おとなの基礎英語&あれやこれや@シンガポール 追記アリ 

ぼさっとしていたら年を挟んでしまったシンガポール旅行記。

・・・やっぱり駄目ね、わんこと動物達の記事をアップしたら満足してしまったみたい、アタシ。

なのであんまりいつものようなウイットに富んだ(は?!)文章をかく気合いが入らないので、思い出すままに箇条書きみたいに綴っていってみようと思います。

お暇な方、どーぞご覧下さい~




ラッフルズホテル

sin5.jpg

今回シンガポール航空に乗るのとラッフルズホテルに泊まるのが大きな目標でありまして。
全室スイート!全室バトラー付き!!世界のセレブに愛されれたホテル!!!

・・・ということで物凄い期待して行ったのですが。

うーん、庶民な我が家的には余り使いこなせないホテルでした。

sin3.jpg

フェルメールの絵画を意識してみた構図

お部屋とかもう本当に広くて(一番安いタイプの部屋だと思うんだけど)、インテリアもコロニアル調っていうの?とにかく素敵な感じで・・・ああ、こんなところで優雅に寛いでバトラーにコーヒーなんぞ持って来て貰ったらさぞかし・・・と思うのですがね、

sin4.jpg

・・・空間とサービスを活かしきれない我が家なの。 縮こまっているし、自分でお茶淹れてるし

主殿、到着後30分もしないうちに持参のパソコンで仕事始めるし(汗)

水回りがちょっと旧式でこれまた使いづらかったです。
シャワーカーテンが無いのが痛かったわー。結局風呂の後、風呂の床掃除をするわたくし・・・え?優雅なホテルライフ?なんの話ですか?

それにしても外国の風呂ってシャワーが固定だし、シャワールームのガラス扉の下の方は数センチ空いているし・・・皆どうやって使っているのかしらねぇ。謎すぎる。

sin9.jpg

それでもクリスマスと言うことで夜はロビーで合唱が行われたりしていてなんだか素敵な雰囲気でした。

sin13.jpg

入口の名物ドアマンのおじさんと記念撮影~。このおじさん、車が来ると忙しいのでなかなか写真のタイミングが難しくて・・・結局撮れたのは最終日でした。

しかし・・・ふむ・・・ちょうど2年前のコタキナバルで撮った写真とほぼ同じアングルなのでちと比べてみたのですが・・・

1301061.jpg

およおよ?!  やっぱりちょっとはスッキリしてきていますよね。

ほっぺの下のむくむくの肉が少し削げたような・・・

いやしかしおじさんと比べるとまた顔のでかいことでかいこと(号泣)




メガジップ

イッテQ!だったかなんだったかの番組でやっていたアクティビティを主殿がどうしてもやりたい!というので言ってみました。セントーサ島の山の上から海岸まで一気に滑り落ちます。

sin18.jpg

セントーサ島への生き方などは「地球の歩き方」に出ているので割愛しますが・・・
多分興味を持った皆さん一番気になるのは「手荷物どうするの?」と言うことだと思います。

山の上のスタート地点で受付、支払いを済ませた後、隣のベルトを装着する場所へ移動します。

sin20.jpg

ちなみにここで体重もチェック(笑)まさかこんな所で体重を計るとは!

体重を計ったら手荷物を預けます。大きな巾着にバッグなどを入れて係の人に渡し、もう一つの小さな巾着に携帯や財布などの貴重品を入れて自信が肩から斜めがけにしてかけてそのまま滑るのです。
(上の写真で主殿がかけている青い巾着がそれです)

sin17.jpg

出発直前。気分は森三中!

大きな巾着は海岸に到着するころには別便でちゃんと届いていますので手首に巻かれた紙に書いていある番号と照らし合わせて受け取ります。

これはもう無条件に面白かった!
わたくし、高所恐怖症なんですけど、それでも面白かったです。おすすめ!




水族館とドクターフィッシュ

同じくセントーサ島にある水族館。ここもまた楽し。

sin25.jpg

アシカのショーがまた可愛かった!
アシカを間近で見たのですが、いねにそっくりだ(笑)

ちなみにアシカのショーを見る時は会場を見下ろす2回にあるドルフィンスイートとかいうカフェで観ると涼しいし特等席だし最高!

