③2015夏スペイン 国立考古学博物館でアルタミラ洞窟の壁画を見る!! 

ひいこら。

実はもう来年の旅行計画が始動し始めてしまいました(笑)
なのでコレを早く書き上げなくては!

もうね、本日のここは本当にお勧めの場所でして!
一応「地球の歩き方」にも出ているんですけど、あんまり観光客が訪れない場所らしく・・・。
実はここを知ったのは事前に読んでいたこの本のおかげなのですが。



ちょっと旧い本ですが本当に面白くてお勧めです。

こちらに「素晴らしい博物館なのに観光客が訪れることが無いのはとても残念だ」と書かれていたのがこちら、

15071022.jpg

15071021.jpg

国立考古学博物館。

スペインのブランド街であるセラーノ通りの程近く。
地下鉄の駅はセラーノ。降りてから徒歩3~5分位。コロンブス広場からもう見えます。
凄く大きい建物ですんで・・・

ここ、最近改装したとのことで物凄く綺麗で近代化されておりまして、表記はスペイン語だけなのですけど映像画面が沢山あるので言葉が分からなくてもかなり楽しめます。

ここの至宝は「エルチェの貴婦人」というとても美しい像。
端正でとてもすばらしかったのですが、他の所蔵品もなかなかのものでした。
所蔵数もかなりのものでして観るのに疲れるくらい!

で、疲れたわたくし達がちょっとおざなりに観始めたら近くで観ていたおばさんが「ちょっと!貴方達!これは貴重なものだからもっとしっかり観た方が良いわよ!」とか何とか言ってきて説明を始めてくれました・・・(汗)
お互いの共通語である英語でコミュニケーションを取ろうとするんですが、これまた大変でしたよ。

当初の予定ではもしここがアッサリ終わってしまったらもう一つ別の博物館を提案しようと思っていたのですが、午後一杯使っちゃった。
ちなみに併設のカフェはメニューは少なくて飲み物だけですけどオサレ空間で店員さんもめっちゃ親切!
オレンジジュースも素敵なグラスで供してくれました。

・・・とまあここまでだけでも十分お勧めな場所ですが、ここにはもうひとつ他には替え難いほどの名所があるのですよ!!

ここの本館を出まして帰りがけになるのですけど、エントランスの門の手前にですね。

15071023.jpg

分かりますかしら?
すんごいちっさいんですけど、地下への入り口を示す標識があってですね。(緑の○の部分)

ここの階段を下りていくと(今回地下ネタが多いな)・・・

15071025.jpg

じゃーーーん!!

分かります?!分かります??

人類最古と言われる絵画が描かれているあの空間、アルタミラの洞窟のレプリカが作られている部屋があるのです!!!

本物はもう本当に限られた人しか入ることが出来ないそうでとてもとても行けたものではないのですが、マドリード市内で同じ体験をすることが出来るんです!!

面白いつくりになっていて

15071026.jpg

(レプリカの良さで写真オッケーですの)

hekiga.jpg

部屋の真ん中に鏡のテーブルがあって天井が写りこんでいて、そこで説明の映像も流れるようになっているんですよね。
この天井画を描いた時の様子が映像になっていて面白かった。
推測の部分も大きいと思いますが手でダイナミックに描いて行きます。
手で描くせいでしょうね、わたくしの想像よりも一つ一つが本当に大きいの!!
もっとちっさな絵を想像していたので迫力ある大きさにびっくりしました。

いやーこれはもう本当に本物をみないと(レプリカだけど)分からないものですね!!
感激だったわ!!

そういえばここの入り口に居たおばちゃんにスペイン語で写真を撮っていいかと問いましたらすっごく嬉しそうに「スペイン語できるの?!」的なことをまくし立てられたので「いや、そんなにできんですワ」と焦りつつ言ったのですが、「いいのよいいのよいい子いい子」とやたら可愛がられました・・・絶対あれ、わたくしのこと41歳とはみて無かったんだろうな・・・盛んにボニータボニータ!!と連呼していました。

ジミっちゃジミな博物館ですけど、スペインの大きな歴史を感じるには最適の場所です。
マドリード訪問の際は是非お勧めいたしましゅ~




さて。

帰国便に乗り遅れると言うアクシデントもありましたが、今回の旅も無事済みました!

