彼女って辛い状況で物凄い作品を作り出すタイプに思えるのでロダンに完全に愛されていたらこういう叫ぶような印象の名作って生まれなかったんじゃないかな・・・とも思ったりして。

あー、なんかむずかしいなー芸術ってのは・・・




あ、そういえばこの日4月3日はパリマラソンの開催日でした。

louvre9.jpg

ルーブル美術館前でちょっと観戦。
皆ランナーとハイタッチをしたりして楽しそう!

・・・今回凄い偶然がありまして。
行きの飛行機で隣り合わせた人がいたのですけど、なんと帰りの飛行機でも隣になったんですよ!!
お互い1人旅の個人旅行。
しかも帰りはわたくし、席をリクエストして取ったし。
向こうから「行き、ご一緒でしたよね?」といわれてホントにびっくりした!

ちょっとお話をしたのですけど、その方、このマラソンに出ていたのですって!
凄いなぁ、タフだなぁ!!

とっても感じの良い男性で、これってわたくしが独身の若い女子だったら絶対ドラマな展開になりそうだよね~と面白くなってしまいましたよ。

この日も芸術とスポーツをどっぷり堪能することが出来て本当に満足な一日でしたわー

Comments

おおお!

nauさんご無沙汰しております、すーさんです!
あれからパリ旅行はどうしているかなーと思ったら…
行っておられたとの事。行動力素晴らしいデス!
私も来月コンサート観にちょい寄りすることになりまして。
この情勢でちょっと引け腰になってたところに嬉しいレポートでした♡
空港から市内ホテルまで、タクシー予約しようかなと思ってるんですけど、
nauさんはどのように移動手段を選んでいますか?
以前の旅と今回でなにか街中に変わったことや
感じた事などありましたらぜひお聞きしたいです。
旅レポ続編、(あると信じて)楽しみにしていまっす\(^o^)/

  • [2016/04/11 16:26]
  • URL |
  • すーさん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

☆すーさんさま

ご無沙汰です!そうなの、ひっそりと行っておりました!

私はいつも往復送迎付きのツアーを選んでいるので改めてアレンジしたことは無いのですよねー
でももし送迎がついていなかったら予約しますね、やっぱり。
電車は止めた方がいいと思います。
疲れている状態で荷物を持ってあまり治安のよくないRER線を使うのはちょっと・・・

「パリ・空港・送迎・タクシー」で検索するといくつか出てきますし、その辺りの利用が無難だと思います。
パリならまあ普通にタクシーに乗ってもいいのでしょうけど、渋滞にはまって料金にヒヤヒヤするのもストレスですしね。

街の中の感じはパッと見そんなに大きく変わった感じはありませんが、百貨店、美術館に入るときにはいちいち荷物検査があり、街中に銃を持った軍人が歩いていたりと多少の緊張感はありましたかね・・・

ルーブルやオルセーの混み具合は以前とそう変わらないような気がしました。んー、若干少ない、感じかもですね。

日本人と全然すれ違いませんでした。それが印象的。
とにかく中国の人が多くて!!
まだまだ強いチャイナマネーという印象が残りましたー、ほんと、お買い物の量も凄いんですよ!

日本人だけ自粛ムード

やはり、日本人だけ減った感じなのかなぁ。
あと、往復送迎、予約することにします!ヘロヘロな身体で野良タクシーを拾える気がしない(笑)
情報ありがとうございました\(^o^)/

  • [2016/04/14 08:07]
  • URL |
  • すーさん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

☆すーさんさま

それが賢明だと思います!
海外では安全はお金で買う感じですよね。
無駄な時間も省けますし、それこそ貴重なたび時間も買うと考えれば・・・!

あー私もなんかまたパリに行きたくなってきちゃいましたよw

すーさんはお酒はいける口でしたっけ?
パリではワインが本当に安くて美味しいようですから是非楽しんできて下さいね!
私は下戸なので口惜しい思いを毎度しております。

Bon vayage!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1117-30d9fe3f