1人10ドル(750円位かな)以上の注文でショーの時間居ることが出来ます。
屋外の暑くてちょっときちゃないバーガー屋さんでセットメニューを頼んでも8ドル50セント位するので、ここはお得だと思いました。涼しい中でショーを堪能~満足満足。

水族館を見た後はちょっと疲れたので足のマッサージに行ってみました。

sin10.jpg

ここにはね、アレがいるの。

そう、あれ。

sin11.jpg

喰われるーーーー!!!  な、ドクターフィッシュ(笑)


箱根のユネッサンで一度試したことがあるんだけど、その時はもう「ドクターフィッシュさまさま」状態で、人間は2分位足を入れるだけ!しかも10数人で同時に!というちょっとショボイ体験だったのですが・・・

ここでは・・・もうね、最初足を入れたの私一人で!5分位他にこなかったの!
だからもう魚ども、わたくしのあんよに集中しやがりまして(笑)
凄い状態でした。

でも10分食べて貰いましたがそれでもわたくしの足の角質は全部とれませんでしたの・・・どんだけ。

sin12.jpg

喰って貰った後は揉んで貰います。至れり尽くせり~

たまにはいいわね、こういうのも(^^

このドクターフィッシュ&マッサージ施設は水族館を出てすぐそばにあります。
でも入口がどうにも「営業しているの?!」的な閉館感を醸し出しておりますのでご注意を・・・




大人の基礎英語&プローンミー

今回シンガポールに行きたくなったきっかけはEテレの「大人の基礎英語」での舞台がシンガポールだったから。

なのでそれで覚えたフレーズを遣ってみるのが楽しみだったのですけど。

一番最初に気合を入れて覚えた「ふぇあーきゃないきゃっちあたくしー」は空港で言う間もなく目の前にタクシーが見えておりました・・・

結局どれも使うことが無かったんですよねー。
松本先生、構成大丈夫ですか~!!

あと番組の中で登場人物が喰っていた「蝦麺」プローンミーなるものをどうしても食べてみたかったのですが・・・

屋台街のホーカーズで探しまわったのですが無くて。
メニューを持って売り込みに来たおっちゃんに「プローンミーが喰いたいんじゃ!アンタんとこにはあるか?!」と華麗な英語でまくしたてましたら(こういう時はやたら声がでかく、しかも流暢になるわたくし)

「プローンミーは無いけどコレ(メニューを指さして)に出汁を足せばプローンミーだよ」

等とぬかす。ホントかよ、と思いつつ「じゃあそれを一つ頼むわ」と話がまとまりテーブルで待っていたら件のおっちゃんが3分ほどして戻ってきて

「ごめん、今日出し汁無いって」

等とぬかす。 おい!!

シンガポールで一番人気だと言っていたのにー!!なにこの無さ加減!!

sin24.jpg

悔しいのでとりあえずえびの入っている麺を食べましたが・・・。

大丈夫ー?大人の基礎英語、信じちゃってシンガポール迄行っちゃうアホな視聴者が居るんですよー!ちゃんとリサーチしてお話を組み立てて下さいねー




ローカルなご飯

最終日の朝ご飯は少しローカルな感じのお店で地元っぽいものを食べてみよう、ということにしました。

ホテルの近くにあるこの食堂へ。ここは地球の歩き方の読者投稿で出ていたのできっと美味しかろうと期待。

sin16.jpg

・・・なんと言うか本当に地元の人が普通に使っている感じのお店かな。
英語は通じるけど飛び交っているのは中国語っぽい感じ。

sin15.jpg

チキンライスが美味しいと書いてあったのですけど、とりあえず無難に海鮮炒飯にしました。
うん、これは美味しかったです。

あと飲み物はコーラ。普段コーラなんて飲まないんだけど・・・

ここ、他の飲み物はコップに手づかみで氷を入れて注ぐスタイルだったんですよ。
お腹痛い族の我が家的には帰りの飛行機で腹を壊す訳にはいかなかったので・・・コーラは缶で出されますのでその辺は安心です。

しかし・・・余り綺麗とは言い難いこのお店ですら蠅一匹、G一匹居なかったのにはちょっと空恐ろしさを感じましたわー。どんな殺虫剤つかっとんねん!