と言う訳でもう早速来年の旅行の計画が始動しましたですよ。

えー、来年の旅行先はオランダでございます。
いや、最初ドイツにしようかと思っていたのですけど、ドイツってちょっと名所が点在してい過ぎて移動を余儀なくされそうな感じだったのですよ。

わたくし達は移動を極力避けたい旅スタイルなもんで、どうしたもんかと考えた結果・・・。

フェルメールの郷、オランダがあるじゃないか!と。

で、即決。

アムステルダムに拠点を置いて電車で一時間のデルフトで一泊するパターンです。
んで、ハーグにもよって彼女との再会も果たすと!

peal.jpg

東京都美術館で逢った時はほんの一瞬で終わったわね・・・

さ!一年掛けてオランダの歴史、地理、言語、風俗(飾り窓のじゃないよ)、習慣・・・調べまくるぞ!!

②2015夏スペイン・・・トレドのお勧めレストラン「カサ・デ・シスネロス」 

随分間が開いてしまっていますが。
いやはや、夏生まれなのに夏が大変に苦手なわたくし・・・昨今、ちょっと夏ばて気味ですの。

でもだらだらしているとエンドレスになっちゃうので頑張ってアップップします~




旅行前、色々下調べをしている時、トレドの情報というのは本当に少なくて・・・
でもトレドなんて今回行ったら多分後一生行かないと思うのでねちっこく調べておりました。

そこでどっかのブログで素敵なレストランを見つけたのですが、なんとレストラン名だけで詳細が書いていない!!
・・・なんてエゴい。

でもわたくし、どうしてもどうしてもそこに行ってみたかったのでこれまたネチネチと執念深く調べあげ、行ってきました!!
この調べ上げ能力としつこさはストーカーの危険性を含んでいるのではなかろーか・汗

15071029.jpg
「レストランはどこやー」

実はとても分かりやすい場所にあったこちらのレストランですが、まず場所をば。

まずはトレドの町全景を示しますとこんな感じですね。

casa2.jpg

この中心の黒い矢印の部分がトレド観光の中心、カテドラルでございます。
カテドラルに関しては結構情報もあるので詳細は割愛しますがやはりメインの観光地だけあってとても良かった!!
荘厳な感じで絵画もいいものが沢山収蔵されています。
ここでのグレコの絵は良かったなぁ・・・グレコの絵って美術館にあるよりも実際の教会にある方が「ぐわーーー!!」って迫力があって素敵。天へといざなわれるかのような錯覚に陥ります。あの縦にデフォルメされた意味が良く感じられる!!

15071011.jpg

あ、横道にそれちゃった。

んで、カテドラルの正面に入場券売り場があるんですけど、目的のレストラン

15071017.jpg

カサ・デ・シスネロスはここにございます。

位置はここ

casa.jpg

ちなみに12時に行って「せぷえでこめーる?」(食事出来る?)と聞きましたら「1時からだよ」とな。
遅いのね、やっぱり。なので1時間お土産屋さんをぶらぶらし・・・

wanwan.jpg

お昼寝ペロちゃんに垂涎し・・・。
キッチリ1時に再訪。そしたらすぐに入れました。

なぜこうしてまでここのレストランにこだわったのかと申しますと、こちらってば

15071013.jpg

いきなり怪しい下り階段!!

15071015.jpg

こうして地下の食堂スペースに下りていきますと地下のレストランスペースが・・・

1508191.jpg

わかります?ここはね、

15071012.jpg

こうして床がガラス張りになっていて、その下には11世紀の遺跡がそのままのこされているのですの!!
色々説明してくれたんだけど、よくわかんない部分も多くて 
でも壁も11世紀のもので特に手をくわえていないのだとか。
説明をしながら店のおじさんがお香を持ってきて壁に挿していました。
もうね、異国情緒満点で素敵すぎるったら!!

ここはとにかく床が観たかったので料理は余り期待していなかったんですが美味しかったです。
ランチコースになっていまして英語とスペイン語表記がありました。

そうそう、そういえばわたくし達の後に家族グループが入ってきたのですが、そのお嬢さんがわたくしをじっと見て写真を撮ってくれと一眼レフを渡してきて。
思わずブロガー魂炸裂で下から全体をあおる構図、床のガラスが綺麗に入る構図、全体が入る構図・・・と熱く撮って、その家族グループもノリノリで大盛り上がりになりました(苦笑)

友達が「絶対あれ、ブロガーの雰囲気を感じ取ったんだよね、迷わずnauにカメラ持って向かって行ったよ」と言っていましたが、そうなのかな(^^; 

15071016.jpg

入り口にあった看板。地下遺跡の発掘とレストラン建築の様子が分かります。

ここはもうトイレも素敵で、ただちょっと鍵が良く分からない鍵になっていて、でも迷っているとスタッフのにーちゃんが親切に教えてくれます。
トイレの中にもガラス張りの小窓があって奥に遺跡が広がっているの!!楽しい!!
ここでトイレに行く時は是非懐中電灯を持っていってくださいね!!

いやーもう本当に良かったです!!

