イタリアに向けての準備!!単眼鏡と縮毛矯正 

もう何も手につかない昨今のわたくし。
とにかく割り切ってイタリア旅行への準備に没頭しております。

毎年旅行ではしょうもないものを買い捲って無駄にすることが多いのですけどw
今年も結構無駄になったもの(バッグとか)がありますが~

これは多分無駄にならないでしょう!というものがこちら・・・

170641.jpg
ホントに無駄になりましぇんかぁ~?

アートスコープ!単眼鏡ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ビクセン 単眼鏡 「アートスコープ」 H6×16
価格:13770円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)




もうこれはミケ様の呼吸を感じる為にねっ!!

これはヨドバシアキバで買ったんだけど、この単眼鏡があるコーナーでアレコレ見ていたら店員さんが「何にお使いですか?」って問うて来たのね。

わたくし、即答で

「システィーナ礼拝堂の天井画を観るんですけどッ(フンッ) 

と言いましたらこちらを薦めてくれましたの。
ちょうどミュシャ展をやっている時で「大きな絵画だそうで、それを観る為に買われる方が多いんですよ」とのこと。

じゃ、それでしょ!ってことで。
大分予算オーバーだったんだけど・・・(ホントは5千円位で買いたかったの)即決!

1706021.jpg

ああ、これでミケ様の息遣いも感じることが出来るわ・・・うっとりんこ

もうね、今毎日天井画と最後の審判に関する本を読みまくって予備知識を仕入れているのだけれど、礼拝堂に入ったらもうそういうことは一旦置いておいて、とにかくミケ様の息遣い、500年前のミケ様の存在を感じようと思っておりますの。




そしてもう一つ大事な準備を済ませました!

わたくし、薄毛の上に凄い癖っ毛なのですよね。
旅行中はとにかく段々髪の手入れが雑になってくるのもあいまって毎年毎年ひどい髪の毛の状態で旅することになっておりました。

1706022.jpg

乾燥しているヨーロッパだと言うのに、顔にかいた自分の汗の湿度で髪の毛がうねってこんな状態になるという・・・
で、毎年急遽ヘアピンなど買って押さえるのだけど、それだってダサダサの極みで・・・

今年はもう絶対に同じ轍は踏むまい!と決めていたので旅行ひと月前に前髪と癖の出やすい顎下部分にだけ縮毛矯正パーマをかけようときめておりまして、先日かけて参りました!

1706023.jpg

嗚呼それにしても前髪すら少な過ぎて、なんと百会の辺りから前髪を作っている悲しさよ・・・

よし!これで髪の毛対策も済んだ!
それにしても旅行期間中もいつも綺麗にしている人ってどうやっているのかしらねぇ・・・

はぁ~~それにしても気持ち的にはもう旅行が終わってしまったかのような気分になりかけているわたくし・・・
あとひと月でこの楽しみが終わってしまうなんて・・・
わたくしの旅行の楽しみって、7割位が準備なのかもしれない(苦笑)

イタリア旅行の洋服計画出来ました・笑 

もう本当にしょーもない程にイタリア旅行の準備に明け暮れる昨今のわたくし。

もう後ひと月ちょっとだと思うと気もそぞろで何も手につきませんのw
ここしばらくとにかく何もかもがイタリア旅行を中心に回っております。
これ位楽しめるならあの旅費も惜しくないですワン




さてさて。
今度のイタリアの服装計画がやっと完成いたしました。
去年、思いっきり服装計画を見誤った為に常に自分に自信が持てない状態で旅程をこなさなくてはいけなかったわたくし。
これはヨーロッパにおいては非常に不利な心理状態なのよね。

170521.jpg
いや、しかしやっぱりオランダは街の中のお花が見事ね

(とにかくあるもの全部着込んでモコモコになっている上に癖っ毛の髪がうねりまくり最悪の気分。やはり笑顔が卑屈になっているw)

ただでさえ極端に顔が大きいわたくし、顔の小さい西洋人の中ではそれだけでも負い目を感じざるを得ない状況なのだ。せめて鎧くらいしっかり整えて戦に臨みたい。(え?戦?)

