映画・・・「ゾディアック」予習必須! 

昨夜は「ゾディアック」を観に行って参りました。

勿論いつものユナイテッドシネマ豊洲であります。
ちなみに昨日の時点でCLUB SPICE カードのポイントが4.0でありました。
このカード、6本で1本無料になるのですが・・・

0.5ポイントの映画があるのかしら?!

さて、「ゾディアック」ですが。

これはもー、御恥ずかしながら昨日の「とくダネ!」の「エンタメ解体新書」のコーナーでおすぎさんが絶賛しているのを聞いて、そのまま受け入れて観に行くことにしてしまった映画であります。
単純にも程がある・・・・。

同じ映画館で「ダイハード4.0」の先行上映もあって、ちょっと迷ったのですがコッチを見てしまった・・・。我が家にこんな影響力があったのね、おすぎさんって・・・。ちょっと嫌だわ・・・。

さて、さて「ゾディアック」ですが。

ちょっと長めの2時間45分の映画ですけど、長さは確かに感じなかったです。それだけしっかりした内容だったのは確か。

ただ途中から登場人物と容疑者の名前が多すぎて頭がゴチャゴチャになってきて訳が分らなくなってしまいました。
もう一度観ないとちゃんと理解できないかも。

ので、これから観に行くのでしたら絶対に映画のHPをチェックして、とりあえずの登場人物等を把握しておくのが宜しいかと思います。
先週の「300」が余りにも単純明快で登場人物も少なかったので(いや一応ペルシャ軍100万人も居ましたけど)ちょっと大変でした。

しかし最初のいくつかの殺人シーンはかなり怖いモノがあるのですが、今よりはまた状況が違ったかもしれないとはいえ、アメリカで、あんなにも市民が無防備だったというのは映画だからなのかしらん?
明らかに怪しい車が近付いてきているのに逃げなかったり、車の窓を開けちゃったりするのですが・・・。まあ、その辺は映画だからかな。

なんかね、事件を追う彼がとっても無防備で家族を顧みない人で、こんな人が夫だったら確かに大変だろうなぁ・・・と、やけに現実的なことを考えてしまったりして。
だって明らかに家族に危害が及ぶかもしれない状況に陥るように自分でもっていっている割には、奥さんに「もう付き合いきれない、実家に帰るわ」と書置きされると壁を叩いて悔しがったり。

いや、そらー逃げられるでしょう。

てゆうか彼がそんなにも事件を追う動機というか理由が「知りたいんだ」みたいな、その程度だったので親身に感情移入出来なかったのかもしれませんが・・・。なんか、身を危険に晒してまで取り組む意欲としてはちょっと説得力に欠ける感じがしませんか?

おすぎサンが「後味は良くない」ということを言っていて、しかも監督が「セブン」のデビッド・フィンチャーだということで相当期待しておりましたら期待通りの最後でした。
後味爽快!を求める人にはとても不向きな映画だと思います。

本・・・「名作オペラ」久しぶりの少女漫画! 

ナニを隠そうnauは昔、漫画家を目指していました。
そして実は主殿も昔同じく漫画家を目指していたそうです。

似たもの同士というのはやはり巡り会うものなのでしょうか・・・

という考えがまた漫画チック。あはは

「300」以後、すっかり世界史にはまったワタシは本日日本橋丸善に赴きました。3月にオープンしたばかりの新しい本屋さんです。
3階までのフロアで3階にはカフェがあります。

流石に新しくて綺麗です。
昼間の日本橋という場所柄かオジサマが多い!!

ただビジネス・IT系のコーナーはかなり広く確保されているのですが、歴史のコーナーはややせまいかな。世界史~~・・・・

歴史コーナーで色々物色していた時に見つけたのがオペラを漫画で表した本。有名どころのオペラを里中満智子さんが漫画化したものです。
椿姫―アイーダ/リゴレット/マクベス」と「サロメ―ナクソス島のアリアドネ/こうもり/ナブッコ」の2冊。

もうね、超正統派古典的少女漫画画面で思わず即買い。
なんか昔の懐かしいものに出会ったような感じで(笑)

オペラは一度観てみたいと思いつつも、値段が高いし、その手の情報に疎いのでまだ挑戦したことが無いのですよね。でも大まかなストーリーやその世界を垣間見たいな~なんて思っていたので丁度良かったです。

一応元々「あらすじで読む名作オペラ50」なんて本もあるにはあったのですが、あらすじだけ読んでもあんまりピンと来なくて・・・。
でもこの漫画を読んだ後、また改めて読んでみたらすごーく良くわかって面白かったです!!

