東京マンション生活・・・一歩前進 

ここ数日まるで訴訟準備(ま、したことないから正確にはわかんないけど)のごとく、住民からの質問へのQ&A準備などに追われているnau。

住民のほとんどが理事会に好意的っぽい雰囲気ではあるのですけど、やっぱり一部にはやはりクレーマー体質な方もいらっさる訳で。
まあなんにしてもあれですよね、絶対になんかグダグダ言わないと気がすまないタイプって居ますものね。

そんな訳で「あーいわれたらこーいう」マニュアルは日々厚くなっている感じ。

もう真面目に考えちゃう我が家としては毎日嫌な気に囚われまくりですよ(涙)

・・・でもそんな日々に本日希望の光がさしました。

現在敵対?する管理会社から「例の件についての損害分は全額当社で負担します」という文書が来たのでございますよ!!

わおーーーーやるじゃん会社殿!!


えっと、例の件、というのはですね。

管理会社主導で進めたことによりウチの管理組合が損害を受けちゃったんですよ。

で、それについての損害分は会社で払ってちょうだい!と主張していたのですけど、なかなかアッチもウンと言ってくれず。

なんでかというと・・・

管理会社主導で、とはいっても最終的に承認してしまったのは管理組合であり(前期の)住民だということになるんですよね。

そこが辛い。

なので責任は問えない、というのが当方の弱点。
あくまで会社の誠意を見せて欲しい、という形でズイズイ押しておりました。

強要も出来ず、さりとて引く訳にもいかず。

でも今回はさすがに主殿すごいなーと感心しちゃったりして。
感情は抑えつつ、無礼にならず、かつ圧迫感を与えつつ(←体格じゃなくね)、上手くコトを運んだ形になりました。

すげー。アタシだったら絶対たちまちキーーーッとなって話を滅茶苦茶にしてしまいそうでしたよ。

さすがにいつも外人相手に交渉してるだけあるじゃん!!

とりあえずこの件に関しての補償が確保されたことで今のお悩みの一つが解決した形。
小さな小さな一歩ですけど、停滞していたのが前進したのは本当に嬉しい!!

・・・さ、後はまた理事会内の打合せだよ。


あつまらねーんだな、これが(涙)

東京マンション生活・・・愚痴りたくもなるわぁ 

このお休み二日間はマンションの理事会活動で終わりました(涙)

なんかねー、やっぱり愚痴っぽくなりますねぇ・・・とほほ。

(以下愚痴)

more...

東京マンション生活・・・回答が欲しい!!「苦肉の策」 

相変わらず我がマンションの「コンシェルジュサービス削減or管理費値上」問題は解決への道がアッチコッチへと脱線しまくりです。

まあ色んな住民から戸別に希望を言われるのですけどねぇ。
まあこればかりはウチの独断で決められませんので(決められたらどんなに楽か!!)結局は多数決で!!原則はこれだけなので今私が思い悩んでも実はどうしようもないのですけど、やたらと真面目に真剣に考えてしまう損な性格の私なのであります・・・。

ただね、「足りないから、じゃあ値上ね」ってのは余りに安易というか。
なんか「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」と仰せになったと噂されるかつての王妃の時代の政治とさして進化しない方法のような気がするし、何しろ明らかに無駄だと思うサービスの維持の為にボンボン管理費値上を進めてしまっていいのかってのがありますよね。

値上げで皆納得するならウチは楽ですよー。でもねぇ。

コンシェルジュサービスが欲しいという数人の為に全員が管理費の値上の負担を甘んじるかって言ったら、それは違いますよね。
(でもそういう少数派がまた強く主張するんですよ・涙)




前振りが長くなりましたが、まずは今、住民の意見としては

「値上をしてもいいから現状維持」を希望している人が多いのか、
「値上は先送りでサービス内容見直し」を希望している人が多いのか、

まず大まかにそれを把握することから始めることにしました。

(↑私の調査では後者が多いような気がしたんですけどねーでも理事会内でも報告が済んだ後になって異論を唱える方もいらっさるのでねーあー何だか二度手間)

これはもう本当に住民全員の意見の傾向を知りたいのでなんとしてでも回答率100%欲しい!!
でも前回のアンケートで62%・・・うーむ。それでは足りない。
どうやったら皆が回答してくれるか?!

