北海道・知床に行ってきました 

毎年のことながら7月は旅行の月でありまして・・・

息も絶え絶えにスペインから帰国してわずか間3日を空けただけで北海道に行って参りました。

ちょうど10年前、知床が世界遺産に登録される一月前に5日間位の日程で訪れたことがありますが、その時は旭川から入り、知床を回って釧路から帰るという、ほぼ横断の大旅行だったのですが今回は道東のみで・・・

女満別から入り中標津から帰るというプチ道東旅行です。

一番の目的は

1507265.jpg

網走監獄。

囚人の被る籠みたいな帽子を被ってみたり・・・

10年前は車で巡るだけだったのですが、今回は船から知床の姿を見てみることに

1507262.jpg

10時からの出航だったのですが、最初の1時間はもう霧で何も見えず・・・「えーん」と思っておりましたらちょうど知床半島に来たところでパーーーーっと晴れだして!!
先端と船の日の丸を写したお気に入りの一枚どす。

しかし先日の帰国便で「タイニック」を観たんだよねぇ。(3時間潰れるから)
ちょっと被って感慨深かったわ。

勿論これも堪能。

1507264.jpg

・・・しかし二回連続で昼食にこうした丼を頂いたらもうイクラやウニを受け付けなくなってしまいましたの。
わたくしの胃袋って貧相なのだわ・・・
ホテルの朝食でも溢れるようにイクラがあったのですけど・・・トーストをボソボソと齧っていたわたくし。

あ、そういえば、

1507263.jpg

キタキツネや鹿さんとの出会いも・・・

ただね。

10年前はもっとしょっちゅう動物が現れていたような気がするのですよ。
最後の頃には「ふーん、また鹿かー」と思う位。

やっぱり少なくなっているのかなぁ。なんて憂いてみたりして。

でも施設は物凄く良くなっていました。さすが世界遺産登録された後は違いますねぇ。
トイレも綺麗になっていて感激しきり!

今回は3泊4日の旅で道東だけですのでのんびり車でめぐることが出来ました。
最終日には野付半島という先端までドライブも・・・

凄いバス停発見。

1507261.jpg

いや、これ・・・行ったはいいけど、どうやって帰るのだろう?




しかし旅行に出るとしみじみ思うのは自分の生活している範囲って本当にちっさな世界なんだなぁということで。
そこでうじうじ悩んだり怒ったりするのってもう本当にミジンコみたいなもんだなぁ、と思ったり。

勿論頭では分かっていることだけど、こうして自分から意欲的に?感じないことには実感として感じることが出来ないのよね。
誰かに言われたりするんじゃなくさ。

どうにも最近人生に疲れてきちゃってことあるごとに投げやりな言動をすることが多くなってきたわたくしなのですけど、あんまりグダグダ考えずにのんびり進んでもいいのかな・・・

なんて、そんなことを考えた7月でありました。




さて。

7月、思いっきり遊んでしまったので最終週は仕事がんばろッ!

①2015年夏・スペイン・・・マドリードとトレドでの移動手段 

今回の旅行での移動方法についてひと記事書いておこうと思ったのは、事前の下調べの時に「情報少ねッ!!」とイライラしたから(苦笑)

パリとかだとブログや情報サイトでの情報がてんこ盛りなのですけど、ことスペイン、特にマドリードになると極端に情報量が少なくなるのですよねー

そんな訳で今回は移動手段についてドドンとひと記事書いてしまいます。
マドリード、トレド旅行のご参考になれば幸いどす~




 日本―スペイン間の移動について

まあ文句なく飛行機ですが、スペインには何故か直行便がありませんので乗継便になります。
乗り遅れるというアホやらかした身としては偉そうなこともいえないのですが、フィンランド航空でヘルシンキ乗り継ぎというのは初心者には非常にお勧めだと思います。