ということで本当にしょーもない記事ですがw今年のイタリアの服装計画をアップップ~




初日。成田ローマフィレンツェの大移動日

fuku628.jpg

もう捨てる直前の黒Tと同じく捨てる直前のチノパン。
捨てる直前だけあってもう十分体に馴染んでいて着易い。
クタクタだけどアイロンで糊を効かせればあと一回位は大丈夫w
黒&ベージュはきちんと見えるのも○

機内の寒さ対策には先日買ったユニクロのウルトラライトダウンで対応!




2日目 フィレンツェ市内観光&ジョットの鐘楼&美術館数箇所

fuku629.jpg

これまた捨てる直前のダイアンフォンファステンバーグのブラウスにユニクロのクロップドパンツ。
もうクタクタヨレヨレ&色褪せだけど、これまたアイロンをキッチリかければ後一回いけるっしょw
ジョットの鐘楼に登ってパタパタと風を受けた時にたっぷりとした袖がいい感じになりそうなのでチョイス←スィーツ




3日目 美の殿堂 ウフィッツィ美術館で1日

fuku630.jpg

一番お気に入りのナラ・カミーチェのブラウスと黒パンツでイタリアと美術品への敬意を表してみた(^^
この日はミケ様の絵画、「聖家族」とも対面するので気持ち的に正装の気分よw





4日目 フィレンツエ市内観光とお買い物

fuku701.jpg

「冷静と情熱のあいだ」で登場した場所を巡りつつお買い物を楽しむ予定!
このシフォンのブラウスは実は凄く涼しくて暑い場所で実に重宝しております。
灼熱のシンガポールでも快適に着られた位!他の色も欲しかったなー。




5日目 フィレンツェからローマへ電車移動&ボルゲーゼ美術館

fuku702.jpg

ユニクロの黒キャミワンピに白シャツ。
この黒ワンピ、とにかく着易くて便利。確か期間限定価格で1900円とかそれ位だったと思うんだけど、とにかく便利。
ハワイに行った時も水着の上に羽織ったり、便利に使えました。これももう一着買っておけばよかった。

前回予約無しだったにも関わらず入り口のおばちゃんの温情で入れてもらったボルゲーゼ美術館、今回はちゃんと予約済みですw

予約を代行してくれる業者さんがちゃんと居るのね。
申し込んだら直ぐに手配してくれました。手数料1000円ですがお勧めです。
アーモイタリア




6日目  この旅行のハイライト!バチカン美術館&システィーナ礼拝堂

他の日はほとんど何らかの着回しアイテムがあるけど、この日だけは別格!!
この日はこの日だけに用意したおべべでミケ様との対面に挑みますの!!フンガー

もう気分はミケ様出席の合コンに出る気分よ!!!!
(すっごい合コンよね、想像するとw)

fuku703.jpg

礼拝堂という神聖な場所への入場ゆえ、五分丈の袖、ロングスカートで露出は少なく。
男性好みだったというミケ様の好みを意識して~
ボーダーTシャツでちょっと少年ぽさを演出ぅ~
でもボートネックでほんの少し鎖骨を出してみて女性らしさも忘れずにぃ~

・・・と、とくとくと語りながら写真を撮っていたら主殿もお米姉妹もドン引きしておりました。

放っておいておくれ!!

ま、上下共にユニクロなんだけどねw
ネイビーのボートネックTシャツにシフォンスカート。
いつもいい加減ユニクロから卒業したいといいつつも旅行の時ってユニクロ重宝しちゃうよね。




7日目 コロッセオと市内遺跡&お買い物

ああ、なんだかこうやって書いているだけで旅行が終わってしまったような気分になるわ。

・・・気を取り直して。

fuku704.jpg

この日はコロッセオを皮切りに市内の遺跡とお買い物を楽しむ日!
暑さに負けず歩き回るぞー!!
5日目のワンピの上にZARAのシャツ。このシャツはなんとなくWMターナーみたいな感じがしてお気に入り。
すっごく薄い素材で涼しい!




最終日。嗚呼、終わってしまった・・・涙 ローマから東京へ・・・

fuku705.jpg

行きと違って乗継なしの直行便なので気が楽~

マキシワンピでゆったり。
これ今年買ったんだけどすっごく楽でラインが綺麗なの!!
機内は楽も大事だけど、きちんと感も少し欲しいところなので迷い無くこちらをチョイスw




んーなんか全体に青いコーディネートでまとまったわね。
辻仁成派かw

まあこの計画なら去年ほど惨めな気持ちになることも無いはず!

うわーん、でもこうして書いただけでホント、もう旅行が終わっちゃったかのような気持ちになって寂しくなっちゃった!!