・・・と悶々と悩んで出した方法がこの苦肉の策↓

0710251.jpg


エレベーター内投票用紙~~ (ドラえもんの口調で!)

ウチのマンションはエレベーターが一基、しかも一階には住まいが無いので全員が絶対に乗ります。
なのでもーココに投票用紙があればぜってー見るだろう!!と一縷の望みをかけた訳。

左の用紙には

仮に値上をするとしたら幾らまでなら納得出来るか

・月3,000円以上でも可
・月2,000円~3,000円なら可
・月1,000円~2,000円なら可
・月1,000円までなら可

とりあえず値上は先送りし、サービス内容の見直しを検討したい


という欄を設けてあります。
この希望の欄に右の表にセットしてある黒いシールを各家一枚、張っていって貰うという方法です。

右のシールには階数とその階の部屋数分のシールの枚数をキッチリ数えてセットしてありますので、ぱっと見て「あ、○階の人、あと1人投票してない」というのが分ります。

もうね、本当は部屋番号も書きたかったんですけど、そこまでするのもなんかなーというもう1人の私の声が聞こえて・・・

(ちなみに投票欄に張られたシールがどの階の人かは特定出来ません。シール自体は全部同じものですので)

あと表には小さな鉛筆(ゴルフ場でスコアを書く時に貰うやつね)を数本セットして意見のある方は直接書き込めるようにしておきました。

期間は本日より三日間。

勿論これはあくまで意見の傾向を知る為のもので決定するものではないということも明記してあります。

でも傾向を知るって無駄な動きをしない為には重要ですよね。
だって、実は住民の8割が「値上してもいいからサービスを!」と望んでいるのに理事会で「値上はきっと反感を買うだろうから」と「削減案」について一生懸命検討していたりしたら無駄ですから。

さてさて、本日から3日間、この強引極まりない投票方法に結果はどうでるのでありましょうか?!




いやーしかし最近よく頭の中をジュリーの「勝手にしやがれ」が巡りますわ~~あぁあ~ああああ~あああ~♪

東京マンション生活・・・コンシェルジュ一日体験 

昨日ワタクシ、当マンソンの受付を一日やっておりました。

0710231.jpg


いねは一日留守番でしたが。

なんでそんなことをしていたのかというと。

何度も申し上げるとおり、我が家は今期マンションの管理組合の理事長をやっておりまする。

まー、築2年のマンションといっても色々細かい問題が出て来る訳ですよ。
ま、うちが色々口煩いというのもあるのですけど。
でも最初なぁなぁの組合活動にしてしまうと後々困りますからねー。

で、そんな大小色々な問題の中の一つがコンシェルジュサービスの存在でありまして。

うちはそんな高級マンションじゃないのに気取ったコンシェルジュサービスなんていうのが売りだったらしいんですよ。
でもね、常にポーターを要するようなおセレブな方が住んでいるわけじゃなし、コンシェルジュサービスなんか使ったこと無い!という声が結構多くて。

で、組合として全戸にアンケートを実施したのですが、やはり「外に聞こえがいいだけで全然活用されていない」という声が多かったのですね。

コンシェルジュサービスを維持するのはかなりの管理費を投入することになります。
管理会社の方に見直しを求めているのですが、どうも管理会社としては次の同じシリーズのマンションにもコンシェルジュを置く為にもウチのマンションで実績を作りたいのだか、まー、頑として譲らないんですよ。

「コンシェルジュサービスがあるから当マンションを買った、という方も居ますので(←これが後には「居るかもしれませんので」になった) 

(コンシェルジュサービス=クリーニング、宅急便の取次ぎ等がメイン)

とね。

・・・そんな人居ませんでしたけど?!1人も。

住民が皆求めているのは、有人管理という形態と掃除がきちんと行き届いている環境だったんですよね。
それでも頑なにコンシェルジュ維持を主張する会社側に痺れを切らしたワタクシが

「それじゃあ一日私がコンシェルジュサービスを体験してもいいですか?」

と申し出た訳ですよ。
そんな訳で一日コンシェルジュになった昨日ワタクシだったのですが。


・・・コンシェルジュサービス一件もありませんでした。

結局やったのは掃除だけ!

