ローマ&アルベロベッロの旅・とんがり屋根のおとぎの国 

さて、アルベロベッロ。日本語で言うとなんとも変な感じですが、イタリア語の意味は「美しい木」という意味だそうですよ。

ローマから飛行機で1時間弱の南イタリア、バーリの空港を利用し、そこから車で1時間の小さな町です。

今回のツアーはローマとアルベロベッロ2都市だけを巡ると言うちょっとレアな(南イタリアが入ると結構何都市も周遊するツアーが多くなってしまうのですよ)ツアーで利用した会社はコチラ"> 

バーリ、アルベロベッロ間の送迎が込みだったりして相当にお得なプランです。
このあたりは交通の便が悪いので送迎は必須な感じ!

bari.jpg

移動中の空港には犬がフツーにいました。

アルベロベッロという街はとんがり屋根の家が続くのが特徴で世界遺産にも指定されています。
このとんがり屋根の家はトゥルッリといって、その昔この辺りを収めていた領主が一戸建ての家ごとに掛かる税金を払うのが嫌で中央からマルサ(?)が来る時期になると家を取り壊すという方針をとっていたため、壊しやすい家、と言うのを作るようになったのが始まりなのだそうです。
なので今は勿論漆喰などで固めていますが、昔の家は石を重ねていっただけの簡素なものだったとか。

tour.jpg

後ろに見えるのが特に特徴的な町並みを誇る地域。

こちらでは2泊、なので一日目は自分たちで散策をし・・・

1408131.jpg

(それでほとんど街中は巡れちゃった)

二日目はオプショナルツアーを申し込み、色々ガイドをしてもらいました。

いろんなことをちょっとずつツアー

英語ガイドさんだと思っていたら日本人の女性でラッキーでした。
解説もすごく面白いの!

地元のチーズ屋さんを見学し

ti-zu.jpg

出来立てのモッツァレラチーズを試食!!

秘蔵の貯蔵庫も見せてもらい

ti-zu2.jpg

店主のマンマとも記念撮影!

ti-zu3.jpg
(しかしこっちの人って顔に肉がつかないわね・・・私は顔から肉がつくけどな・・・)

ランチに向けて近くのオーガニックレストランで収穫体験

lunch.jpg

そしてミニクッキングレッスンを受けて

lunch2.jpg

自分が採って切った野菜でお昼ご飯!

すごーく楽しかった!!
オプショナルツアーは割高なこともあるんですけど、面白そうなもの、行列を回避できそうなものはお金以上に価値のあるものが多いな~と思いました!
旅行者だもんね、ちょっと余計にお金を落としていくのも大事だよね、って感じかな。




ちなみにお宿はとんがり屋根のおうち、一棟丸ごとでした。
トゥルッリはそんなに大きいものは無くてキッチン、ベッドルーム、バスルーム位しかないそうです。

torruri.jpg
リフォームされていてすごくキレイ!バスもキッチンも最新のものでした! 

なので皆道端に椅子などを置いてそこで編み物をしたり、隣の家の人とお喋りしたり・・・まあいわば通りが共通のリビングみたいな感じなのですって。
そういえばメインどおりでもお婆ちゃんがレース網していたっけなぁ。

ちなみにこの変は全く地震が無い地域だそうで、ガイドさんいわく、「この辺の人はけっこうねー自分たちが一番恵まれている!って意識が高いんですよねぇ」だそうです。ボソッとおっさっていました(笑)

nuko3.jpg

夕暮れ。向かいのトゥルッリの屋根にいたぬこたん達。
平和な地域なのかのんびりした子達でしたよ。




アルベロベッロはこんな感じの旅でした。
あのおとぎの国に自分がいっていたなんて今考えると不思議な気がしまね~

わたくしは海外旅行というと大体有名どころの都市しかいかないのですけど、こういう少し奥まった地域と言うのもなかなか面白いものですねぇ・・・

次の旅行は・・・来年のスペインかな?

また色々準備しないとね。
今回のイギリス、イタリアでまた色々と旅の改善点を見つけたから!!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1046-59e538eb