トイレ

忘れてはならないトイレ事情。

とは言ってもまあ汚いトイレやペーパーの無いトイレは全く無かったのですけどね。

さすがの罰金国家ですよ。でもたまにペーパーが流れにくいトイレなのか、前の人のがながれていなかったりしてね。
その時はさすがに「これ、もし自分のも流れなかったら罰金?」と焦りました。

あと焦ったのが、トイレットペーパーが個室内に無くて手洗いの辺りにあの大きなロール状のペーパーホルダーがあって、各自必要な分を千切って個室に入るタイプのトイレ!!

・・・意表を突いたトイレで最初かなり焦りましたわ。
途中で足りなくなったらどうするのかしら。

ちなみにシンガポール在住の主殿のお友達お二方口を揃えていましたけど「トイレは日本が一番だ!」だそうです。
シンガポール、別に汚くは無いのですが、「何故そこにある?!」と言いたくなるような場所にペーパーホルダーがあったりするのですって。
使う人のこと全く考えず作るそうです(笑)

そうそう、そのお二方曰く、治安に関してはもう日本よりシンガポールの方が良いんじゃないか、という印象なのだとか。たまに日本に帰って電車などに乗ると怖いそうです。

あと私も目を凝らして探していたのですが、警官が居ないんですよ!!交番らしきものも全く無い!
「シンガポールでは警官はほとんど見かけない」んだとか。
それ位治安が良いのですね。世界一安全だった日本はどこにいってしまったのでせう・・・




いつも思うのですけど、海外旅行をすると日本を冷静に見返すことが出来ますね。

他の人は海外のよさを感じに海外旅行に行くのでしょうけど、私はどうしても海外に行けばいくほど日本のよさを感じる方です。

嫌な部分も一杯ですけど、それを凌駕する良い点も一杯あるもの!!




・・・とまあこんな感じの旅行でした。

素敵なクリスマス休暇を楽しめて良かったです
相変わらずいねもいい子で別宅ライフを楽しんでいたようですし(^^;

まあ色々疑問はありましたが今後も引き続き「大人の基礎英語」を観つつ。
今年は少し英語を頑張ってみないとなーと思っているわたくしであります。




追記~

せっかくなのでシンガポール在住のお友達から聞いた「へぇ~」なアレコレも思い出すごとに追加しちゃいます。


「へぇ~」其の一がクレジットカードの割勘の習慣!!
ほら、日本だと割り勘でも誰かが「あ、俺まとめて払うよ」とかなんとか言ってチャッカリ自分のクレジットカードで支払いをしてマイルとかポイントとかを貯める・・・ってよくあるじゃないですか。

あれ、シンガポールでは「なんでみんなで割勘なのにお前だけがポイントを貯めるんだ」と店員に不思議がられるのだそうです。

なのであっちではクレジットカード払いでもキッチリ割り勘。今回のディナーでも伝票にカードが三枚差し込まれました(笑)
この辺、自己主張する外国ならではだな~って思いました。
日本は割と「え・・・ちょっとずるくない?」と思っても口にしませんよね。かえってその方がケチくさい、って思われそうで・・・ってな感じになっちゃうっていうか。

あとまあ日本以外はほとんどそうなのかもしれないけど、店員さんがとにかく縦割りで無愛想(苦笑)
同じ職場だろ!と突っ込みたくなるようなことでも「そんなのは知らん」と涼しい顔です。
それとお客さんが待っているからって早く作業をして待たせないようにしようとか、そういうのもあんまり無いみたい。

まあ日本のサービスが凄すぎるんですよね。

そうそう、マックにも「スマイル0円」の概念は無いそうですよ~


シンガポールの英語はシングリッシュと言われる位なまっているというか、まあ独特らしいのですが、「can」を「カン」と発音することが多いのだとか。

そしてこの「カ~ン」が深いのですって(笑)

ん~日本語でいうとなんだろ「そうですね」みたいなニュアンスなのかなぁ。
まあ何でもかんでも結構オールマイティに使うのだそうで、その「深さ」は外国人にはなかなか使いこなせないのだとか。