・・・ま、予想通りでしたけどね。
まー、これの為に一体どの位の管理費を投入してしまったのだか・・・。
もう実態を把握してしまったから会社が何を言おうが組合も譲りませんよ。
我がマンションにコンシェルジュは要らず!必要なのは管理清掃員!!
しかもフルタイムでは必要ありません!あの内容なら半日居て頂けば結構!!
こうすれば相当の管理費の節約になりますよ。

是非次回の理事会で決着を付けたいと思っています。
某庁じゃないんだからさー「人の金だからいい加減に使ってもオッケー」的な考え方は改めて欲しいものですよね。

(ちなみに現・コンシェルジュの方と私は懇意で。この方は別に解雇されても別のマンションを紹介して貰えるから「私の立場は考えなくて大丈夫ですよ~」と仰って下さっています)

・・・しかし一日コンシェルジュ見学を申し出た時の会社側は相当焦っていたそうです。ま、そらそーですよね。
ああ、相当うちって、会社に嫌われているんだろうなぁ・・・。

でも誰かが嫌われ役にならないといけない時もあるしねえ。

映画のはなし・・・「エディット・ピアフ」 

本日は観たかった「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」を観てきました。

「愛の賛歌」は好きな曲だし、彼女の人生も本で読んで凄く関心があったので楽しみにしていました。

パリの貧民街の路上で産まれ、幼い頃視力を失うも奇跡的に見えるように。生活の為に街角で歌っていたところを見出され、あっと言う間にパリの歌姫に登り詰める。
栄耀栄華を満喫するも常に恋人や愛人には裏切られ、先立たれ・・・それでもひたすらに見返りを求めない愛を与え続けた孤高の歌姫、エディット・ピアフ。

・・・というのが私の中のイメージだったんですけどね。

んー、なんかちょっと依存心の強い感じに描かれていた感じかな。
愛を与え続けた、というよりは愛を求め続けた、人でした。

あとちょっと作り過ぎな印象があって肝心のピアフの気持ちが見えてこなかったんですよ。
なんていうかね、時代がコロコロと移動するんですよ。
最初、現代(というか晩年ね)で幼い頃の回想シーンから入って話が順々に進んでいく位ならいいんですけど、成長したと思ったらもうボロボロの最後の頃になったり、また幼い頃に戻ったり・・・
それについていくので忙しく。

すいません、単純なもので。
一度に一つのことしか出来ない単細胞でありますの。

映画も2時間半あって、ちょっと長かったです。

うーん、映画はちょっと期待ほどではなかったけど、でもやっぱり彼女の歌は凄く好き。
音楽をあまり好まない私がそういうのだから、きっとスゴイ曲なんだと思います。

本のはなし・・・本日の3冊 

今日は久しぶりに本屋さんに行きました。

本屋さんに行くとどうしてもダラダラと色々買ってしまいます。
本当はこんな本を買うつもりは無かったのに気付いたら3冊・・・。


0710175.jpg

「ペットと一緒におでかけ」

これは一冊まるごとワンコとお出掛け情報について網羅した本。
後ろの方に宿泊も出ていますけど、前半はほとんど近郊でのワンコと一緒に行ける施設の情報。

公園、ドッグランは勿論、動物園、水族館、遊園地、百貨店やモール、アウトレットモールまでのワン連れ情報を網羅!
頼もしい一冊です。

さすがに動物園はワン連れOK少なかったけど、今度行こうと思っていた八景島シーパラダイスはワン連れ大丈夫みたいですね。ビックリ。
(ま、もっとも屋外のみのようですけど)

でもお預けサービスもあるので、もしかしたらいねも一緒に行けるかも?!と今ちょっとワクワクしています!!

ちなみにお食事処はナカナカ素敵なイタリアンがちゃんとありますよ。

マナーよく利用して、ワン連れOKエリアが拡大して貰えるようにしたいものですね。




こちらはうっかり買ってしまった2冊(笑)

0710176.jpg


「脳を鍛える!書き込み式地図ドリル」


「大人の漢字力脳ドリル(中級編)」


漢字ドリルはちょっと自身があるので中級編を買っちゃいました♪うふ

          ↑
          バカ?