もうこれで本当に旅行が終わっちゃったらわたくし、抜け殻になりそうw

システィーナ礼拝堂に向けて~ミケ様が好き!! 

以前もちょっと書いたんですが、わたくしはルネサンス3大巨匠の中では一番ラファエロが好きでした。
後の二人はなんとなく「バカ女は我の作品を観るではない」と言ってきそうな感じがしていて、その点ラファエロは「いいんだよ、バカだって君の個性さ」と言ってくれているかのような雰囲気を感じておりましたゆえ。

とはいえ、この夏に行くイタリア、ローマでのハイライトはバチカン美術館。
そしてバチカン美術館のハイライトといえばシスティーナ礼拝堂でございますね。

なので下調べnauとしましては一通りは調べておかねばと、ざっくりとシスティーナ礼拝堂のことを調べ始めたわけでございますの。

そしたら・・・










どハマリw





もう、もうね!!ちょこっとだけのつもりだったのに、礼拝堂が出来るいきさつ、そしてミケ様の製作によるあれこれ、続いて最後の審判に至るまで、どれをとっても超ドラマでさ!!

嵌って嵌ってダンダダン。

もうどうにも止まらない~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山本リンダ ベスト&ベスト
価格:1470円(税込、送料別) (2017/4/18時点)




持ち前の執念深さ真面目さで本は勿論映画まで観まくり、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

華麗なる激情 [ チャールトン・ヘストン ]
価格:1749円(税込、送料無料) (2017/4/18時点)



↑めっちゃよかった!!めっちゃよかった!!ミケ様惚れる!!

過去の「美の巨人たち」の録画分からミケ様のものを穿り出して観たり。

遂には珍しくこんな小難しい本まで手に取り読みふけってしまう始末。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミケランジェロの暗号 [ ベンジャミン・ブレック ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/4/18時点)




この本読み進めていったら、ヤマザキマリさんのルネサンス期の画家列伝でミケ様は「ユーモアが無くて真面目なだけの絵」と書いてあったのですけど、全然そんなことないじゃん!!て感じで。
あんなに意地悪くwブラックなユーモアを大真面目に書き込んでいるめっちゃ面白い人じゃないですかー!!

それでもやっぱりこの本難しくて、特に宗教がらみの解釈になるととんとお手上げなので、果てはアートレクチャーの家庭教師にまで来てもらう始末。

どこまでわたくしをだめにするの、ミケ様・・・

最初は一回のつもりで頼んだのですが、もう全然足りなくて、今日、2回目に来てもらったのですが、それでも足りなくて、次、また5月にも来て貰う事になりましたw

ミケランジェロがこのシスティーナ礼拝堂にどのような暗号を隠したのか、そのメッセージを受け取るためのこちら側の基礎知識をレクチャーして頂いておりますの。当時の社会情勢を始め、観るポイントも・・・

最近ではシスティーナ礼拝堂入った瞬間、わたくし、泣いちゃうかもしれないと真面目にビビッております。

あのとんでもない仕事をほぼ一人でやり遂げたと言うだけでも涙ものです。4年、やりたくも無い仕事を黙々とやり続けたということだけでも惚れる。その背中を想像するだけで超萌える。

まー絶対好きになったとしてもふられちゃうだろうけど・・・くすん

1704181.jpg
(ていうかそういう対象としてみるか?!わたくし!)

そしてミケ様にフォーリンラヴしてからというもの、あんなに好きだったラファエロがそーでもなくなってしまったわたくしの女心。
ごめんなさい、サンツィオ、貴方はわたくしの運命の人ではなかったの・・・と図々しいことを思わないでもないのだけど(思うのか!)なんか、以前のように熱い気持ちにはなれませんでねぇ。

人の心ってのは不思議なもんだ。

いやとにかくシスティーナ礼拝堂でミケ様に見られても恥ずかしくないようにもっともっと知識を付けておかないと!!
きっとね、きっとね、あの礼拝堂の天井のほうからたまに下を見ているような気がするの!!
そこで「お、あいつは俺の暗号を読み解いたな」とか「愚か者が、素通りしておるわ」とか思っているんじゃないかと思うのよね!!