源氏物語もそうだったけど(笑)私のような単細胞アメーバ脳の持ち主には漫画からの導入ってありがたい。

それにしても・・・・「椿姫」っていうのは本当に悲しい物語ですね。
結婚披露宴での乾杯時に定番として使われる「乾杯の歌」ってありますけど、お話を知ってしまうとちょっと違和感を感じるかも・・・。
今までなんの疑問も無く聞いていましたけど。

今まで本当に何も知らずに生きてきたんだなぁ・・・

フラメンコ・・・西日暮里アルハムブラ 

昨夜はまた西日暮里にあるタブラオ(踊りを見ながら飲み食いする飲食店)アルハムブラに行って参りました。

相変わらず間近で観るフラメンコは凄い迫力です。
ただ今回はちょっと後ろだったので肝心の足が見えなかった(涙)
踊り手の数が多くて(6人)華やかな舞台でしたね~~

食事はまたフラメンココース4500円をお願いしました。
ここの食事はどれも美味しいのですが、アラカルトで選ぶのが面倒臭くていつもコースを頼んでしまいます。
松竹梅の竹にあたるコースなのですが、コレだと一応食べたいものが全部含まれます♪

以前バイトしていたワタシがお勧めするメニューは牛ミノの煮込みとパエリアかな。勿論コースに含まれます。
このメニューが賄いで出る時はもう嬉しかったな~(笑)

飲み物はサングリアが美味しいです。でも以前に較べるとちょっと薄くなったかしらん?薄いせいか、昨日は珍しく3杯も杯を重ねてしまいました。
そうそう、アルハムブラのHPからクーポンをプリントしていくとサングリアかグラスワインが一杯サービスされますので是非ご利用を♪
量もちょっとづつ少なくなったような気がします。
でも種類は増えましたね~コースにパスタも含まれるようになったし。

ちなみにこうしたタブラオでのマナーというか、見方はもう気軽に観て楽しめばいいだけです(笑)踊り手達の入退場の時は拍手をたっぷり。
ただフラメンコの手拍子はちょっと難しいので、演奏が始まったら拍手は控えて、ワインやサングリアを舐めつつ鑑賞しましょう。

7時からと9時からのショー、2回観ることが出来る割にチャージが500円なのでとってもお得だと思います。
ちょっと興味がある方は是非行って見て下さい♪

本・・・「300」その後。nau、世界史の偉大さに慄く 

すっかり「300」をきっかけにその辺の歴史に興味の湧いたnau家。
単純です。

その辺の・・・って。
随分アバウトな表現ですけど、その時代を一体どう表すのかさえ良く分からない世界史オンチっぷりであります。

我が家は歴史は嫌いではないのですが、それも日本史に限った話。
主殿も日本史を選択していたようですし、私はそもそも「同時に二つのことがこなせない」単細胞アメーバ脳。
世界のコッチでこんなことが起きている頃、アッチではこんなことがあって、後々それがこう絡まって~~となるともう頭がパンク。

06191.jpg

「ママンは単純ですものね~~」

でもね、やっぱり歴史って知っておくべきよね、と改めて映画を観て思っちゃったりした訳で。そう考えると単純極まりなく、人によってはあまり宜しくない評価を出されている「300」も自分にとっては大いに役に立った映画であります。

もう今となっては全く受験に関係無いのですし、のんびり興味を持った時代から復讐して行ってみようかと思います。
あ、あとは世界史の流れを大きく把握する為の本も読んでおいた方が良さそう。

で、とりあえず取り掛かってみたのがその名も「若い読者のための世界史」!!あらん、若くないけど良いかしらん?

