これだけは捨てられないと・・・ 

今日は急遽実家へ。
お正月に着物を着てみようと思いまして、それを取りに行って来ました。
結婚する時に拵えて貰ったのですけど・・・なんかねー物凄い渋い色の色無地を作ってくれちゃって・・・でもやっと40代になって似合う感じになってきたので着ることにしました。
着付け、大分怪しくなっちゃってるけど、まあなんとかなるっしょ!

で、両親と茶を飲んでいたら母親がなにやら箱を持ってきましてね。
「ねえねえ、コレなにか覚えてる?これだけは捨てられなくてねー」とな・・・

1512083.jpg

・・・やだ、なにこれ、まだあったの?!

実はこれは中学校の家庭科の時間で作ったものでして・・・

1512082.jpg

いやー当時からこういうちっこいもの好きだったのね、わたくしって

1512081.jpg

和室の一揃いですね(苦笑)
机にある茶色の丸が十円玉です。
今の感覚でいうと大分「でかい」世界なのですけど・・・ふーん、結構細かい所まで作ってあるじゃん、わたし。

着物は風呂敷を使って作ったのですけど、柄なんか結構上手く配置してるし。
ちゃんと人形が着られるように(多分バービーだった)袖もちゃんと作ってあるの。

筆が無くなっちゃったといって悔しがっていた母ですけど・・・いや、コレだけ残っていれば十分でしょ。
この菓子箱も30年も大事に取っておいて貰って菓子箱冥利に尽きるだろ。

あー、でもそっか、この菓子箱のもともとの柄を上手く和室の外塗りに見立ててたんだ!
我ながらまめだったなぁ。

きっと私に娘がいたらままごと道具は全て手作りしたんだろうねぇ。
そして多分おべべも全部手作りだっただろう(苦笑)
今の娘達に作ってあげたいけど、作った途端瞬殺の上に血祭りに上げられるからなー

捨てまくり月の今月のわたくしですが・・・

まあこれは取って置いて貰ってよかったというかなんというか。

いやはや、しかしコレを作った頃のことは昨日のことのように覚えているのに。
30年も経っていたのだとは・・・

肌もたるむはずだのう・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1105-ef3198f5