あと主殿いわくイギリス領だったためにイギリス英語の単語表示などが多いのですって。
WAY OUTとか。わたくしは当然言われないと分からないけどね。

イギリス領か・・・そういえばなんだか知らんけどホテルで飲んでも街で飲んでも飛行機で飲んでもやたらとコーヒーが粉っぽくて美味しくなかった印象が強いんだけど・・・それもイギリス領だった名残なのかしらん?
実は紅茶は飲まなかったのでハッキリしないんだけどさ




ふと思い出したアレコレを書いてみました。
またなんか思い出したら追加しま~す。

尻ーズ@シンガポール 

さてさて。

皆さまお待ちかねのシンガポールわんこ事情&動物写真であります。

と言ってもですね、シンガポールは既知の通りエライ暑い国でして。
昼間に散歩しているわんこは全くおりませんでした。

全行程5日間で出会ったわんこはなんと7匹だけでした!!
しかもそのうち5匹は夜でしたので写真も撮れず・・・

① 夜・夕食の後にプラプラ歩いておりましたら抱っこされているマルチーズに遭遇!「そーきゅーと!!そーきゅーと!!」と叫びましたら抱っこしている女の人が笑いながらわんこの顔をこっちに向けてくれました。
可愛い~!!

②&③ セントーサ島にて遭遇。シェパードが入っているのかな?ミックスっぽい2匹。山道を歩いてゼイゼイ言っていた時だったのですけど、ワンコの姿を見た途端嬉しくなってしまって坂を駆け上がってしまいました(笑)
何でもタイから来た子達だそうです。1匹がとてもシャイで・・・もう1匹を撫でていたら「すっ」と去っていってしまいました。

④ 夜、バスから目撃したわんこ。茶色のプードルかな?カートに入って横断歩道を渡っているのを見つけて狂喜するわたくし。

⑤&⑥&⑦ やはり夜、バスから目撃。3匹一緒にお散歩していました。結構モフモフ系のわんこ達でした。

・・・おう!!写真が無いのが悔しいですな。

ちなみにやっぱり

sin2.jpg

マーライオン公園とかはわんこ禁止。
ついでに地下鉄もペット禁止です。
・・・移動に車を使うにしても渋滞を防止するためにシンガポールでは車所有に関しては物凄い税金が課せられているのだそうですので・・・市内ではわんこは飼い辛そうですねぇ。

3日目にお会いしたシンガポール在住のご家族に伺ったのですが、車価格と同等、もしくはそれ以上の税額になるそうです。
そんなでもたまにヤン車みたいなのがあったんですよねぇ。「きっと超お金持ちのどら息子だよ」と例のごとく推理して面白がっておりましたが・・・

市内ではまあほとんど見掛けませんでしたが、西の住宅街にいけば犬が沢山いるそうです。
ドッグランもあるのだとか。たださすがの罰金国家。道にウンチは一つも落ちていないそうですよ。

ちっちはどうするのか、物凄く聞きたかったのですけど・・・実はそのお二方、犬はどちらかというと苦手なのだそうで・・・そういう方にちっちまでのお話は突っ込めませんよね(汗)

ちなみにシンガポールでは日本、台湾同様狂犬病清浄国だそうです。
島国だしね・・・それにあの衛生状況ですからねー。
ゴキブリも蚊も居なかったもんね。ホント、びっくりですよ。あの暑さで!!

お隣のマレーシアのコタキナバルではゴキブリたんは結構見掛けました。この違いは?!
野外パーティの最中に6センチ位のでっかいゴキたんが出たのですが、テーブルの担当のに―ちゃんがほほ笑みながら手づかみで掴みどりしていたのが印象的でしたわー・・・





さて。

今回シンガポールで楽しみにしていたのが四日目の「昼間・シンガポール動物園」「夜・ナイトサファリ」!!

一日動物尽くしの幸せコースでございますよ~

ここの動物園の特徴はね

siri1.jpg

いきなり尻。モッチリしていてええ尻しとります。

なんと言っても

siri2.jpg

この距離感!  ちなみにヅラ着用の頭頂部。「トップに自信」(笑)


すごいでしょ、こんな近くに!ていうかむき出し?!(笑)

siri3.jpg

本当に尻尾長いのねー。それに毛並がフワフワですよ~。
警戒心が全く無いのか近づいても逃げる様子がありません!!

