「ミス・ポター」 

最近わたくし、ツタヤディスカスに入会いたしましたの。

我が家界隈にはいわゆるレンタルビデオ屋さんが無いのよねー
んで、うちはビデオデッキも処分してしまったし、もう映画を家で観ることは出来ないんだわーと勝手に昭和脳で思い込んでいたんですけど・・・DVDってプレステでも再生出来たのね

涙が出るほどアナログなワタクシの思考回路ですが・・・

いや、まあ、だったら、ということで。

最近今後の人生を楽しむものは何かと考えることが多くなりましてね。

美術館めぐりに加えて映画鑑賞を楽しむツールとして自分の余生に加えることにしました!
そうそう、映画、好きだったもんね。わたくしこれでも。

そんな訳でツタヤディスカス、駆り放題プランに入会し、これから色々観ていこうということにいたしました。
コチラのプランでは月約2000円で借り放題というプランですね。
リクエストしておくと2枚ずつ送られてくるというシステム。

で、一番最初にリクエストしたのがコチラ・・・

1411181.jpg

「ミス・ポター」 2006年米国 (2007年日本公開)

以前観て湖水地方への憧れを募らせた映画。
懐かしいわぁ、これ試写会で当たって観に行ったんだった!!

言うまでもなく世界の絵本、ピーターラビットの絵本を描いた作家・ベアトリクス・ポターの半生を描いた映画です。
超大金持ちのお嬢様として生きてきたベアトリクスですが、当時は考えられなかった職業婦人として自分の人生を切り開きます。

順風満帆の人生と思いきや、まさかというところで人生最大の悲劇に見舞われ・・・それでもその後も暖かい絵本を沢山描き、その莫大な印税であの湖水地方の土地のほとんどを買収します。

当時湖水地方に襲い掛かり始めていた開発業者から守るためにです。
自分のためではなく湖水地方を愛するすべての人の為にです。
これがまた素敵。

ちなみにこの競売シーンはワタクシの一番好きな場面(笑) ポター△!

でもそうしてくれたことであの美しい光景が守られたんだなーと、本当の湖水地方を観てから観るとまた何か違うものを持ってみることが出来ますね。

1411182.jpg

昨今どうも派手派手しい映画が多い感じですが、こういう丁寧に作られたしっとりした映画は本当にいいですねぇ。

それにしてもこのポター役のレネー・ゼルウィガーって凄い女優さんですよねぇ。
なんというか例えば日本の場合、女優俳優って何を演じてても結局その人の感じが残るんですけど、この人、全く役柄の印象が違う・・・。シカゴの時とか、もう体型が別人ですしね。女優魂を感じます。

とにかく素敵な映画。
わたくしの新たな映画鑑賞人生の第一本目にふさわしい素敵な一本でございました。

次はこれまた趣味に走りすぎの「パリルーブル美術館の秘密」を観る予定。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1058-321c6838