物凄い御夫妻@パリ・ジャックマールアンドレ美術館 

前のアップで最後かと思ったのですが、そうだそうだ!今回初めて行った場所で物凄く素敵な場所があったんだった!!ということでしつこくもうひと記事アップップ。

ja1.jpg

最終日の便が夜中11時でしたので昼間はゆっくり観光を楽しもうということになり選んだ場所。

ja2.jpg

こちら、ジャックマールアンドレ美術館という御屋敷でゴザイマス。

どちらかというとこちら、カフェで人気なのかな?

大銀行家だったアンドレ氏と肖像画家だった奥さまジャックマール夫人の実際に住んでいた大豪邸をそのまま美術館、カフェとして公開しています。

もうね、個人とはいえ凄いコレクションの内容なのです。
なにしろあのルーブル美術館から「ちょいと今年はウチ予算たんないんでーお宅であの絵画を買ってくれませんかねー」とか言われちゃうレベルだったそうで(なんという下品な口調であろうか)。

ジャックマール夫人は超超玉の輿ですわなー。
夫亡き後は世界各地を回って美術品を収集したのだとか。
と言ってもただ金にあかせて買いまくっていた訳ではなく、彼女の審美眼は相当で、名も知れず買ってきた絵画が実は後年ボッティチェリの作品だと分かったりする位の目利きさんだったようです。

このお二人にはお子さんがいらっしゃらず、その分の情熱も全て美術品に注がれたのだそう。
すごいわね、あの美術品達が子供代わり・・・さすがにこのご夫妻の前では「子供がいないなんて可哀相に」と言う台詞は吐けませんね。 それ言える人、相当だわ~

だって本当にルーブルに飾ってあるレベルの画家の絵がその辺にぼーん!ってあるんだもの!
わたくしの大好きなヴィジェ・ルブランの絵画も目の前にどーん!

基本的にこちらは写真撮影不可ですが一部

ja4.jpg

こんな楽しいコーナーが設けてありました(笑)

この美術館はミュージアムパスが使えないのですが11€出す価値は十分にある美術館です!
11€で日本語の音声ガイドも含まれていますのでお得ですよ。
(そういえば前日のヴェルサイユで借りた音声ガイド、わたくしのだけ途中から壊れやがりました返却の時に「にぃちゃん、これ動かなかったでー」と文句を言ったら「デゾレー」で済まされました・・・デゾレーじゃねぇよ、デゾレーじゃ。しかも壊れた音声ガイド、フツーに返却の山に混ぜやがったで

ミュージアムショップも可愛くて素敵でした。
自分へのお土産に買った青い絵本はこちらで買ったものです

この日のランチは勿論こちらの

ja5.jpg

カフェ・ジャックマールアンドレにて頂くことに。
並ぶと聞いていたのにすっと入れました。

こちらはキッシュランチ(17.8€デザート付飲み物別)です。
キッシュ、卵部分がまるで茶わん蒸しのようにふっくらしていて美味しかった!

わたくしたちは開館と同時に入って音声ガイドを全部聞いてランチまでとったので結局2時近くまで居たのかな?
でも楽しかったですわーあの空間!!素敵だった!!




あとはおまけ画像をいくつか・・・

最終日、ホテルまでお迎えが来てくれる約束でしたのでそれまでの時間つぶしにホテル近所にあるパッサージュを散策。パッサージュっつーのは屋根付きのアーケード商店街みたいな感じね。

paris1.jpg

こんな感じで可愛い雑貨屋さんや古本屋さん、画廊、カード屋さん、古切手屋さんなどがならんでいます。

paris2.jpg

色々細々したものを買っちゃいました(笑)




あと今回、前回ほどわんこに出会えなかったのですよーなんでかしら?皆バカンスに出かけてしまったの?

なのでこんな写真のアップのみですが・・・

parisdog.jpg

標識萌え。




今回良く使ったトイレ

有料トイレで1.5€から2€掛かるのですが、清潔で綺麗なトイレにはお金を出し惜しみしないわたくし達。
パリ内に何ヶ所かあるのですが、ある度に入っておりました。ホントに綺麗よ!

paris3.jpg




最後の最後にこちらの一枚。

pariine.jpg
「いい子でお留守番していましたの」

いやー、いねの先祖はかつてこうしてソファーに座っていたのだろうか・・・

(ヴェルサイユ宮殿、王妃の部屋にて)

しかしいねったら病院でのお泊まりの後、妙に鳴き方のバリエーションが増えたような気がするんですよね・・・なんだ、一緒に居た子達から習ったのか?!