15071027.jpg
乗り遅れたくせに

というのもヘルシンキの空港はとても小さくて移動がラク。
それにとても綺麗でトイレも充実していますし乗り継ぎの待ち時間も1時間半位と実に短くて便利です。

1507101.jpg

当然ですがムーミンショップにマリメッコショップとここでしか買えない魅力的なショップも充実です。

フィンランド人の店員さん達もとてもフレンドリーで優しい

それに加えてフィンランド航空の日本人CAさんの親切なことといったら!!
実はわたくし、予定外の24時間待機のせいか疲労と不安で帰りのフライトの中頃、猛烈な乗り物酔いに襲われてしまいまして。
ほとんど乗り物酔いをしない身としては死ぬほど苦しくて機体の後部に行ってうずくまってしまったのですよ。
そしたら日本人CAの方が声を掛けて椅子に座らせて下さり、冷たい炭酸飲料を勧めてくれたり声を掛けてくれたり、それはそれは親切にして下さったんです!外資系の日本人CAって同じ日本人を小ばかにしているような人たちしか会ったことが無かったから衝撃的に嬉しかった・・・!

しかも帰国後、成田でリムジンバスを待っていましたら偶然その方も一緒のバスだったらしく。
わたくしを見るなり駆け寄ってきて「もう大丈夫ですか?」と問うてくだすったのです!
もう本当に感激でしたのでその方のお名前だけお伺いして帰宅後、時差ぼけの頭をブッ叩きつつフィンランド航空のカスタマーサービスからお礼のメールを送らせていただきました!!

フィンランド航空、ホントにお勧めです!!
U様、本当にありがとうございました!!




空港からマドリードまで

空港から市内のホテルまでの移動は断然タクシー利用をお勧めします!!

というのも空港から市内のホテルまでの料金は均一€30と決まっているんです!
ですので料金の不安無く、ぼられる心配も無く安心して利用できます。
わたくし達はそれと別にキャリーバッグが二つあったので€2をチップとしてお渡ししました。

ちなみに宿泊するホテルの名前と住所を紙に書いておいて見せながら「ここ行ってぇな、ポルファヴォール」といえばOK。

いや、ま、正式にはホテル名と住所を見せつつ

A esta dereccion, por favor.  「あえすたでぃれくしょん、ぽるふぁぼーる」

ですが。
あ、今回、旅行会話を丸暗記して言ったのですがそれが物凄く役に立ちました。
それだけで結構いけた感じ。
・・・特に便利だったフレーズを別記事で書いておこうかしら?

マドリードのメトロについて

マドリードのメトロはとても綺麗で分かりやすいので安心して利用できます。

15071030.jpg
綺麗な上に明るい構内!

切符を買う時は券売機で買いますが、自分の降りたい駅が数字で何番線にあるのかをチェックしておくとスムーズです。

⑥番線のプラザエリプティカ駅までの切符を買いたいならまず⑥番線を押すと⑥番線の駅がずらっと出てきます。
で、自分の降りたい駅を押せば料金が出てきますのでお金を入れるだけです。

ドアは自動ではないみたいですので緑で光っている丸いボタンを押して乗ります。
わかんなくてもドアの前でボーっと立っていると周囲の人が押してくれたりします。ホント親切。

メトロの中は昼間は空いていますし全然危ない感じが無いです。
まあ勿論たまに集金する人が大声張り上げて歩いてきますけど、これはどこでもあることですよね。

マドリード市内でのタクシー利用

とにかく暑かったので、体力温存の為にタクシーは何度も利用しました。
基本料金€2.40ととてもリーズナブル。短い距離でもいやな顔もされず快適に利用できました。
タクシー乗り場の表示も一杯ありますが、流しのタクシーもすぐに拾えます。
メーターを誤魔化す様子も無く、安心して利用していいと思います。
半端なおつりはチップとして渡すと小銭を貯めないしスマートかと。

そうそう、今回「お釣りはとっといてぇな」というフレーズも一杯使った(笑)

Gracias, quedese con el cambio, 「ぐらしゃす、けでせこねるかんびお」

料金の目安としては・・・

プレルタデルソル→ティッセンボルミネッサ美術館  €10位
ティッセンボルミネッサ美術館→ソフィア王妃芸術センター €5位
セラーノ駅→ティッセンボルミネッサ美術館 €5位