これは一冊で古代からほぼ現在までの流れを大雑把に解説した本でありますが、文体が面白くてサクサク読んでいます。
イキナリ「きみたちは・・・・かね?」という語り口調!!
馴れ馴れしいんじゃーー!!と最初「きぃー」となりましたが、コレが結構面白くて。

それにしても「きみたちは・・・かね?」というお子ちゃま向けな文体の割には分厚いし、文字もちっちゃいのです。
してみると大人が読むのもある程度想定されているのか知らん?
このアンバランスさが久々のヒットを予想させています(笑)

あともう一冊。これはもうそのまんま。「スパルタ史―紀元前950-192年」・・・・あはは、本当に単純。

表紙にレオニダス王がばばんと載っていて思わず手に取ってしまいました。
しかーし!!内容は・・・難しいです(涙)
とりあえず映画の舞台になった「テルモピュライの戦い」あたりからかいつまんで読んでいます。
ちょっとずつ拡散して読んで行こうかと。

でもその「テルモピュライの戦い」が含まれるペルシア戦争とはなんぞや?という疑問を解決しようと調べ始めたら、ペルシア帝国とはそもそもなんぞや、と言う疑問が湧いてきてしまって、いやおう無くペルシア帝国設立の経緯のおさらいに至ってしまって・・・どんどん「300」からは離れていってしまっています。ありーーー

いやー、世界史って偉大です。
壮大なるライフワークのテーマになります。
こんな単細胞アメーバ脳で太刀打ち出来るシロモノではないかもしれません。


・・・というのが今日の感想。 (←それだけ?!)

映画・・・「傷だらけの男たち」 意外な共通点発見 

シネマLIVE!というサイトで当たった試写会に行ってきました。

今回はちゃんとポストチェックをしていたので(笑)ちゃんと行くことが出来ました♪
(前回の当選の時はポストを全くみておらず、試写会当日、しかもその時間にハガキの存在に気付いた)

本日の映画は「傷だらけの男たち」というの。

お久しぶりの金城武が出ています。

えっと、なんか始まって30分で結末は分りますが、とにかく金城武の魅力で引っ張る1時間51分でした。
という感じで。
ワタシは金城武割と好きなのでまあ持ちました。

結構グロい始まり方なのでそういうのが嫌いな方にはお勧め出来ないかと思いますが。
グロでいうと前回の「300」もグロいっちゃグロいのですけど、「300」はかなーりCG入っていますからあんまり抵抗がない感じ。
これは結構生々しいです。

ワタシはどうも外国映画は名前がゴッチャになってきちゃうお馬鹿さんなのですが、今回も例に違わず・・・
単純な映画を好む癖はこれに起因するのかも。とほほ・・・。

まあとにかく金城武がかっこよく描かれている映画でありました。
好青年もいけますけど、ワイルドなのがまたたまりません。

映画のHPのプロフィールを改めてみてみたら金城武って、台北天母の日本人学校に通っていたのですね。
なんとその時期わが主殿も同じ地域に住み、同じ台北日本人学校に通っていたのです!
06182.jpg

↑恐らくここかと。

主殿は金城武の一年後輩にあたり、台北滞在は4年ほどだったのですが、少なくとも3年位は重なっていたはず!!
・・・という事実をさっき帰宅した主殿に話しましたら本人もビックリしておりました。ああ、もったいなや(←ナニが?!)

元々割と好きな俳優さんでありましたが、またまた一気に親近感うPでファンになってしまいました(笑)

語学に堪能な上にかっこよい金城武殿は、もう日本のドラマには出てくれないのでしょうか~~

映画・・・「300」 面白かった!! 

昨夜はユナイテッドシネマ豊洲「300」を観てきました。

いやいや。一言で言って。

面白かったです。

我が家の映画の嗜好は「単純なのが好きなので」(笑)
コレに尽きるのですが、まさにこの映画はその嗜好にドンピシャで。

ウチはいつもレイトショーを利用するのでどうしても頭がシャープに働かないのです。
なのでもう本当に単純に「起・承・転・結!」という内容で正義が勝つ!みたいな内容じゃないと眠くなってしまう・・・。うわ、バカっぽいッ!!

高尚な監督や製作者には鼻でせせら笑われそうな観客ですけど。
ウチにとって映画ってそういう娯楽なんだもの!!
昔は「俺の感性を分らないやつは俺の作品を観るな!」的なものばかり好んで観て、必死にその感性とやらを理解しようと努力していたものですけど・・・
最近トシのせいかそういうのって疲れるようになった。あはー

なんだか装飾過多(←すごいの)なペルシャの王様率いる100万人の連合軍に立ち向かう滅茶苦茶強い300人のスパルタ兵士が「ありえねーだろ」という位バッサバッサと敵をなぎ倒して行くのが本当に単純で面白かったです。

ああいう肉体派な殿方って自分の周りにはあまり居ないタイプなので(笑)ナカナカ新鮮でオバチャン的には美少年ゾロゾロな映像よりも「んふー」な感じでしたわ。
後で知ったのですけど王役のジェラルド・バトラーって「オペラ座の怪人」の怪人役だった人なのですね。
あの時はやたらと胸毛が印象的だったのですけど、今回は胸毛が無かったわ・・・。胸毛の代わりに物凄い肉体美でしたよ。いやはや。
ダヴィットの絵のレニオダス王のイメージそのままの肉体派オジサマでした。

06172.jpg


肉体派オジサマと共に印象に残ったのが途中に出てくる訳の分らない生き物の数々・・・。
サイキターーーー!!!
ゾウキターーーー!!!
○○キターーーー!!!