まあさすがに猛獣とかは距離感ありますけどね、それなりに。
でも草食動物なんかだともうその柵が簡素過ぎて(笑)

siri8.jpg

生き倒れ尻。

カンガルーも近いー!!
カンガルーというと「動物のお医者さん」のカンガルー園を思い出すなぁ~

siri6.jpg

W生き倒れ尻。しかしこれだけ脱力感に溢れているというのに尻の肉が横流れしないところはさすがに筋肉の質を感じましたわー

siri7.jpg

W尻。これまた柵、低過ぎ!!

・・・なんかね、まあほら、動物ってシッポフリフリして蠅を払うって言うじゃない?
・・・でも・・・なんかここの動物園、蠅、居ないんですけど(汗)一体どんな殺虫剤を遣っているんだろう?!

siri5.jpg

お立ち台尻。 他の人には撮影の時に可愛いお顔を振り向いてくれたのにわたくしには振り向いてくれなかった・・・まあ、尻を見せたかったんだと思いますわー。

・・・しかしこれだけ尻写真が撮れるということはわたくし、相当動物に嫌われているのかしらん?と不安に思わないことも無いんですが・・・どう思います?!

・・・いいの、尻、好きだし。

ちなみにシンガポール動物園でのベストオブ尻はこちらでありました!

siri4.jpg

マッチョなぼた餅尻!!


嗚呼・・・尻から浮かび上がる背骨の浮き具合のセクシーなこと!!

ぼた餅具合がたまらないのですが、これまた横流れしない筋肉具合!
嗚呼、何度見てもええわーええ尻だわー




ナイトサファリはフラッシュ禁止でしたので写真は撮れなかったのですが、これまた結構な距離感で迫力満点でした!

でもねー、夜でも明かりの傍にちっちゃな虫の一つも飛んでいないのよ!
一体・・・(^^;

ナイトサファリでは英語トラムと日本語トラムがあります。
日本語トラムは予約制で英語トラムは予約なしで順番に乗る感じ。

わたくし達が行った日は24日。
もう物凄く混んでおりまして!!

日本語トラムを予約してフツーに時間通りに乗ったのですが、英語トラムはなんと70分待ちになっておりました!

ちょっと疲れちゃったので歩くコースとショーは観なかったのですが、それもとても楽しいのだそうですよ。

そっか、考えてみればこの日はイブだったんですよね(^^;

去年は京都で湯豆腐、今年は熱帯で動物園。
毎度のことですけどクリスマスらしくないクリスマスを過ごしているnau家でありました




あとはもう一つ位記事をアップしたいのですが・・・

それは動物&犬関係でもない単なる旅行記ですので、余り面白くないかもです。

所謂フツーの旅行記っぽいことも書いてみたいなーなんて(笑)




おまけ

sin1.jpg

マーライオン尻

シンガポール。その暑くて速くて緩い国 

12月21日から25日までクリスマス旅行でシンガポールに行ってきました。

1212264.jpg

行く途中で見えた富士山いとうつくし。

・・・いやしかし。

とにかく暑かった。暑いっていうか、蒸す感じが凄くて・・・あれー17年前に来た時はこんなにしんどかったっけ?って思ったんですけど、考えてみたら前来た時は元気盛りの22歳の頃。基礎体力が違うわな。

若いっていうだけでどれだけパワーがあったんだか、としみじみ自分の年を考えてしまいましたよ。

考えてみたらわたくし、夏場はほとんどひきこもラ―でエアコンの中だもんね。
そら暑さに対して弱くもなるなー。

それに17年という年月は街並みをもすっかり変えておりました。
以前はなんというか程良い都会感と南国の雰囲気がのんびりと交わっていまして、高層ビルなんかもほとんどありませなんだ。

1212265.jpg

最終日に乗ったシンガポールフライヤー(観覧車ですな)からの風景。

しかしもはや大都会と化してしまっておりまして・・・圧倒されてしまう雰囲気。
本当に時間が経ってしまったのねぇ・・・

あれからわたくしは会社を辞めて鍼灸の学校に入り、鍼灸師なんぞというアヤシイ仕事に就き・・・不思議なめぐり合わせで主殿に出会って結婚して、これまた巡り合いで最愛のいねに出会って今こうして生きているんだと、ちょっと走馬灯のように巡りましたねー。いやまあショボイ人生ではあるんだけど、色々感慨深く思うこともある訳よ。ウン