これ、待ち時間が長い時なんか重宝しそう。
今月、絶対に待ち時間が長い!!という外出があるので、その時に使おうっと♪



↑さっさとやれよ

映画のはなし・・・「パーフェクトストレンジャー」 

先週の土曜の話ですが「パーフェクトストレンジャー」を観に行きました。

いや、本当はね「愛の賛歌」を観たかったんですけど、レイトショーやっていなくて。
最終回が7時台で・・・。

もう一つ見たかったのがこれだったので、観てきました。

で、感想ですが。

ああ、確かに最後の7分ちょっと、私は騙された、って感じでした。


映画を観て思った感想

・ハル・ベリーはショートカットの方がカッコいいなあ(←007)
・ブルース・ウィリスはやっぱり飛び降りてこそ、ランニングでこそ華があるなー
・ちなみに別にブルース・ウィリスでなくても良かったんじゃないかしら・・・(←失礼)
・ハル・ベリーのキャスケットを被った目元って後藤久美子みたいな雰囲気があるわぁー
・そのウエストはナンなのよ


・・・という感じでしょうか。

あ、どうしよう、全然映画の感想になっていない。

というか何か書けばすぐにネタバレになってしまいそうなので。

という映画でしたよ。
そんな感じ。

雑誌のはなし・・・ねぇ、うんちょすは?! 

最近の主婦雑誌のカリスマモデルって何故か皆様離婚されますね・・・。

STORYの黒田チエコさん然り、VERYの秋本祐希さん然り・・・。
あ、離婚ではないけど、やはりVERYに出ていた某有名人の奥様のカリスマモデルが麻薬所持で捕まったり・・・。

そして今日は花田美恵子さんが離婚・・・。あいやー

なんだかスキャンダラスな香りを感じ無くも無い、最近の主婦雑誌たちですが・・・。

この「Saita」はまだ波及していないのでしょうか。
うーん、この表紙の方が離婚したらまた物凄い騒動になりそう。
ま、離婚しなそうですけどねー、絶対。

0710044.jpg


ちょっとこのギラギラした感じが苦手なのですけど(苦笑)、特集の組み方が上手くてつい買ってしまいます。たはは~

今月はもうそりゃアナタ、当然

「ペットがいるからこのスタイル!」

ああん、もう、なんていうお砂糖臭漂うコピーなの!!

そんな訳でつい買ってしまいましたが。

0710045.jpg






・・・私には上級過ぎました。

ま、ちょっと冷静になればすぐ予想がつくだろうに、油断しました。
こんなオサレスタイル、私にとっては百貨店レベルですよ。ったくもう。

そんな訳で私には結局あんまり参考にならなそうです。(←最低)

しかしねー、コレに出ている読モの皆様もまー、オサレスタイルで決めているのですけど、そのピンヒールで犬を踏んだりはしないのでしょうか。
私はちょっと怖いなぁー。

それに小脇に抱えるそのオサレなバッグにうんちょすを入れるのでしょうか?!

もしやこういうオサレな人達のワンコは人前でうんちょすなどしないのでしょうか?!

おお、おそるべし!!

映画のはなし・・・「ある愛の風景」 

今日は「ある愛の風景」の試写会に行ってきました。

なんというか、重い映画でした。

エリート軍人の兄とロクデナシの弟がいまして、兄には美しい妻と可愛い二人の娘が居る訳ですよ。
弟は強盗未遂でムショ暮らしをして帰ってきたばかり、そんな設定から話が始まります。

軍人の兄はアフガニスタンに赴任することになりその赴任先で乗っていたヘリが撃墜され、死んでしまいます。

・・・と伝えられます。実は生きているんですね。捕虜として捉えられてしまったんですよ、悲惨なことに。

で、その囚われの日々の間に死ぬほどの恐ろしい出来事を体験してしまう訳です。

で、その頃。

愛する夫の戦死報告を受け、失意のどん底に陥ってしまう妻と娘たちですが、それを支えたのがなんとあのロクデナシの弟で。

寂しさもあってか妻は夫の弟であるロクデナ氏に一度だけ唇を重ねてしまいます。

そんなある日軍に救出された夫がヒョッコリと帰還するのですが、どうにもこうにも以前の夫ではない・・・娘たちもそれを敏感に感じ取り・・・、ひと時の平和を取り戻した家庭がまた崩壊の危機に向っていくのですね。

