旧手術室博物館@ロンドン 

今回の旅のメインは勿論大英博物館でしたが~・・・

わたくし的には同じくらい楽しみにしていた小さな小さな博物館がございましたとさ。

それがコチラ・・・

1407165.jpg

ロンドン塔、ロンドン橋から歩いて15分位、ロンドンブリッジ駅からは5分位の場所にある「旧手術室博物館」!!

えーとこちらはもともとはセント・トーマス教会なのですが、その上の階にあたる屋根裏部分で19世紀に使われていたハーブや手術道具、手術室の展示が行われているちょっと変わった教会なのです。

教会の入り口に入るとすぐ左側に怪しい螺旋階段があります・・・

1407169.jpg

こーんな狭いのでちょっと入るのに勇気が要ります(笑)
ちなみに上っている時に降りてくる人がきたらアウトだなー

入り口のドアがまたこれまたちっちゃいんだよ
でもトントン、と入ると親切な受付の女性。挨拶くらいなら日本語が出来るみたい!
入場料を払うと上の階に案内してくれて日本語の説明書を下さいます。
あ、芳名帳?に日本語で名前を書いてきましたのでもし今後行った方がいたら見てね!!

まず目の前に広がるのはところ狭しと並ぶ19世紀の薬草、鉱物、手術道具の数々・・・

1407166.jpg
当時の手術台・・・つか、簡易すぎるがな。

ま、博物館と言うよりは倉庫を見学している感覚に近い・・・
(でも大英博物館でもそんな感覚を得たなー、だってマミーの乱立とか・・・柱かよ!っていいたくなるくらいだったし・苦笑)

現在でも使われているような手術道具もありますがそうでないものも多くて、医療の面に関しては「あー、現代に生まれてよかった・・・」と思います。ま、前世でこういう時代に生まれていたんだろうけどさ。なーんて、実はここに引き寄せられたのはここで手術を受けて死んだ人間の生まれ変わりだからだったりして・・・あら、珍しくオカルトな考え方・・・、やっぱりオカルト大好き都市ロンドンにかぶれちゃったのかしら(笑)

1407167.jpg

淡々と飾ってある絵がまた痛い・・・。これヤメテ・・・

1407168.jpg

コチラが以前使われていたという手術室。
ここでは無料で手術をしてくれる代わりに医学生たちが見学するという条件で手術が行われていたのですって。
当時裕福な人達は自宅に医師を招き手術していたそうですのでここで手術を受けた人達はいわゆる貧困層の人達だったようですね。ついでにいうとここは女性限定の手術室だったようです。

ちなみにこちらでは毎週土曜日14:00~当時のスピード手術の実演(どれだけを実現するのか分かりませんが)があるそうで、ちょっと見たかったのですけど、今回の旅行では土曜日は湖水地方への旅が入ってしまっていたので見に行くことはかないませんでした。
スピード手術・・・つまり麻酔や消毒が無い時代でしたのでとにかく素早く手術することが患者の苦痛を和らげる唯一の方法だったということで・・・重ね重ね現代の医療ってすばらしいと思いました。

館のおじさんがいろいろ説明してくれましたが英語だったのでほとんど分からなかったのがとても残念。
やっぱり英語が出来ると世界が広がるなー

旧手術室博物館、大きな博物館ではないし有料ですけど、お勧めです。
お時間がある方は是非どうぞ!

※ちなみにこの日はこの後に腹ごしらえをしてから大英博物館へ。
規模の差がありすぎでした(笑)

1407181.jpg
近所のお弁当屋さんみたいなところで買ってイートインで食べた和食(もどき)弁当。
ご飯が酢飯なんですけどちょっと柔らかすぎですな。
でもこの店は人気みたいですぐに満席に。周囲のイギリス人(たぶんこの辺のオフィスの人とかっぽかった)はUDONを食べている人が多かったですねー

食べ物がまずいまずいと言われるイギリスですけど、10年前のときも今回も特にまずいと言う印象がありませんでした。
ガイドさんによるとかなり改善されているようです。ただその分値段もかなり改善?されているようで・・・とにかく高い!と言う印象!!ちょっと食べたらすぐに2000円位消えちゃうの!!


■ The Old Operating Theatre Museum
住所:9a St Thomas Street, London SE1 9RY
電話:+44 (0)20 7188 2679
URL:http://www.thegarret.org.uk
アクセス:最寄駅London Bridge(ロンドン・ブリッジ)駅から徒歩約2~3分
開館時間:毎日 10:30am - 5pm
閉館日:12月15日~1月5日
入館料:大人£5.80、シニア・学生£4.80、子供(16歳以下)£3.25、家族£13.75

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://naushomewan.blog71.fc2.com/tb.php/1037-693d1312