・・・とこんなん来ましたけどー、というような荒唐無稽な生き物が場バンババンと現れます。ありえねー・・・

もう本当に頭を空っぽにして楽しめる映画かと。

でも帰宅してからその頃の歴史なんかをちょっと調べてしまったりして。
我が家には歴史の流れを知るべく、高校の歴史要覧なんかがあるのですが、それで確認してしまったりして。
でも勿論ほんのちょっとしか出ていないから、また本を借りるなり買うなりしてこの辺の歴史をちゃんとおさらいしたいよねーなんて盛り上がっていたりして・・・。
多分映画化ということで大分歪曲して作っているのでしょうからまあその辺のちゃんとした歴史のお勉強というのも大事でありましょう。

そういう意味では「監督の感性万歳!」の映画よりは後々に残る映画だったと思います。

あー面白かったぁ♪

構想中 

当初はこちらのブログではインテリアや東京での万村生活について熱く語るつもりでした。

でも入居前のあの熱さは流石に入居して数ヶ月経つと冷めてくるもんなんですよねー
何となく日々のつれづれ日記みたいなことを書くようになってきてしまっております。

犬以外の日記、って感じになりつつあって。

なんかちょっとしまりが無いなーとこの数週間思っていたのですよねー。
どうせだったら何かテーマを絞って作っていった方が良いような気もするしー、でも折角毎日ここを訪れて下さる貴重な方もいるからここをイキナリ閉鎖するというのもなんだしー、とかはっきり言って人から見たらどーでもいいことを悶々と考えているんです。

タイトルの「憧れのワンコたん生活」というのはとても気に入っているのですけど、コレってもう既に「やまとなでしこ」の方で書いていることだよなーとか。

・・・実にどうでもいいことですよ、ハイ。

「憧れの・・・」「憧れの・・・」うーん、なんだろうなぁ。
ナニをテーマにしたらいいのかなぁ・・・。

なんて考えながらここしばらくの記事を読み返していたら何となく映画とか本とかゲームのことなんかを書くことが多くなって来たような印象がありまして。

元々本は好きだし、映画も好きだし(実は自主制作映画サークル出身!!)、読書日記とかそんな感じの記録にして行った方がまとまるんじゃないかなー等と考えてみたりしています。特に今年は映画を沢山観る!というのが目標の一つだし。

・・・なのでこの数週間でちょっとずつレイアウトとか内容とかが変わってくるかもしれませんですがビックリなさらないで下さいませ。

って、別に本当にどうでもいいことなのですが。ハイ。

どっぷり趣味の世界に走っちゃうというのもブログの世界だから出来ることですよねぇ。
それも面白いかなぁ・・・・

DVD・・・「八つ墓村」 

今日はしばらくぶりにレンタルビデオに行ってしまいました。
いや、すごい、久しぶり。

現在の住まいに引越してきてから丸一年以上経ちますが、近所にあるちーっちゃなレンタルビデオショップが気になってはいたのですが、こう、なんていうの、ツタヤっぽくない閉鎖感(つまり小さい)にどうも敬遠していたんですが・・・。

どうしてもどうしても「八つ墓村」の映像作品を見てみたくなってしまい・・・。
凝り始めるととことん突き詰めていってしまう傾向が強いアタクシ。

本当は1997年の市川監督のものを観たかったのですけど、それは無くて。
昭和53年の古谷金田一のものを借りました。全5回のドラマ作品のようで終わりに

ひゅ~~~ドロドロドロ~

という怪奇なBGMとともに次回あらすじが出てきます。

昭和53年というとアタクシはえーっと、小学校に入る前ですので流石にこんなドラマを観た記憶は無いですねー。
時代を感じるんですけど・・・・ってことは自分の幼い頃ってこんな風俗だったのね、とまたちょっとショック。