ほんの少しでもミケ様が込めた気持ちを読み解けるようにもっともっと調べておきたいわ~

全くもう、このおばちゃんったらまるで恋人に会いに行くかのような気持ちで旅を指折り数えておりますのよw

旅行まであと80日を切りました

※アートレクチャー S女史による個人教授 2時間7,000円(交通費込)
 ご興味ある方は非コメかメールでご連絡下さいまし

これからの旅行にむけて~やっぱバッグ買っちゃったw 

Mちゃんに高笑いされそうですが(→いつもお互いの無駄な買い物を競い笑いあっている) 、結局先日買った旅行用バッグ(付録)は無駄買いになってしまいましたの。

「安物買いの銭失い」を地で行く女nau・・・なぜもこう学ばないのだわたくしは

そうなの、結局ね、あのバッグ、 「やっすいやつやん!」なだけあって、持ち手が物凄くぺらくて華奢で、多分マッチョな彼に引っ張られたら

touchbond.jpg
↑分かる人は同世代 今はもう完売らしいタッチボンド、ご存知?

ブチっと切れちゃうそうな感じがしてね。どうにも不安になってきてしまいまして、結局この数週間、暇さえあればペチパチと検索するか、バッグ屋を見ると立ち寄り探しまくっておりましたのね。

探すっていっても・・・わたくし的にはそんなに難しい条件のつもりはなくて・・・

フツーのショルダーバッグでよかったんですけど、意外と無くてねー

外側にノートが入れられるオープンポケットがあって、
マチは薄めで、
色は薄めのグレーかベージュで、
メイン部分はファスナーで閉められて、
ポケットが多めで、
重さは300g(付録バッグは160gでした)で、
値段は5,000円以下・・・

ってこの程度なんですけど。

でもこれ主殿に言ったら
「お前そりゃ『えー結婚相手の理想ー?別にフツーでいいんですぅー、フツーに身長175cm以上でフツーに年収600万以上でフツー以上の大学出でフツーの会社にフツーの正社員でーその位フツーでいいんですぅーって言っているのと同じ位難しくね?」と言われましたが・・・

そうだったらしく、なかなか運命の彼とは出会うことが出来なかったんです。

でもね!遂に先日、運命の彼と出会うことが出来て!!

ただ一つ、値段だけは妥協したのですが、それでもいい位理想の彼でしたの!!

1704091.jpg
「彼ですの」

紹介します、わたくしの彼のシャルルです。

1704092.jpg
「シャルルですの」

嬉しい日本製ですが、なぜかブランド名シャルルジョルダンw

1704093.jpg
「ノートのポッケもありますの」

外側にオープンポケットが2つもついている心憎さ!!

1704094.jpg

内側の作りも完璧です!!
勿論持ち手もしっかり頼りがいのある感じ!!

斜めがけにしてももっさりと主張せずにわたくしのバデーにそってくれるしなやかさ!!

1704095.jpg
「ママン色に染まる彼ですの」

そして重さも300g以下という条件をクリアーの280g!!パーフェクト!!

この微妙におばさんチックな雰囲気をかもし出すデザインもよろしい。
なにしろわたくしはあと少しで四捨五入したらアラフィフになるゆえ、あまりヤングな雰囲気を残したデザインだと痛いおばさんになってしまう。

とはいえ完全なるおばさんバッグって感じでもなく。

そしてそこはかとなく漂う品の良さ。
流石の日本製の丁寧な作り。

完璧です!

遂に完璧な彼に出会えました!!

値段が18,000円と、予算をサクッとオーバーするバッグだったんですけど、それを補って余りある魅力に満ちた我がシャルルでございましたの。

まあどうせこれから旅行は一杯行くつもりなので、それのお供と考えればよござんす。

↑今までどれだけこの言葉を借りて無駄遣いをしてきたことだろう

まあよい。

とにかくこれからの旅行はこの新たな彼、シャルルと楽しむですよ!!

