「サファリ」 

1411261.jpg

「サファリ」

製作年:2013年
製作国:アメリカ/南アフリカ
原題:SAFARI

とりあえず酔いました。

全部手ブレ撮影みたいな感じで途中からオエオエ状態。

これは実は渋谷で今年の2月に上映しているのを観にいく予定だったものなのですけど、行かないでよかった。
部屋だからうめきつつも座り直したりごろごろのた打ち回りながら観られましたけど、映画館だったらキツイ。

それ位オエオエでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ、んで、話ですが。

アメリカ人のお気楽なツアー客達が野生の動物を観にいくサファリツアーに出る訳ですよ。
その様子を自分たちのカメラの動画で取り続けていて、それが映画になっているんですけどね。

ハイテンションで車に乗り、サファリに乗り出すも肝心のライオンに出会えなかったんですな。
そこで運転手のガイドが余計な気を回して「立ち入り禁止区域になるんだけど、ライオンの穴場につれていこうか」と言い出しちゃうの。

キタキタキタ!

多分私だったら絶対「立ち入り禁止区域?いいわよ、何もそこまでして観たくないわ。大体安全が保障されないじゃない」と断ると思うのですが、そこはアメリカ人、良く分からんくせに、しかも自分が客の立場のくせに自信満々で「大丈夫さ、俺が保障する」的なことを言っちゃって強引にそっちへ行くことにしちゃうのよー
その自信はいったいどこから来るのさ?!知らないじゃんYO!!YOU!!

全く・・・よしゃあいいのに

当然ながらこれがトラブルの始まり。
車が壊れてそれを修理しようと車の下にもぐったガイドがコブラに噛まれ瀕死→死亡。
ついでに立ち入り禁止区域の道はこのガイドしか知らないときたもんだ。

ツアーのグループは丸腰でサファリの真ん中に取り残されてしまうと。
GPSも携帯電波も効かないとなってさあ大変。

それにしてもサファリに入るというのにその軽装は一体なんだね明智君、といいたくなる位露出過多のお姉さん達、一体どうしたもんかね。それにもう少し装備をなんとかしたまえよ・・・と携帯にもホイッスルとLEDライトをつけているわたくし的にはちょいあきれるものがあるのですけどね・・・

しかしなんだね、男ってのはどうしてああもすぐに感情的になって無駄な体力を消耗しようとするもんかね。(例・別に今しなくてもいいじゃんという殴り合いとか)

それにしてももうこの辺になるとオエオエ度MAXになってきて、もうどうでもいいから早く終わってくれ、という感じであんまり楽しむどころではなく(そもそも楽しむ内容ではない)、傍らのいねとまいをコネコネしながら必死に吐き気と戦っておりました。

1411262.jpg
「一級の清涼剤ですの」
         「でしゅよ」

ザックリ言っちゃうと「え、アータが?」と思う人が生き残るんですけどね。

・・・ま、内容というとこれだけの映画でした。

しかしこれを観ると益々海外旅行に行く時には十二分どころか十五分位安全を考慮した行動を取らないと怖いわ、と改めて思いますわー

毎年恒例の美術旅行ではわたくしと友達は物凄く用心深い旅行をしていて、多分他の人から見たら勿体ないお金の使い方をするのですが、まあそれ位でいいのだと思います。
安全を金で買う、という感じでしょうか。
旅なれてくると油断も出てくることもあるのでしょうから、この映画はそういう気の緩みに喝を入れるにはいい映画だったと思います。

とにかく酔うので万全の体調で観ることをお勧めします。

・・・と、そんな映画。

「パリ・ルーヴル美術館の秘密」 

パリ・ルーヴル美術館の秘密  
製作年:1990年  (日本公開は2003年)
製作国:フランス
原題:LA VILLE LOUVRE

1411192.jpg

ルーブル美術館に行ったことがある人でかつ美術に関心のある人でないと楽しめないんじゃないか・・・と心配になる映画でした。

行ったことがない人でも凄く行きたい!!という人なら楽しめそうですが・・・

何しろ何のナレーションも説明の字幕も入らず、淡々とした職員同士の会話しかありません。
勿論音楽もなし。
これだけ地味な映画も珍しいんじゃないかと・・・

「美の巨人たち」とか「日曜美術館」のような構成かと思っていたのですが全然そんなことは無く。

勿論ルーブル大好き、おまけに美術館職員であるわたくし的には物凄く面白く鑑賞出来たのですけど、人にお勧め出来るかと言うと出来ないですなー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの有名なガラスのピラミッドが完成したのが1989年だそうで、この映画の公開は1990年でしたのでもしかしたらそれに関して館内の一掃というか色々変えた時のドキュメンタリーなんでしょうかね。

大きな作品たちをどうやって移動させるのか、どうやって扱うのか、そういう過程が良く分かります。
しかしあんな風に股にロープをくぐらせられて移動させられているブロンズ像って急に凄いユーモラスに見えちゃう(笑)

それとどういう意味があってやるのかわかりませんでしたが(説明が一切ありませんのでね)館内の各部屋でピストル(運動会で使うようなやつね)を打ってその音を記録しているんですよ。何のためにやるのかな・・・?