Chartier(シャルティエ)@パリ・グランブールヴァール 

ちょうどパリの旅行の1ヶ月前ほど、とある旅番組で坂下千里子が10万円でパリ旅行をするという企画がありまして。

そこで安くておいしいパリのビストロに訪れておりました。
そこがChartier(シャルティエ)というビストロ。

なんと偶然にも今回のホテルがそのシャルティエのすぐ近くで!!

parismap.jpg

歩いて2,3分位?本当だったらメトロ乗りついで行くつもりだったのに目の前!
ホントびっくりでしたわぁ!

ホテルにダイニングが無かったので・・・

chartier2.jpg

結局連続4日間、夕食に通ってしまいました(笑)

ちなみにもう少し広範囲の地図でみるとこの辺・・・

parismap2.jpg

最初ホテルが判明した時、オペラ座からメトロに乗るのかぁ~とがっかりだったのですけど、結構便利な場所でしたよ。
なにしろメトロの出口の前がホテルでしたし(笑)方向音痴のわたくしでも迷いようが無い!
シャルティエの隣にはカルフールシティというコンビニみたいなお店があって。

毎日シャルティエで夕ご飯カルフールシティでお水とかを買い・・・という流れで。

わたくしも友達も冒険というよりは夕飯はのんびりしたいね、という考えで、しかも夕食はごく軽めにしたいという希望があり。
好きなものを自分のお腹に合わせて選べるのが有難かったです。
コース料理なんて食べきれないもんね、きっと

こちらこんなに本当に素敵な感じの内装なのですが・・・

chartier4.jpg

なんと1.90€(約250円)からメニューがあるんですよ!
ちなみに1.90€のお皿はキュウリのサラダ。
トマトのサラダ、卵のサラダ、緑のサラダなんてのがあるのですがどれも2からせいぜい4€位かな。

魚・肉はほとんど頼まず前菜としてのサラダと野菜料理ばかりを頂いておりました。

でもこれにパンが付くので結構お腹一杯になるんですよね。
パンは4人掛けテーブルで2人ずつ2組座っていても共用です(笑)
そう、ここ、とにかくどんどん相席になるんですよー!
まあそれもここの楽しいところですよね。

あと楽しいのが・・・

chartier3.jpg

メニューは全て日替わり。そしてオーダーはこうしてテーブルクロス代わりの白い紙に直接ウエイターさんが書きこむんですよ(笑)

んで会計はこの紙で計算するんです。
計算は暗算、計算機の人と様々。
なかなか面白いシステムでした。

メニューは全部フランス語の上に日替わりなのですが、シャルティエのHPからメニューをプリントして単語だけでも調べておけば大体分かるんじゃないかな?分からなくても頼んじゃって出たとこ勝負!って言うのもまた楽しいですしね(笑)

安いだけあって結構あっさりした料理だと思うので本格的なフランス料理、極上のサービスを求める人には全くお薦め出来ませんが、パリの下町っぽい雰囲気や旅行者や地元の人との触れ合いを体験してみたければ是非お勧めのビストロですよ

わたくし達も1日目には勝手がわからず、思わず「ペリエ二本」と注文したらウエイトレスのお姉さんが「二つ?!二つ?!まじで?!おっきいわよ!ほら!あれよ!!」と隣のテーブルを指さし・・・フランスでは0が一つ少なく表示されるのでわたくし達が頼んだ100というサイズのペリエは1000mlの大びんだったんです!びっくりして「一本!一本!!」と訂正するわたくし達。で、指さされた隣のテーブルのお嬢さん方も事情を察したみたいで思わず笑い出し・・・なんとも楽しく温かいひと時でした