今日はとりあえず前編のみを観ました。洗濯物畳みながら。
ナレーションが棒読みで面白かったです。

なんでもこの作品に関しては殺人の動機が原作と違うみたいですので後半も楽しみに観ようと思います。

出来たら全作品観てみたいものですねー。





でも今日初めてのレンタルで会員証を作った時になんともいえない不安感を感じました。
個人情報丸流しですものね。こういうのって。
昔は無造作に作っていたものだけど・・・いい時代だったなぁ。

怪しい人になりたい 

nauはコドモが苦手である。

ていうか、「大嫌い」

大体そういうことを公言すると

「アラー自分の子だったら可愛いわよーとにかく産んでみなさいよー」

だの

「そういうことを言う人に限って産まれちゃったら凄く可愛がるのよね」

だのと声高に仰せになる方が必ず居ますが・・・


・・・うるせぇよ

じゃあ昨今巷で連発する子殺しはどう説明するってぇのよ?!


・・・と怒鳴りたいのをグッと押さえて「はぁはぁ、まぁ、そうかもしれませんねぇ」と常に相手の調子に合わせてしまう平和主義なnauであります。

犬が好きでたまらない人と見るのも聞くのも大ッ嫌いな人が居るのと同じようにコドモに関しても好き嫌いがあって当然のはずなのに犬に関しては

「飼ってみたら可愛いと思うわよー」

という台詞は聞いたことが無いさ。あぁ、無いさ!!

人には色んな過去から来る価値観ってものがあるはずなのですけど、どうもコドモに関してはそれは許されないようですわ。

とにかくどう言われようと苦手なものは苦手なんですよ!

ところがなんと皮肉なことにどうもnauはコドモ(あえてガキといわないところに平和主義を感じて下さいませ)に好かれる傾向にあるらしいのです(涙)

天性のお祭り娘であるいねのお散歩時間は近所の公園の「朝犬会」なるグループと一緒にならない時間を選んでいくようにしています。
そうなると午後2時~4時位の間になるのですが、この時間、公園はコドモだらけ。ひーーーーなんでオフィス街なのにコドモがこんなにいるのでせうか?!という位コドモ密度うP!

そんな中を散歩していると、毎回必ずコドモがワタシの周囲に集まってくるのですよ!!
勿論いねを見て「わんちゃーん」「かわいいーー」とかそういう理由で集まってくるんですけどね。

でもでもでも!!!

他の同じようなプリチーなワンコ連れの女性でも全くコドモが寄り付かない人だっているじゃないですか!!

何故ワタシに寄ってくる?!何故だよ?!チルドレン?!

なのでもっとゆっくりいねと散歩を楽しんだり、写真を撮ったりしたいのですがそれは許される訳もなく・・・
「あ、もう行かないとー」とかナントカ言いながら逃げ帰るハメに陥るのです。なんで公共の場所なのに滞在を許されないの?!

実は昨日もコドモがこのアタクシにへばりついて離れなかったのです(涙)
この辺は割と呑気な地域なのか、知らない人に平気で話しかけるし個人情報も垂れ流して(←住んでいるマンションなどを勝手に喋ってくる。止めて)くるのですが、昨日も全く初対面のアタクシにまるで親戚のオバサン状態でへばりついて離れないんですよ(涙)

ほうほうのていで逃げ出しましたが、もっとゆっくり「八つ墓村」を青空の下で読みたかったのに・・・・

帰宅した主殿にそんな話をしましたら「nauってさ、優しそうな人にみえるんだよー」と嬉しくない感想を言われました。
・・・確かにまん丸の顔にまん丸のぬかるんだような瞳にちんまりとした鼻と口を備えていれば、間違っても「きりっとした」という形容詞はつきませんがな。

確かにほっぺの辺りをプニッと押せば中からカスタードクリームが出てきそうなツラはコドモ受けは良さそうだな。

うれしくねぇ・・・・

思わず昨夜は真剣に「いかにしてコドモに警戒されるような容姿を演出するか」を考えてしまいました。

警戒される=怪しい人ってことですよね。

怪しい人グッズと言えば・・・。

帽子+サングラス+マスク

でしょうか!!

さすがにこの季節マスクは辛いので、まずは帽子とサングラスから始めてみましょう!!

レッツトライ!!
効果があったらお知らせします(笑)

しかしコドモ達よ、知らないオバサンに個人情報を公開するのは止めておくれ・・・・まじで。