いや、ホテルがティッセンボルミネッサ美術館の前だったんで・・・

マドリード―トレドの移動

マドリードからトレドへの移動には電車とバスと2通りの方法がありますがわたくしはバスを選びました。
なんでも電車の場合は荷物検査があるらしいのですよね。しかも電車の始発駅、アトーチャ駅は巨大。

うーん、これは・・・バスにしよう。と。

トレドまでのバスは上にも書いたメトロ6番線プラザ・エリプティカ駅から出ています。

メトロの改札を出た階から2つエスカレーターを上るとトレド行きのバスの階になります。

メトロの改札階  薄ピンクの階  緑色の階

150728.jpg
ね、緑でしょ

切符は窓口でも買えますし券売機でも買えます。
往復か片道かを聞かれますので紙に書いておいたりすると便利かも。
あとDirectoというのが直通ですんで間違ってもそれじゃない方に乗らないように。
直通で45分位でしょうかねぇ。

トレドでの移動方法

バスターミナルから街の中へ

トレドのバスターミナルに着いたらすぐそばにあるタクシー乗り場から「ソコベール広場」へ行きましょう。
トレド観光の拠点みたいな場所です。バス乗り場やタクシー乗り場もありますのでひとまずここへ。

バスターミナルからソコベール広場までは歩いて20分位になるのでしょうか・・・
でもかなりの坂道を登らないといけないんですよ。
しかも灼熱の太陽の下・・・!!これはもうアラフォーに限らずとも体力温存のためにタクシー利用をした方が後のトレドの街歩きに集中できるというもの!

えーと、確かこの距離で€5位ですかね。
その価値は十分にあるタクシー料金です!!

トレド観光にお勧め

トレドに着いたらとにかく街を一巡りしてくれるソコトレンという可愛い列車型のミニバスに乗るべし!!
日本語の音声ガイドもついて€4.5。
売り場はソコベール広場にソコトレンと同じ形の赤い切符売り場があるのですぐ分かります。
ソコベール広場自体そんなに広くないのですぐに分かりますよ。
でもこれ、見かけの可愛さからは想像できないスピードで走る時があるのでびびる(笑)

トレドの町をぐるっと一周して丘の上のトレドの町を一望出来るスポットで写真撮影の時間も設けられています!
その写真撮影時間に発見!!

15071010.jpg
いゃ~ん!!トレドのまいまい!!!

トレドでのタクシー料金目安

アルカサル→パラドール(ホテル) €10位
パラドール→エルグレコの家  €10ちょっと

ちなみに事前情報ではトレドは小路が多いので街なかではタクシーはほとんど利用できない的なことが書いてあったのですが、結構な小路でもタクシーが通っています。
勿論超小路もあるので

15071029.jpg
こんなね

通れないところも多いですが、主要な観光名所ならいけそうな気がしました。

わたくし達はトレドに一泊したのですが朝早めに行けば十分日帰りできる場所ですね。
ただどうしても夕暮れ時を見たかったので一泊しました。
何しろ9時過ぎないと夕暮れにならないんですよねーこの時期。

15071018.jpg
憧れホテル、パラドールデトレドのお部屋から優雅にサンセットを待つ・・・しかし確か7時位でこの明るさ!!




ひとまずはこんなところかな・・・
とにかく想像以上にタクシーが快適で便利でした!

それにしても本当にマドリードもトレドも人が優しい!!
いやな対応は一度も受けませんでしたよ。
それにやたらとイケメンが多くておばちゃんウットリしちゃいました

予想以上に良かったマドリード、早くもまた行きたくなっておりまする

スペインから(一日遅れで)帰国しました 

・・・という訳でスペインから帰国しました。

一日遅れで。



・・・なんということでしょう。
まさかの
まさかの

15071027.jpg
憧れのマリメッコ機体!!