もわんとした湿気の中でぼんやりと回想してしまいましたわさ。

そうそう、17年前も確かに乗ったはずなのですがこんなだったっけ?とビビったものに地下鉄のエスカレーターがありました。

いやもうね。乗った瞬間、


「速ッ!!」


って感じの速度で、いちばん最初乗った瞬間、膝が可動域反対の方に反り返るかと思いましたよ。

上りと下りが交差する瞬間の場所なんかもーちょっと恐ろしい位の速さに見えて・・・

と言っても別のモールなんかのエスカレーターはフツーの速さだったりするのよ。差があり過ぎ!!

ついでに言うと日本だとエスカレーターのベルトの向こうには必ず落下防止のネットや板が備え付けられていますよね?でもシンガポールでは・・・

1212266.jpg

(シンガポールでのアキバ的ビル、シム・リム・スクエア・・・やっぱり行きました、ハイ)

ネット、ナーイ!!

安全は完全自己責任なのですねー。
でもまじ怖かったわ。思わず真ん中に縮こまってしまった(苦笑)

3日目の夜に主殿の会社の方でシンガポール在住のご家族2組と夕食をご一緒したのですけど、このエスカレーターの速さと無造作さ(笑)はやっぱり違和感だったそうです。

1212267.jpg

チリクラブが喰いとうございます、とリクエストしておきましたらジャンボシーフードというお店を取っておいて下さいました。しかし初対面の方と会うのにカニ料理のリクエストはちとまずかった・・・

「日本だとエスカレーターでサンダルなんかを巻き込んだ事故がたまにあるけど、こっちではあの速度でそういう事故が起きたって聞いたこと無いよねー、ま、報道されないだけかもしれないけど」とおっさっていました。

エスカレーターはむっちゃ速いのですが、他は反対にめっちゃトロいなーと思う部分が多かったのですが(例えば切符の券売機の反応が妙に遅いとか・・・)、そのご家族のお話によればやはりシンガポールの人は全体に相当緩いのだそうですよ。

こういうお国柄だからもっとキッチリしているのかと思っておりました
1212262.jpg

(名物?罰金張り紙。でもドリアンは禁止だけど罰金は無いのね)

1212268.jpg

ドリアンはこんな風に売っていました。一応匂いだけ嗅ぎに行きましたら・・・やっぱり生ゴミみたいなにほひがしました。ちょっと食べるのは難しいかもと諦めましたが

ま、日本が相当きちんとしっかりしているってのもあるんでしょうけど。

明らかに相手の失敗なのに「はッはッは―気にしない!」・・・「おまえがゆーな!!」と、コントみたいな状態が良くあるそうです(^^; 

優秀なサービスとホスピタリティとやらが世界最高と誉れ高いシンガポール航空ですら、日本⇒シンガポール便で座席の前のポケットに財布を忘れた時に見つかったと連絡があったのは何故か日本からだった・・・とか。
(つまり着後の機内清掃が・・・緩かったってことね)

ちなみに今回その長年の憧れのシンガポール航空にしたのですけどね。
正直それほどの感動が無かったというか・・・やっぱりわたくし的には全日空が一番印象がよろしい感じだったですが・・・。

平均的に日本ほどすべてのサービスが良い国は無いんじゃないでしょうかね。
100円ショップの店員さんですらちゃんとしているじゃないですか!
それにコンビニで肉まんが冷たいなんてことありえないですし。
(セブンイレブンで肉まんがあったので「お!」と思って買おうと思ったんですけど、機械自体の電源が入っておらず固く、冷たかった・・・しかもセルフなの)

あらら。
旅行記を書こうと思ったのになんだか思ったことを書いただけで終わっちゃったわ。

まあわたくしのことですのでオサレ写真や目新しい旅行記は書けませんが・・・わんこと動物のことだけは一杯リサーチ&撮影して参りましたので!!
それは期待して下さいな