次の旅行に向けて~機内の快適さのために 

旅行まで100日を切ってわたくし的にはいよいよ「直前」な意識の昨今ですの。

1703181.jpg

嗚呼、ボッティチェリの初期作品、これは数年前上野の東京都美術館に来たのよね。
再会するのが楽しみだわ。


え?早いて?w

昨年旅行中、涙が出るほどモサい格好で写真を見返すのも悲しくなる位だったわたくし、今年は服装計画もしっかりしないといけませんし、もう大変、大焦りですー

ということで旅行用の買い物も着々と進んでいる訳でございますよ。

んで、最近買ったものがこちら

1703292.jpg

旅行用品の超スタンダード、ユニクロのウルトラライトダウン。

1703291.jpg

グレーのMサイズ。

実はこれ8年位前から持っているのがあるんですけど、それ、Lサイズでね。
(わたくし、どうにも水鳥さんのことを思うと簡単に捨てられないのよね・・・)
主にジムに行く時に羽織っているのでちと汚れているし、これはもう旅行用として一つ今の体のサイズにぴったり合うものを用意しても良かろうと思いまして。

主にこれは機内で羽織る用ですが、昨年のオランダのように思いがけない寒波に見舞われた時用でしょうかね。
昨年もこれがあったら、これを含めたコーディネィトを考えていたならば、あんなもっさい格好で過ごすこともなかったはずなのに!!

1702035.jpg
最悪や・・・なんだこのグルグル巻き、着込みまくりのもっさいBBAは

とタラレバおばさんになるわたくしw

なのでオールマイティなものに合うようにグレーを選びました。
本当はピンクっぽいのが可愛かったんですけど・・・まあこれならどんな色とも合うし。

今後すべての海外旅行での相棒となるジャケットとなるでしょう!

よろしくな、相棒!!

これからしばらく旅行準備ネタが続きますw

次の旅行のために~エヘヘ、バッグ買っちゃったw 

当然最近はイタリア関連のサイトばかりを見て旅行の準備をしておりますわたくしでございます。(注・旅行は7月w)

すると・・・とにかくイタリア、ことにローマというとスリの話が出てきまして。

2014年に行った時・・・そんなに危機を感じなかったけど・・・地下鉄に乗らなかったからかな?
それとも治安がやっぱり悪化したのかな?と言う位とにかくスリ多すぎ!的なレポばかり。

うーん、スペインに行った時もそれこそ「ホテルから3歩出たら殺されるんじゃないか」位な印象でいたのだけど、別に、全然!!って感じだったし・・・。

まあでも警戒していくに越したことはありませんので色々と準備は怠らないつもりでおりますの。

んで、ここしばらくの懸念事項だったのが「街歩き時のバッグ」でしたのよ。

ここ数年もっぱら斜めがけバッグを使っていたのですけど・・・

なんか、もっさいのよね。全体のシルエットが・・・

1702035.jpg

去年のオランダ。予想外に寒くてあるもの全部着込んだ上にストールぐるぐる巻き、そして斜めがけバッグ&手提げ袋と、とにかくもっさい。

なんかねー友達とも「うちらさ、もう少し洗練された大人の旅スタイルってぇのを追求した方がよくね?」って話し合っていて。

色々洋服計画を立てて、(注・旅行は7月)その服装に合うバッグを、そしたら少し華奢な感じのバッグを、でも斜め掛けに出来る方がベターで斜め掛けにしてももっさい感じにならないようなデザインで、かつ防犯性も高そうな・・・

と、めちゃくちゃ難しい条件で探しまくっていたのですが。

ありましたよ!一昨日見つけちゃったんです!そして即ポチ、で、昨日届きました!密林すげー

1702031.jpg
なんと雑誌の付録ですの

そうw なんとまさかの雑誌の付録。900円也。

1702032.jpg

アデュートリテス・・・?知らないブランドだけど・・・

レビューを見ると「安っぽさが否めない」とか書いてあったけど、安っぽいって、安いんだからしょーがないじゃんw

そしてこの場合その「やっすいやつやん!」(宮川調)がかえってありがたいのね。

チープ感はともかくも大きさと色はいい感じです。もう少し明るい白が良かったけど、これ位抑えたグレーの方が色々合わせやすいかもしれません。安い感じだけに白だと余計に悪目立ちするかも。
ショルダー部分がまたやっすい感じで付け根の縫い目が弱弱しかったので自分で補強しました。

でも作りは実に理想的!

1702033.jpg

わたくしはこのサイズのノートで毎回旅のしおりを作っていくのですが、このノートがすっきり入る大きさというのが必須条件でしたの。サイズ感は満点です!

そしてこれまた大事な条件も満たしていました!