一番最初入るのにちょっと勇気がいりますが

chartier1.jpg

この入口を入るとスグに席の采配を決めるダンディなおじさまが出てくるのでその人に人数を伝えれば席に案内してくれます。手で数字を表せば通じますよ

ちなみに若い店員さんはほとんど英語が通じますがおじいちゃん店員さんは頑なにフランス語なのかな?英語があんまり通じないみたいでした。

まあ色々善し悪しがあるけど、わたくし達的には本当に気に入ったお店でした。

是非パリを訪れた折には一度訪れてみて下さい~

初めてメトロでスリに遭う!の巻@パリ2013 

ただいまです

昨日無事に帰国しましたですよ。
時差ぼけ(いやきっと単に帰国便で眠れなかったからだけど)でいねのお迎え時間をすっ飛ばして眠りこけてしまうというアクシデントを起こしましたが(苦笑)

ええ、勿論無事だったのですけどね。

そうなんですよー!びっくりしました!わたくし、齢40にして初めてスリに遭遇したのでございますよ!!

ええ、勿論なにも盗られませんでしたけどね。

夕方ホテルに帰る時間の混んだメトロの中でなーんか尻のあたりに変な感じがあったのですよ。
なので痴漢だと思って「おやおや、さすが外国だと40のおばちゃんでも童顔に見えるのかね」などと呑気に構えていたのですが(テメーのケツなんか触るかよ!って感じだったでせうね・苦笑)、ドアのガラス越しにその辺りをみてみたらなんと隣に立っている青いシャツの坊主のにいちゃん(これがまた凄いイケメンなのが不思議)がわたくしのバッグのファスナーをメトロの揺れに合わせて少しずつ開けているではないですか!!

1307204.jpg

・・・そのポッケには日本語の地図しか入っていないんだけどにいちゃんには洋梨、ラ・フランスよ、と思いつつももちろんそんな複雑なことは言えないのでまじまじと見ていたのですがね。

財布は勿論バッグの中でファスナーはしっかり閉めた上にフックまでかけて更に手で押さえているし、

1305301.jpg
こんな風にファスナーをフックに掛けて開けられないように出来ます

バッグ自体も防犯ネットが内蔵されているのでナイフで切られても大丈夫という自信があったのでまあ冷静でいられたのですけど・・・。

やっぱり居るんですね、スリ。ホント、皆さまも気をつけて下さいね。

しかしこのバッグ、本当に優れモノだわ、と改めて思いました。
ちょっとおっきかった気もするんだけどね。
この一つ下のサイズでもいいかもな。



でもそれ以外は大したトラブルも無く楽しい旅行になりました!

1307201.jpg

普段はあまり雑貨屋で「かわいいーというタイプでは無いわたくし達二人なのですが、あっちではもう童心に帰って「かーわーいーいーを連呼して雑貨などを買いまくり(笑)

あ、ちなみに今回旅行は前回よりも大分フランス語が通じた感じがありました。
ま、色々聞き返されると聞き取れないっつーオチがもちろんあるんだけどさ。
もー早口すぎるのよ、フランス人って

あとから考えたらあそこでもう少しこんなことを言えば洒落ていたかな、とか思う所も結構あるんだけどさ。まあまあ合格点でいいでしょ

1307205.jpg
革命記念日の後だったのでシャンゼリゼ通りに国旗がズラーっとならんでいました。
この時期と、あと国賓やなにか大きな記念日以外は国旗が並ぶことはないそうです。


ちなみに今回の旅行を最後に本当にフランス語の勉強は止めようと思っていたんですけど・・・「これなら読めそう」とかなんとか言って絵画の解説絵本(上のお土産の写真の青い本ね)なんかを買っておりました・・・友達に「止めるって言っていなかったっけ・・・?」と言われて「おお、そうだった」と焦るわたくし。

うーん、まあ・・・ぼちぼちと・・・って感じで続けていきましょうかね。

でもやっぱり英語だなーというのは痛感しまして。
パリでも高齢の方は結構頑なにフランス語だけしか話さない感じなのですけど、中年~若年層はもう完全に英語ペラペラで!!

あー、やっぱり英語なんだなー、としみじみ思いましたですよ。

なのでこれから一年、英語頑張るですよ!

ふふふ。

実はね、この旅行で決めたのですけど、これから毎年この時期(毎年この時期主殿のアメリカ出張があるの)二人で海外旅行をしよう!ということになりまして。

二人とも美術館が物凄く好きで、今回もルーブル、オルセーと萌えまくったので、これから世界の著名な美術館を制覇していこう!と決めたんです!

