Toshl DINE&CONCERT2018 in 大阪に行ってきました 

昨日はわたくし、日帰りで一人大阪に行っておりました。さすがに疲れた

1802251.jpg

なんでかと申しますと・・・

1802252.jpg

ウェディングフェアじゃないですよw

XJAPANのToshlさんのランチコンサートに行ってきましたの。

え、nauさんってファンだったの?と思われると思いますが(←安心しろ、お前はそんな注目を浴びる人間ではない)・・・実はこの前の紅白を観てなんか急にストーンと堕ちてしまいましたの。

わたくし、今年45歳、まさに中学~高校の頃、Xが全盛への階段を登っている時期でして、それこそ「たけしの元気が出るテレビ」に出ていたのもリアルタイムで観ておりました。

ところが

面白みの無い人間のわたくし

「ヤダ、何で壊しているの、野蛮ね」

「ヤダ、なんか火吹いてる! 

てな印象しか持たず・・・その良さを感じたのがつい二か月前という。

なんて間違った人生を送ってきたんだわたくし

で、どれ位XJAPANについて知らなかったのかというと、

「Toshlってすごい綺麗な声なのねーほほう、じゃあ一度位コンサートに行ってみてもいいかもしれないなー」


はい―殴って下さいw 「行ってもいいかも」だと?ナニサマだっ!!一度位だと?行ける訳ねーだろウマシカがッ!!

まあその位無知だった訳ですが、1月、ひたすらペチパチ調べているうちにXJAPANとしてのコンサートはあるかどうかすらはっきりしないことやチケットは取るのが非常に難しいことが直ぐわかり。でもとりあえず何かないかなー実際に声聞ける機会は無いかなーとペチパチしておりましたこのランチショー&ディナーショーを知ったのですよ。

なんとディナーの方は一緒に記念撮影も出来るというので夜に行きたかったのですけど、場所が大阪の上、お値段8万円。当然航空券代も掛かります。
うーん、ちょっとどんなものかわからない段階でこの値段はちょっとなーと思ってその半額のランチショーに行くことにして、昨日行って参りました。

で、結論から申しますと4万円払っても全然惜しくない声でした。

なんか・・・凄い、本当に人間の声じゃないみたい。なにあの高音。Toshlさんってカストラートじゃないよね?(コラ!)衝撃過ぎてトンデモナイことを思う位。

わたくしのような昼だけ参加組はまとまって入口近くの末席のテーブルだったのですけど、思いがけずToshlさん、その入り口から登場!そして一つ一つテーブルを巡ってステージへ向かいました。ラッキーな人は握手して貰っていましたが、「持っていない」わたくしは当然スルーでした(涙)でも50㎝先位を通って行って…とにかく凄い美肌でしたwきめ細かい!ツヤツヤ!!

Toshlさんって30代~40代にかけて栄養的にも生活時間的にもかなり不健康な時期があったはずなのにあの美肌!声といい、なんかもう素材元々から神様に愛された人なんじゃないかと思いましたよー

わたくしのテーブルは皆さんほとんどの方が初参加&一人参加組が多くて、たちまち皆意気投合して楽しくお喋りが出来まして。わたくしにしては珍しいパターンですが、本当に楽しかった!皆様ありがとう~

正直、料理はハテナ?という感じでしたがまああの歌声だけでも十分でした。
ていうか料理なんか要らないので純粋に歌だけ聞きたいなー、やっぱりコンサートに行きたいものですねぇ。

1802253.jpg
ホテル入口に飾ってあった雛壇。因みに会場内は携帯スマホ電源オフを入場の時に確認され、中でスマホなどをいじっている場合即刻退場、進行を妨げるような行為をしても即刻退場というルールでした。でもそのおかげか食事中にあのシャッター音が響くことも無く、勝手に立ち上がって後ろの人が見えなくなることも無く、大変気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました!