十数キロに及ぶルーブルの廊下をひた走るのはローラースケートを履いたメール係の男の子。
消火訓練をする消防士、救命方法をレクチャーする消防士?と相棒のレディ(笑)
ごくわずかな緊迫を額縁に貼っていく職人、学芸員と思しき女性に「もう1センチ上にずらして」と支持されむっとしつつもやり直す額を壁に掛ける職人たち・・・

いつも仕事中に、美術館というのは本当に多くの人の手によって運営されているんだなーと思うんですけど、さすが世界一のルーブルともなるとその運営に関わる人数たるや物凄いもの。
でも結局人数はともかく内容は自分の勤める美術館と似ていなくもなく・・・ちょっと親近感を覚えてしまったりして。

あ、でも美味しそうな社食カフェと衣装のフィッティング係りは無いな(苦笑)

さすが美食大国フランスの美術館、職員の為の社食も凄く美味しそうなの!!
ビュッフェ方式のカウンターの中からのぞくとさっきまでしかめっ面や真剣なまなざしで仕事をしていた職員たちの顔が緩み美味しいものを選ぶ目の動きがさっき絵画を観ていた時とは全く異なっていて面白い。

そしてさすがファッションの国フランスの美術館!!制服がサンローランですって!
しかもちゃんとフィッティングして配布されるみたいで・・・自前で通販のペラペラスーツで仕事をしている身としては身をよじるほどうらやましい~

ま、でも自作のおにぎりを頬張っていようと、お洒落カフェテリアで美味しいご飯を食べていようと、楽天スーツで館内の寒さに凍えていようと、サンローランのスーツを翻していようと、素晴らしい美術品のそばでお客様に楽しんでもらいたいと思う気持ちは一緒だと思いますので!

わたくしも誇りを持って仕事に邁進していきたいものですね

「ミス・ポター」 

最近わたくし、ツタヤディスカスに入会いたしましたの。

我が家界隈にはいわゆるレンタルビデオ屋さんが無いのよねー
んで、うちはビデオデッキも処分してしまったし、もう映画を家で観ることは出来ないんだわーと勝手に昭和脳で思い込んでいたんですけど・・・DVDってプレステでも再生出来たのね

涙が出るほどアナログなワタクシの思考回路ですが・・・

いや、まあ、だったら、ということで。

最近今後の人生を楽しむものは何かと考えることが多くなりましてね。

美術館めぐりに加えて映画鑑賞を楽しむツールとして自分の余生に加えることにしました!
そうそう、映画、好きだったもんね。わたくしこれでも。

そんな訳でツタヤディスカス、駆り放題プランに入会し、これから色々観ていこうということにいたしました。
コチラのプランでは月約2000円で借り放題というプランですね。
リクエストしておくと2枚ずつ送られてくるというシステム。

で、一番最初にリクエストしたのがコチラ・・・

1411181.jpg

「ミス・ポター」 2006年米国 (2007年日本公開)

以前観て湖水地方への憧れを募らせた映画。
懐かしいわぁ、これ試写会で当たって観に行ったんだった!!

言うまでもなく世界の絵本、ピーターラビットの絵本を描いた作家・ベアトリクス・ポターの半生を描いた映画です。
超大金持ちのお嬢様として生きてきたベアトリクスですが、当時は考えられなかった職業婦人として自分の人生を切り開きます。

順風満帆の人生と思いきや、まさかというところで人生最大の悲劇に見舞われ・・・それでもその後も暖かい絵本を沢山描き、その莫大な印税であの湖水地方の土地のほとんどを買収します。

当時湖水地方に襲い掛かり始めていた開発業者から守るためにです。
自分のためではなく湖水地方を愛するすべての人の為にです。
これがまた素敵。

ちなみにこの競売シーンはワタクシの一番好きな場面(笑) ポター△!

でもそうしてくれたことであの美しい光景が守られたんだなーと、本当の湖水地方を観てから観るとまた何か違うものを持ってみることが出来ますね。

1411182.jpg

昨今どうも派手派手しい映画が多い感じですが、こういう丁寧に作られたしっとりした映画は本当にいいですねぇ。

それにしてもこのポター役のレネー・ゼルウィガーって凄い女優さんですよねぇ。
なんというか例えば日本の場合、女優俳優って何を演じてても結局その人の感じが残るんですけど、この人、全く役柄の印象が違う・・・。シカゴの時とか、もう体型が別人ですしね。女優魂を感じます。

とにかく素敵な映画。
わたくしの新たな映画鑑賞人生の第一本目にふさわしい素敵な一本でございました。

次はこれまた趣味に走りすぎの「パリルーブル美術館の秘密」を観る予定。

11回目の結婚記念日&記念品♪人生初・クリスチャン・ルブタン♪ 

nau家は11月15日、11回目の結婚記念日を迎えましたですよ。

いやはや。

はやいもんですなぁ。あの日からもう11年かぁ・・・という感じですな。
今年の15日は土曜日でしたので夕食はレストランに食事に行ってきました。
隣の若いカポーはまだまだ付き合い始めて日が浅い感じでとても初々しく。
自分たちの熟年度を感じましたわ(笑)
自分たちにもあんな時期があっただろうか・・・と遠い目をしてしまうわたくしでしたの。