大英博物館、ナショナルギャラリー、プラド美術館、ウフィッツィ美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館・・・ライフワークだ(笑)

という訳で来年はイギリスに行くことにしました!大英博物館&ナショナルギャラリー、そしてやはり二人とも大好きなピーターラビットの湖水地方巡り!!

旅行っていう(しかも通訳ナシ)目的があれば英語も頑張れそうです!

しかも今回の旅行、もう笑っちゃう位だったのですけど、本当に行動パターンというかペースが似ていることが判明して・・・5分前行動とか、お酒は飲まずにとにかく早寝(9時に寝てた)で体力温存とか、防犯意識が物凄く高いとか、荷物が大嫌いで(旅行前のキャリーバッグ、友達6キロ、わたくし7キロだった)メトロのチケット一枚でも要らなくなったらスグごみ箱に捨てるとか、決して潔癖性という訳ではないのですけど綺麗好きでバスの排水溝の髪の毛をしっかり始末するところとか洗面所の水滴も毎回キッチリ拭きあげるところとか、あと旅行中はとにかくメイクが簡素になってくるとことか(笑)・・・とにかく一緒に旅行して全くストレスを感じないタイプの二人だということが分かったのですよ。

そしてわたくしが下準備のヒト、友達が臨機応変対応型のヒト、ということも良く分かり・・・。これなら一緒に旅をしていくのに不都合はないね!と相成りました。
なかなかいないよね、そういう人って(笑)

これから一年、色々頑張っていかねば!




パリ日記は追々アップしますのでお楽しみに

onagawa fish  

先に購入した旅行用のバッグ、既に数回使ってみましたがなかなか使い心地が宜しい。
軽いし、使い勝手もいい感じ。自分の動きに合っているというか。



・・・ただなんか、真黒なのでちと地味というか・・・まあ地味ーなわたくしに似合うっちゃあ似合うんだけどさ。

なんとなくワンポイントが欲しいな、と思ったのでこんなものを付けてみることにしました。

1306271.jpg

これはonagawa fishというもので東日本大震災の復興支援活動の一環として宮城県女川町で作られている作品です。
これを作ることによって雇用を生み出し、売上は義援金に充てられます。
ものづくりで復興を支援していこうという・・・こういうプロジェクトを立ち上げられる人の行動力って凄いですよね。素晴らしいな、と感心すると同時に羨ましいです・・・わたくしなんかなんも出来ないまま今に至っていますもの



キーホルダーとストラップがあるのですが、わたくしはストラップタイプのものをポチしました。

ちょうどね、バッグのここの位置・・・

1306272.jpg

(なに?このいねのドヤ顔は?!)

外側の大きなポケットのファスナー部分に付けると凄く映えるかなって!

んむ、かわええ!!

ちなみにカラーはウォルナットとサクラがあるのですが、サクラにしました。
淡い色合いなので黒に合わせると目立つかな、と。




以下、妄想

カフェで隣り合ったパリジェンヌ (わたくしのバッグをみて)
 
  「まあ!可愛い飾りね!」

わたくし

 「まあありがとう。これはあの大震災のあった場所で復興支援の一事業として作られた作品なんですよ。こちらではもう過去のお話になってしまっているかもしれませんが、まだまだ日本は復興の途中で頑張っているんです云々・・・」(←フランス語)

ああそうさ・・・こんな夢のような展開がある訳は無い。夢をみたっていいぢゃない、にんげんだもの




写真を撮った後・・・

1306273.jpg

「いね、出てよ!」 「やですのッ!」  ケツ圧アップ!!

どんだけ袋好きなんだ・・・

おパリ用の街歩きバッグ購入~ 

あかん・・・こんなタイトルではまるでわたくしがフランス好き、パリ好きのスイーツ(笑)みたいではないか

ち・・・ちがいますよ、わたくしは別にフランス好きって訳でもパリ症候群予備軍でもありませんよっ!

