システィーナ礼拝堂に向けて~ミケ様が好き!! 

以前もちょっと書いたんですが、わたくしはルネサンス3大巨匠の中では一番ラファエロが好きでした。
後の二人はなんとなく「バカ女は我の作品を観るではない」と言ってきそうな感じがしていて、その点ラファエロは「いいんだよ、バカだって君の個性さ」と言ってくれているかのような雰囲気を感じておりましたゆえ。

とはいえ、この夏に行くイタリア、ローマでのハイライトはバチカン美術館。
そしてバチカン美術館のハイライトといえばシスティーナ礼拝堂でございますね。

なので下調べnauとしましては一通りは調べておかねばと、ざっくりとシスティーナ礼拝堂のことを調べ始めたわけでございますの。

そしたら・・・










どハマリw





もう、もうね!!ちょこっとだけのつもりだったのに、礼拝堂が出来るいきさつ、そしてミケ様の製作によるあれこれ、続いて最後の審判に至るまで、どれをとっても超ドラマでさ!!

嵌って嵌ってダンダダン。

もうどうにも止まらない~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山本リンダ ベスト&ベスト
価格:1470円(税込、送料別) (2017/4/18時点)




持ち前の執念深さ真面目さで本は勿論映画まで観まくり、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

華麗なる激情 [ チャールトン・ヘストン ]
価格:1749円(税込、送料無料) (2017/4/18時点)



↑めっちゃよかった!!めっちゃよかった!!ミケ様惚れる!!

過去の「美の巨人たち」の録画分からミケ様のものを穿り出して観たり。

遂には珍しくこんな小難しい本まで手に取り読みふけってしまう始末。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミケランジェロの暗号 [ ベンジャミン・ブレック ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/4/18時点)




この本読み進めていったら、ヤマザキマリさんのルネサンス期の画家列伝でミケ様は「ユーモアが無くて真面目なだけの絵」と書いてあったのですけど、全然そんなことないじゃん!!て感じで。
あんなに意地悪くwブラックなユーモアを大真面目に書き込んでいるめっちゃ面白い人じゃないですかー!!

それでもやっぱりこの本難しくて、特に宗教がらみの解釈になるととんとお手上げなので、果てはアートレクチャーの家庭教師にまで来てもらう始末。

どこまでわたくしをだめにするの、ミケ様・・・

最初は一回のつもりで頼んだのですが、もう全然足りなくて、今日、2回目に来てもらったのですが、それでも足りなくて、次、また5月にも来て貰う事になりましたw

ミケランジェロがこのシスティーナ礼拝堂にどのような暗号を隠したのか、そのメッセージを受け取るためのこちら側の基礎知識をレクチャーして頂いておりますの。当時の社会情勢を始め、観るポイントも・・・

最近ではシスティーナ礼拝堂入った瞬間、わたくし、泣いちゃうかもしれないと真面目にビビッております。

あのとんでもない仕事をほぼ一人でやり遂げたと言うだけでも涙ものです。4年、やりたくも無い仕事を黙々とやり続けたということだけでも惚れる。その背中を想像するだけで超萌える。

まー絶対好きになったとしてもふられちゃうだろうけど・・・くすん

1704181.jpg
(ていうかそういう対象としてみるか?!わたくし!)

そしてミケ様にフォーリンラヴしてからというもの、あんなに好きだったラファエロがそーでもなくなってしまったわたくしの女心。
ごめんなさい、サンツィオ、貴方はわたくしの運命の人ではなかったの・・・と図々しいことを思わないでもないのだけど(思うのか!)なんか、以前のように熱い気持ちにはなれませんでねぇ。

人の心ってのは不思議なもんだ。

いやとにかくシスティーナ礼拝堂でミケ様に見られても恥ずかしくないようにもっともっと知識を付けておかないと!!
きっとね、きっとね、あの礼拝堂の天井のほうからたまに下を見ているような気がするの!!
そこで「お、あいつは俺の暗号を読み解いたな」とか「愚か者が、素通りしておるわ」とか思っているんじゃないかと思うのよね!!

ほんの少しでもミケ様が込めた気持ちを読み解けるようにもっともっと調べておきたいわ~

全くもう、このおばちゃんったらまるで恋人に会いに行くかのような気持ちで旅を指折り数えておりますのよw

旅行まであと80日を切りました

※アートレクチャー S女史による個人教授 2時間7,000円(交通費込)
 ご興味ある方は非コメかメールでご連絡下さいまし