ヘルシンキでの乗り継ぎ便乗り遅れ

「Too late」

わたくしは一生このフレーズを忘れないでしょう。ええ、一生。

そんな訳でヘルシンキの空港併設のGLO(グロ)という(すげー名前だ)ビジネスホテルに一泊することにして、丸一日遅れのAY73便にて18日朝9時に成田の地を踏みました。

これほど日本の地が恋しいと思ったことはなかりけり。

旅行行程自体は120%完璧でもう何も心配要らないわーと思った矢先の出来事。
今回の旅行はまさに「おうちにつくまでが旅行なんですよ」ということですた。

あーでも無事に帰ってこられて良かった。
いねまいには一日余計にホテル暮らしをさせちゃったけど・・・まあ楽しそうだったそうだし(涙)




スペイン自体はもう本当に良くてよくてもう一度行きたい位良くて120点満点でした。

いやもうマドリードって前評判が凄くて

「首絞め強盗が多発」   とか

「メトロはスリの温床」   とか

「プラドもスリだらけ」    とか

「英語はほとんど通じない」  とか

まあとにかくホテルを3歩出たら殺されるんじゃねーか位の恐怖感を持って臨んだ今回の旅だったのですが。

メトロは綺麗だし分かりやすいし、首絞め強盗が出るにはかなり勇気が要るほど街のあちこちにお巡りさんが(しかも皆超イケメン)要るし、スペイン語が出来無そうなそぶりをみせるとすぐに英語に切り替えてくれるし、路頭に迷っていると親切そうなおじーちゃんやおばさんが「どうしたの?!」と言ってきてくれるし、タクシーは安くて便利だし、食べ物は美味しいし・・・

・・・東京よりこっちでオリンピックやった方が良かったのでは?

と思う位の街レベルの高さに驚かされっぱなしでした!

1507106.jpg

なんとプラドの正面は工事中。
憧れのドーリア式の6本の柱が見られなかった(涙)でもまあこういう工事中の装飾を見られるのもレアよね。

15050502.jpg

カルロス2世との対面も果たしたし。
この中に描かれている「メディチのライオン」テーブルも見られたし。

1507104.jpg

本場のフラメンコも観られたし。わたくし昔フラメンコを習っていて少なからず見識があるのですが、いやほんとレベルが違いますなー

1507108.jpg

バルでのハシゴも出来たし。ただここのエビのアヒージョのお店の後は生ハムのお店にいっただけでおなか一杯になっちゃいましたが・・・

1507103.jpg

市場巡りでランチすることも叶いましたし。

やりたかったことは全部出来ました!!

全部良かったのですが、特にお勧めしたい位良かったものについて今後ボツボツと記事にしていこうかと思います。

予定としては

① マドリードやトレドの移動方法について
② トレドの面白レストランについて
③ マドリードの面白博物館について

こんな感じでガイドブック等ではあまり情報が得られない辺りを攻めていこうかと。

あーそれにしても時差ぼけがきつい。
こんな時間なのにまだ眠くないぞー

変な旅行準備 

最終段階の旅行準備でこんなものを買いました。

150705.jpg

疲れにビタミンC。あと日本の味恋しくなった時の梅干ちゃん。

ちなみに・・・わたくし、疲れがダイレクトに胃に来るタイプ。
なのでちょっと変な旅行準備をこのひと月かけてやっておりましたの。

疲れが胃に来ると途端に食欲が落ちて、友達いわく「小鳥が啄ばむ位しか食べられなくなってくるのよね。
んで、げっそりと痩せてしまうんですな。
昨年も旅行後に体脂肪率を量りに行ったら急に減っておりました。

脂肪が減るとこれまた急激に疲れやすくなるんで、旅行中はあまりいいことではないのですよね。
なので今年はその「減る分」の脂肪をあらかじめ作っておくべく、このひと月ジム通いを中止し、頑張ってモリモリと甘いものなども食べ、脂肪を貯めておりましたの!!

でも無理に食べるとたちまちそれ以上を失ってしまうのでこれまた結構大変でした。

昔は痩せること命だったんだけど・・・年をとると変わるもんね・・・

美味しいものを思いっきり食べられた若い頃が懐かしい