わたくしは単なるフランス産の犬、パピヨンとルーブルの絵が好きでパリの下水道に関心があるだけにすぎませんのっ!!(←必死)

・・・などと言いつつもやはり楽しみなパリ旅行
旅行に備えてもう色々買い込んでおります(笑)

先日もユニクロに行って旅先で着るのに良さそうなレギンスパンツと黒のマキシワンピを買ってきました。

ま、パリにもユニクロがあるそうですけど。




あとこんなバッグも買ってしまいました~

1305302.jpg

今迄海外旅行の街歩きの時にはもう10年位使っている革のプラダのバッグを使っていたんですけど・・・

siri2.jpg

このバッグね

しっかり量も入るし、ファスナーで閉められるし、かけようと思えば鍵もかけられるし、とても便利なのですけど・・・いかんせん革なのでちと重いのですよね。
今迄そんなに重さを感じなかったのだけど、歳のせいでしょうかね、前回のシンガポールでちと懲りたの。

今後はもしかしたらもう少し海外旅行を楽しむようになれるかもしれないので、今回思い切って海外旅行用のバッグを一つ用意しようと思いまして。

海外旅行での安全性に特化して作られたこちらのバッグをポチ



そんな治安の悪い所に行くつもりは全く無いし、今迄スリや切り裂きに遭ったこともないんですけど・・・

これ、凄いの。

1305301.jpg

ファスナーはこうして簡単に開けられないようにフックにかけられるようになっているの!
そしてこの肩ひも自体にも切られないようにワイヤーが入っていて、しかも片方が取れるようになっている・・・ええと、つまりはカフェリードみたいにテーブルや椅子にひっかけることが出来るのです。 (←犬飼い特有の例え方)
勿論その取り外し部分の金具にもロックがかけられるようになっています。

切り裂かれても中身が出せないように生地の内部にはワイヤーネットが仕込まれていたり、スキミング対応のポケットなんかもあって、とにかく海外旅行での安全を第一に考えた作りになっているのです。
でもシンプルでそんなおダサなデザインでもないですよねぇ。

いつも使っているいねのお散歩バッグでもいいかなーと思ったのですけど、ちょっと小さくて。
海外旅行ってパンフレットなどを貰ったりして結構荷物が増えますので、これ位の大きさが無いとね。

そして重さも軽い!!これ重要!!

今回も沢山歩く予定(何しろルーブルとヴェルサイユに行くからね)!!
軽いバッグと底厚のスニーカーでばっちり楽しみます!

2度目のパリ・・・「いつ行くの?」「今でしょ!」 

これ、絶対今年の流行語大賞取りますよね(笑)

さておき。

そんな訳で4年ぶりにパリに行きます

結構今回は急にバタバタバタッ・・・と決まった話なんで、自分でもびっくりしているんだけどね

元々友達と「いつか」行けたらいいねー位な話をしてはいたのですけど・・・。
月曜にランチしながら「いつ行けるんだろうね~」って話しているうちに「今でしょ!」いや、それは嘘だけど(^^;

7月に主殿がまた毎年恒例?の出張でアメリカに行っちゃうことを思い出して・・・アレ、じゃあその間1週間って、わたくし、フリーじゃん、いけるんじゃん?

・・・で、決定。


いやさすがに主殿もちょっとびっくりしていましたけどね。

「アータの出張中、Cちゃんと旅行に行きたいんだけど・・・」
「ふーん、いいんじゃない。で、ドコ行くの?」

「・・・パリ」


1305241.jpg

「は?!」


てな感じで。まーでも呆れつつ「はー・・・パリねぇ・・・そぉー、まーいいんじゃん」と許してくれました。アリガトー

そんなこんなで今度は女二人のパリ旅。
前回余り行けなかったカフェに行きまくるぞー!!
行程は友達が今回初パリなので多分前回行った所と同じところに行く感じです。
でもわたくしももう一度じっくり味わいたい場所ばっかりだったからね。

前回はもう初パリに興奮して目が泳いじゃって泳いじゃって・・・味わうどころじゃなかったもん

早速パリガイドとルーブルの絵画解説書を買ってきてフランス語のCD流しています。

実は先週末我が家は哀しい出来事があってもうしばらく立ち直れん・・・という感じだったのですけど、意外に早く立ち直れちゃいました 

(あ、いねは相変わらずスーパーパワフル元気ですよ)


しばらくパリ旅行計画に没頭するぞー




早速・・・

【送料無料】るるぶパリ(’13)

【送料無料】るるぶパリ(’13)
価格:1,000円(税込、送料込)



こいつも!