さてさて。

記念日となれば当然こじつけるのが(笑)記念品。

今年は・・・

1411171.jpg

・・・念願のこちらを

1411172.jpg
「ママしゃん!むーんでしゅっ!!」 まいがスマホに飛びついておる・・・
「おふらんすのお靴ですのよ」

クリスチャン・ルブタンのパンプス~

こちら、新宿伊勢丹→ルブタン銀座本店→銀座松屋、と渡り歩きやっと出会えた最後の一足でございました!!
あんまりこうした太いヒールのタイプって無いんですって。

まあね、あの攻撃的なセクシーさを持つ細いヒールにレッドソールがかっこいいんだし・・・。

14111173.jpg

これぞ、ザ!ルブタン!! 
(あ、ザ、じゃねーな、フランス語だもんな・・・ルブタンは男性名詞か?女性名詞か?)

わたくしが手に入れたものは、ちょっと邪道なヒールの太さかも知れないけど・・・でもわたくしのような「ルブタンを履きたい、でもあの細いヒールでは日常的に怖くて履けない」 (それにうちの近所って石畳が多いのよねぇ)という庶民感覚ルブタンファンが結構いるようで、このタイプ、出るや否やたちまち売れてしまったのですって。
しかも当面の再入荷の予定はナシ。
わたくしのサイズ36(23cm)、黒、MISTICA60 JAZZ、CALF素材は正真正銘これが最後の一足!!

この靴が似合うのはやっぱり程よく筋肉のついた引き締まった体と脚ですよね。
引き続き筋トレを頑張って似合う体を目指さなきゃ

ちなみにやっぱり今の体型の憧れは

yone.jpg

にゃははやっぱりこのお方(笑)

ちなみにこの衣装の靴もルブタン~ピンヒールで「攻める」タイプのものカッコイイ!

ワタクシ、あらゆる無駄が削ぎ落とされたババアを目指します

体脂肪が増えてしまった・・・orz 

先月は一日おきにジム通いして順調だったわたくしですが。

今月に入って最初の連休でちょっと風邪を引いてしまいジムにいけず、そのままお仕事週間になってしまったのでなんと丸9日ジムに行かない日を作ってしまいましたの。

・・・んで、昨日9日ぶりにジムに行ったのですが。

明らかに筋力が衰えている

バックエクステンションの重さは10月最後で87キロまで挙げられていたのですけど、昨日は82キロで一杯一杯な感じでしたし、アブドミナルに至っては37キロまでいけていたのに34.5キロでギリギリでした

本当にちょっとサボるとテキメンですなぁ・・・
というか、これだけ頑張って現状維持ってことはジムに行かなかったら私の体型はどんなになってしまうことなのでせう!!

恐ろしすぎる。

ジム中毒じゃないけど、もう止めることが恐ろしくて出来ない・・・

と、まあちょっと青くなった昨日。
怖かったんですけど、今日は戒めの為に体脂肪を計りに行ってきましたの・・・

・・・嗚呼!!

体脂肪が21.1%に増えてしまいました・・・

(一言言わせて頂くと筋肉量も同時に増えてはおりましたの。一気に1キロ位増えていたので筋トレのやり方を変えたのは明らかにいい効果があったといえました)

なんということでしょう・・・

まあ実質的に増えたのは0.2%なんですけど・・・21という数字がイヤ。21という数字がッ

・・・今年中に20%切りは不可能かとちょっと弱気になったのですけど。

思い出してみたら6月から7月の一月で脅威の2%減を達成したという実績がわたくしにはある!!

ということで残り2ヶ月も無い今年ですけど、わたくしまだ諦めずに20%切りを目指しとうございます。

ちなみにモデルが欧米の人ですのでまんま日本人のわたくしに当てはまらないかと思いますが一応参考にしているのがこちらのチャートでございます。

taisibou.jpg

一応今は21%で右上の状態なはずですけど・・・もうちょっとポチャッとした感じなんだよなぁ・・・質感がさ。
めざすのはやっぱり15-17%のボディですな。
カッコええ~!!

そういえば美魔女のナントカさんって言う人は体脂肪11%だか12%だかと書いてありましたけどホントですかね。
この図からしたらありえないんですけど・・・

どうでもいいけど50%の人、腹にタトゥを入れているけど、どの体脂肪の状態で入れたものなのかしら・・・気になる。

筋肉増強の超回復理論によれば筋肉を増やすには一日おきに筋トレをするのが最適だということなのですけど・・・

体脂肪が増えてしまっている訳ですし、有酸素運動に関しては毎日やっても構わないものでありますので・・・。
昨日行ったけど、今日も行っちゃおう!!

今月はね、いわゆる「103万の壁」にぶつかりそうになってしまった関係で7日しか仕事に入っていないのですよ。
・・・なので、少し自分絞りに集中いたしますかね。

がんばろー