1702034.jpg

このノートは頻繁に出し入れするので、出来たらメインの財布や大事なものが入っている部分とは別の、「外ポケット」的な場所に入れたかったのです。
この点も満点ですね。両側がファスナーなしスペース、真ん中にファスナーありのスペースがあります。

両側のファスナーなしスペースには片側にこのノート、もう片側にハンカチ、ティッシュ、リップなど頻繁に出し入れし、かつ盗られてもさして困らないものを入れられます。

真ん中のファスナー付スペースにはお財布とスマホを入れる、と。

軽いし、色も合わせやすいし、大きさも作りも理想的、これでまさかの900円!
雑誌の付録ってあんまり興味なかったんだけど、どうしてどうして、結構いいじゃん!!

旅の街歩きバッグの問題は解決であります!

次の旅行に向けて~旅を楽しむ体力作り 

ハワイが終わってすぐでなんですが・・・w

もうわたくしの関心は次のイタリア旅行にシフトしております。

年々この夏の旅は充実度と期待度が増しておりまして。
わたくしの一年はこの夏の旅のためにあるといっても過言ではありませぬ。

前半半年は計画で萌え、後半半年は思い出に萌えるという。

そんな楽しみの旅行を十分に楽しむためにはまず何よりも体力が重要になってまいります。
なのでわたくしは次のイタリア旅行向けの体力作りを開始致しました。

といっても基本はこの数年わたくしはクロストレーナーを中心にしておりまして、これはいつも通り。
30分、重い負荷でみっちり漕ぎます。(機種にもよると思うけど負荷のレベルは20)

1702025.jpg

これで基本的な体力を培うのがベース。

んで、ヨーロッパ旅行に特化すると、このマシンが重要となってきますの。

1702022.jpg

ステップマシンですね。ただひたすら踏み踏みするという。

これが何で重要になるかと申しますと、ヨーロッパというのはとにかく螺旋階段が多いのですな。

1407169.jpg

↑これはロンドンでの階段だけど、まあとにかく螺旋階段が多い。
古い建物が多いから当然エレベーターなど無い場合が多い。

となるととにかく必要になるのが大腿四頭筋の筋力ですわな。
階段をいくら上っても大丈夫、かつ下っても膝が笑わないような強靭な筋力を蓄えておくと旅の途中での疲労度が全然違います。

ちっさな自慢なんですけど、以前主殿と二人ではとバスの猿島ツアーに参加した時のことですが。
猿島は日本軍が駐留していた小島でして、その島を徒歩で1周するというのがそのツアーのメインでした。
これがまた結構階段や勾配の多い小島だったのですが、グループの中でも高齢のわたくし達が一番スタスタと歩けておりました。ヤングな女子男子達は途中の階段や坂道で息を切らせておりまして、後半などはもう案内人のおじさん(とわたくし達)について来れない位で。この時、地味にでも鍛えておくとこんなにも違うものかと驚いた次第でありますの。

さておき。

そして今回向かうイタリア、フィレンツェにはこれがありますね。

1702026.jpg

「冷静と情熱の間」を思い出すわー竹野内豊めっちゃ素敵だったー

行ったことがある方はお分かりかと思いますが・・・このドゥオーモ、上まで上れるんですけど、これまた凄い階段をひたすら上るんですよねー

1702021.jpg

上るだけで終わるならいいんですけど、その後ビシバシ観光したいので。
やっぱりこれはちっとやそっとの階段などへっちゃらな大腿四頭筋を作っておかないとであります!!


・・・そしてさらに「イタリア」に特化した筋トレも加えないといけません。

それは

1702023.jpg

空気椅子  いやまじで。

だって2014年にイタリアに行った時にうんざりしたのですが、イタリアって異常に

1702024.jpg

便座が無い率が高いの!! コロッセオのトイレでも無かったわー

まあその当時でもジムで鍛え始めて4年、中腰は苦ではなくなっておりましたが・・・これ足の筋肉全然無い人とかきつくない?!
それに同じ旅行者でも欧米の方でかなーーーーーーりふくよかなおば様方が結構いたけど、彼女たちは一体どうやって用を足しているのかしら?

まあとにかくトイレで余裕で中腰、空気椅子姿勢を保てるようjなあんよにしておかないと精神衛生上、そして実際の衛生上、問題が起きそうなのでスクワット、しっかりやっておかないとね。

どこまで夏の旅行に掛けているんだって感じですけど(苦笑)

いいの。もう人生後半の余生だもん。
自分のやりたいこと、楽しいことだけを味わいたい!
その為と思うとお仕事も楽しくなるし!

いいこと尽くめ!