もしトレドに行く人がいらしたら是非ここのレストラン、お勧めでございますよ!!

一応「地球の歩き方」にも出ていますがレストランとしてではなく、ホテル欄に出ています。
ホテルもやっているので宿泊も楽しそうですよね。




トレドはマドリードからバスで1時間弱ですので日帰りの方も多いようですが、絶対日にちにゆとりがあったら一泊することをお勧めします!!

それ位素敵な場所でした。

たまにこんなおふざけもあり(笑)

15071020.jpg

まさかのグレコの絵画での顔ハメとか。

スイーツではこんなものとか

15071019.jpg

餃子じゃないですよ。

アーモンドの粉で作ったマサパンという菓子です。
素朴な味かなー。

それにしても手がシワシワ。
本当に乾燥していてそれだけは参りましたわー

マドリードもトレドもとにかく暑くて、乾燥している分日差しが痛いんですよね。
湿度が少しあると当たる感じももう少し柔らかい気がするんですが・・・

とにかく真夏のマドリードは暑さ対策万全で行ってくださいましね。
ちなみにわたくしは途中でサングラスにヒビが入ってしまって・・・
サングラスなしで後半3日位過ごしたら目が痛くなってしまいました。




さてさて。

後もう一つどうしてもアップしたい素敵博物館を見つけてしまったのでまた間が開くかもですが頑張ってアップっぷします~

あーでもほんと良かったわスペイン。



・・・乗り遅れさえなければ

京都に行ってきました 

昨夜~今朝は久しぶりに涼しかったですね!!
久々にエアコン無しでぐっすり眠れたぁ~
本当にここしばらく熱帯夜続きでちょっとお疲れ気味でしたんでね・・・

ついでに7月から今までスペイン、北海道と続き・・・

1508092.jpg

京都に行っていたりして・・・

旅行は楽しいんですけど、やっぱり続いたのでかなりお疲れモードです(苦笑)

ちなみにこのキャラクター、京都駅の地下街「ポルタ」のキャラクターで「ポルタん」っていうんですけど、

めっちゃかわいくないですか?!

もうハートにズキュンですよ!!

なんでかなーと思ったら、これっていねとまいを足して2で割ったようなコじゃありません?!
お耳が大きいシルエットはいねで色とクリッとしたいたずらっ子みたいな目はまい・・・

いやー超ツボだわぁ~!!
グッズ無いのかしら?!と思ったけど、イベントとかの時にうちわとかが作られる程度らしい・・・
なんでさ!!

あったら悪いけどマダムが爆買いするのに!!




ちなみにこの暑い夏に何故また暑さの殿堂、京都へ行ったのかというと・・・

1508091.jpg

川床なるものに行ってみたかったから。

貴船まで行ってみたのですが、確かにものすごーく涼しい!!
ラッキーなことに一番隅っこの席に通されたので本当に水が近くて涼しくて・・・

良かった・・・といいたいんですけど・・・

ただね、すぐそばに某お国の家族団体がおわしまして
子供はドタンドタンと跳ねるわ、大事な大事な赤ん坊を見せびらかしたいのは分かるんですけど、人の背中にドンドン当たるほど近い位置であやし、はしゃぐおば様方がいるわ、ちょーっとアレでした。

あと料理もさほど美味しいものでもなく、接客係りも夏だけのバイトさんなのか非常に粗忽で器はひっくり返すわ、置かれた器が斜めってるわ、早く着いてしまった上、ちょっと暑かったので待合室で「お茶かなにかありませんか」と聞きましたら「ここはお料理屋ですから(ツン)」とけんもほろろに言い返されるわ・・・

もう二度と行くことはないだろうという感じでした。

確かに涼しくて、まあ値段の9割は場所代だと思うことで納得できる位だったんですけどね。




川床に行きたいが為に真夏の京都に乗り込んだのですが、いやぁ・・・市内の暑さと来たらはんぱ無いですね。
京都で暮らす人ってすごいなぁ。主殿の実家の実家もあるんですけど、おばさん達は私みたいに暑苦しい顔をされていないんですよねぇ。慣れ?慣れるの?!




しかしうちの界隈の下町もそうですけど、さすが京都!
外国人旅行者の数が半端無くて、三年坂のあたりではもう日本語が聞こえない位でした!!
(清水三年坂美術館に行きたかったのですが、まさかの月火休みだった・・・←火曜に行った)
超日本な場所に行ったのに外国旅行をしたような気持ちになりましたわー

・・・とまあスペイン旅行記も書き終わらないうちに立て続けに旅行になってしまったのですが、やっと落ち着く予定ですのであと二つどうしても書きたいスペインレストランとお勧め博物館の記事、ぼつぼつと書いていきます~

それにしても忙しい夏だ