・・・ああ、書いていても本当に暗くなってくるお話でした。

うーん、別に誰が悪いとか誰のせいとか、そういうのははっきり出来ないストーリーです。
ただ私個人の印象としてはちょっと妻の貞操が軽いような感じが・・・。いくら寂しかったとは言え夫の死から間もないのに仮に義理の弟といえども軽々しく殿方を近づけるのは如何なものかと。

凄く重い内容だったのですが、死の恐怖から這い上がる兄(夫)がジャック・バウアーに凄く似ていて。
しかも軍人なので銃の取り扱いなんかも詳しくて。

「俺はジャック・バウア~♪」の歌がちょっと頭をかすめてしまってしょうがなかったです。シリアスな話なのに・・・。

蛇足ですが、デンマークという設定だけあって、インテリアがとても素敵でした。
映画後半、夫が狂気の中荒れ狂い、手当たり次第家具を投げつけ、家の中を滅茶苦茶にしてしまうのですが、破壊される椅子がヤコブセンだったりして・・・。ああ、勿体無い・・・。

なんて重い映画を観た後の割りに割と冷静に書いちゃっていますけど。

実はね。

映画が終わってさあ帰るべ、と新橋駅の改札に入った瞬間、家の鍵が無いことに気が付きました!!しえーーーー

いつも入れているポケットにも財布にも無い!!

しえーーーーーさては会場のトイレで落としたか?!とパニックに。

ヒイコラと会場に戻り、もう閉まっているガラス扉を鬼の形相で叩いて中にいたおじさんを呼びつけ(←超迷惑)中に入れさせてもらいました。

トイレにもないし、どうしよう!!と真っ青になり、一緒に居た友人αに言われるままに半分ヤケになりバッグの中身をぶちまけたら・・・

いつもだったら絶対に有り得ないバッグの底にチョコンと居たのです。

ドコをどう考えてもバッグのこの場所に鍵があるはずが無いのですけど・・・。
とにかく一気にホーーーーーーッと脱力しました。

もうスタッフの方に土下座せんばかりに頭を下げ下げフラフラと帰って参りましたが・・・・。

シリアスな映画を観た後だというのに、イマイチ冷静なのはこんなオマケがあったからかもしれません・・・・



・・・明日、キーホルダー買ってこようっと。


友人α、スタッフのお二方、駅員さん、本当にお騒がせ致しました!!

映画?(演劇)のはなし・・・「大奥」 

今日は明治座「大奥」を観に行って来ましたよ。

明治座は去年10月の「黒革の手帖」以来一年ぶり。
今回は平日1人ということでチケットを取るのが遅くなった割には前から2列目、しかも花道の横の席が取れました!!

ち、近い!!

イキナリ役者が花道の床からニョーンと出てきたり、結構迫力です。

で、内容は。

幕末の大奥で、超ワガママな将軍ママンの江波杏子さんと大奥総取締役のお局・ゆう子姉さまが対立している中に浮世離れのおひい様ユミたんが御降嫁してくる所から話が始まります。

一応ドラマと同じストーリーですね。
詳細は端折りますが。

舞台ならではのちょっとしたトラブルとか台詞噛んじゃったりとか。
(例えばユミたんが輿から降りようとしたら女房装束の裳が引っ掛かってしまったらしく、ナカナカ出られなくて苦笑していたりとか)

映画も好きだけど、やっぱりお芝居っていうのは特殊。
お芝居のチケットって買う時は「どうしてこんなに高いのよ」と愚痴りたくなるのですけど、実際見るとまあ確かにお金が掛かるものだわね、と納得できます。

生でいちいち全部表現するんですものねーーーー・・・。

ドップリ日日常を堪能してまいりました。

明治座って歌舞伎座に較べるとなんかとっても親しみやすい感じですね。
歌舞伎座って何か構えちゃうんですけど、明治座ってある場所も下町だし、なんかのんびりした印象。
右手にあるお稲荷さんがまたいい感じ♪

カメラを忘れたので外にズラッと並ぶ役者さんの名前入りの色とりどりの旗を撮れませんでしたが、華やか!!

私はいねとの日常が大好きで大好きでしょうがないんですけど、ま、たまにはいね抜きのこうした非日常も悪くない・・・です(苦笑)