2017年イタリアの旅~フィレンツェ2日目 

6月30日(金)

フィレンツェ2日目はメインイベントともいえるウフィッツィ美術館訪問の日!

firenze28.jpg
通称・だるまさんが転んだの間 ←嘘をつけ嘘を

・・・後から見てびっくりなのですが、ウフィッツィ美術館、ほとんど写真を撮っておりませんでした。
うーん、観るのに相当夢中になっていたようで。

ちなみにウフィツィもフィレンツェカード利用OKで、ここは大変に利用にしがいのある入口でした。
入口が3つに分かれておりまして、カードを持っていれば1番の予約の入口から入れるので5分も待たずに入れます。
新たにチケットを購入となると結構な行列に並ばないといけないようでした。
わたくし達はこういうフリーパス系のパスがあれば必ず買うのですが、別に元が取れなくてもこういう風に時間の節約が出来るなら十分その価値があると思う派であります。

ウフィッツィは確かに混んではいるのですけど、それでも日本の展覧会のような混み方ではないので一瞬お目当ての絵の前がスッと空くような瞬間がありますのでそれを見計らって存分に堪能してまいりました!

それにしてもウフィッツィって概観はとってもシックというかジミなんですけど、中とのギャップがすごいわー

ほとんど1日中館にいたので当然食事もその中で済ませたのですが、こちらのカフェ、3階ギャラリーの端っこにありまして、テラスの広がる素敵なカフェでございますの。

そのテラスからはドゥオーモが一望出来るという!!
なんて素敵!!

わたくし達は結局お昼と午後のお茶で2回行っちゃったのですが、そしたら2回目にウエイトレスの女子が「あなた達ここ初めてじゃないわよね?さっきあっちに座っていなかった?私覚えてる」と言って来まして。凄いわね、結構混んでいるのにちゃんと覚えているんだ!!

ちなみにココのカフェはちと注文が分かり辛い感じでして、セルフサービスなのかオーダーを取りに来てくれるのかいまいちよく分からない感じなのですが、飲み物程度でしたらセルフで買ってテーブルに着く感じですかね。食事もする場合は店員さんにテーブルに案内して貰ってそのあとオーダーを取りに来てもらう、って感じなのかな。

それにしてもそんなによく分からない感じのシステムなのに店員さんの采配力、記憶力ってのは凄いもんだ。

ちなみにですね・・・

ここのウエイターさんで・・・


もんのすごぉーーーーい


ムンムンイケメンがおりまして!!


もうアラフォーオバちゃん二人で大興奮!
いやードゥオーモ撮ろうと思ったら彼も入っちゃったんですけどね~(嘘をつけ嘘を!ドゥオーモ撮る振りして彼を撮ったんだろーが!!と言う声は無視しますw)

わたくしの拙い画力では彼の美貌の100分の1も表現出来ないけど・・・
こんな感じの彼でして

e8.jpg

ポロシャツの袖の部分が上腕二頭筋の膨らみでパンパンなのぉ~ッ!!
うおおおお~~わたくしのめっちゃ萌えポイントじゃなか!!

彫刻のような鼻筋といい、スッと伸びた姿勢といい、めっちゃイケメン!めっちゃイケメン!!
おまけに匂い立つようなフェロモンが全身の毛穴からムンムン!!!フンガー
思い出すだけで鼻血が出そうになるわーーー

ちょっとーさっきの女子ったらいいわねーーーッ!あんな彼と一緒に仕事だなんて!!
きいいいいいいい
わたくしだったらもうどんなに熱が出ようと痛風発作になろうと這ってでも出勤しちゃうわーーーっ!!

・・・と大興奮ゆえ、ココで何を食べたのか覚えておりませんの。
多分・・・パニーニとか、そんなようなもの?




午後3時頃を過ぎてからやっとウフィッツィを出まして、その後はテクテク歩いてこちらへ

firenze43.jpg
カーサ・ブオナローティ
フィレンツエカード利用OK

ミケランジェロは実際は済んでいませんでしたが彼の親戚が住んでいた邸宅美術館です。
こちらには以前上野の西洋美術館に来ていた「階段の聖母」という彼の初期の作品がありますので是非訪れたかったの!

firenze45.jpg

ミケ様わずか14歳の作品です。
石だというのになんという柔らかさ!薄衣の透明感すら感じる傑作!!

そんな天才ミケ様と

恐れ多くも2ショット 
firenze42_edited-1.jpg
えへへ、ミケ様、わたくし、来ちゃった




早くも2日目でわたくし達相当歩いたせいか足がもうパンパンになってしまっていたので、もうこの日は早く帰って寝よう!ってことになっていたのですが・・・なんと帰路を急ぐわたくし達の目の前に、なんということでしょう、まさかの東洋の足つぼマッサージの店が!!

何故フィレンツェで古巣、東洋の足つぼと出会うのか!
(わたくし達は二人ともツボ師w)

びっくりしましたがもうこれは天の、いや、ミケ様からのご褒美だと思って迷い無く店内へ。
するとちょうどタイミングよく空いていたようですぐにマッサージをしてもらうことが出来ました!

firenze29.jpg
実際わたくし達が始まってすぐに同じく東洋人カポーが来店したのですが、1時間待ちになってしまっておりまして。
実にいいタイミングで見つけたものでございます。ミケ様ありがとう。(もうなんでも)

いあ、これ、かなりのゴットハンドですっかり回復!




その後はまた昨日の市場の2階にある同じお店に行ってこの日はトリュフ風味ガッツリのドレッシングのかかったサラダを頂き、ホテルへ。

相変わらずのことです夜9時には就寝。
翌日に備えました。