そういえば大阪に行く数日前、顔そりに行ったのですよ。わたくし、旅行とかの前に行くことが多いので担当の女子が「またどこかに旅行ですか?」と問うてきたのね。んで、「土曜に大阪に行くんですよー日帰りなんですけどねー」って言ったら「土曜に大阪?観光ですか?」って聞いてきて「ふふふ~実はね~」と話しましたら「えっ!あれ行くんですか!!いいなー!土曜に大阪って聞いてまさかと思いましたが・・・私もXJAPANファンなんですよ!!」と。途端にわたくし、「先輩!!」とw
いつもお客と理容師、という風な会話はしていた子ですが、もうそこから二人で大盛り上がりでXJAPAN談義ww

なんていうか、XJAPANに関心を持ったことでこんな風に世代が違う子とも話が楽しめるようになって・・・こういうのって素敵ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はぁ・・・それにしても、最近わたくし、自分の人生を顧みて「嗚呼、自分の人生は失敗だった」って思うことが多かったのですけど、また更に失敗だったと悔やむ事実を突きつけられた感じがします。
こんな価値のあるXJAPAN、Toshlさんの歌を30年近く見過ごしていたなんて!

人生やり直したい、とは思わないけど(←もうそんな体力も気力もない、疲れた)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

洗脳 地獄の12年からの生還 [ Toshi ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/2/25時点)



Toshlさんはこの著書で「人生はいつでもやり直せる」って仰っていますけど・・・わたくしはもう多分無理ぽ。
負けを認めて諦めの境地に至るしか無さそうです…

テレビボードの下のスペースの収納 

さて、もうすっかり10年暮らしているかのようなくつろぎ具合の新居でございますが・・・

なんだかもう引っ越しが遠い昔のよう・・・ですが、まあちょっと色々と記録を残していこうかと思いまする。

さてさて。

新居、片面は全面壁面収納。もう片面はテレビボードといねまいのトイレスペースを作ろう!と決めておりました!
んで、テレビボードはちょうどいい横幅のものがなかなか無くてどうしようかと思ったのですが、ディノスで伸縮するタイプのボードがあったのですよ。

迷わずポチしたのですけど・・・

1712234.jpg

分かりますかしら?これ、左右に引っ張ると伸びて長さが自由になるのですけど、延ばしたところは当然ですが空間というか、すきまになるんですよね。つまり床だと床むき出し、ってことで。

なんかちょっと・・・いや、まあいいんだけど、出来たらここ、うまく埋めたいなーと思ってペチパチしておりましたらこんなものがありました!ちなみにこの隙間はすべて41cmにしておりますので出来たら20cm幅か40cm幅の引き出しのようなものがあればラッキーと思っていたのですが・・・




なんとっ!!幅20cmでピッタリの上、奥行きが40cmとこれまたぴったり!!
若干高さが足りないのですが、まあそこまではしょうがないでしょう!!

これを8個、4セットポチしまして・・・

因みに一個はこんな大きさ・・・

1712235.jpg
「・・・あの、ママン、そもそもあたくし達の大きさが分からない方にはわからないかと・・・」 「でしゅ」

いいんだよ単に君らの登場を増やしてやりたいって親ばかなんだかから、察しろよ

この中に~

1712236.jpg

例えばトイレに一番近いボックスにはトイレシートやウンチバッグなど・・・
因みに赤いビニールは主殿のアメリカ土産のトランプ大統領の顔印刷入りのウンチバッグすげーな、アメリカのセンス

ていうかいね、舐めないのッ!!

これを引き出しのように元のテレビボードに戻しますと・・・

1712237.jpg

よし!横幅ぴったりんこ!! 欲を言えばあと高さが3cmあったら良かったね。
でもまあこの値段だし、十分でしょ!

色もあっているし、質感もいい感じだわさ。

今回ダークなブラウンを基調としたので色合わせが心配だったのだけど、なかなかうまくまとまりました

壁面収納の目隠し 

今回の壁面収納では机タイプのパーツを3つ買ったのですが、ちょっと見た目がアレというか。
中のものが丸見えでちょっとごちゃごちゃして見えておりましたの。

1712261.jpg

こんな感じで…

机の下の部分には掃除用具をまとめているのですけど、なんとも見苦しいこと。

なんか引っ越しから3週間以上経って「ま、いっか」的な気持ちになってきてしまっておりましたが、新年に義家族も遊びに来ることになりましたのでやはりちゃんと「隠そう!」 (根本的に片づけないんかい!)と意を決し、処置を施した本日でございますの。

隠すにはお手軽なカーテンよね、ということで本日久々にユザワヤ(銀座店、移転していたのね)とマリメッコ(こちらも移転していたのね)に行って布を買って来ました!

んで、ダーッとミシンをかけまして。

1712262.jpg

どだ?!

もうね、100均の突っ張り棒を張って、それを通すような簡単なカーテンを作ったわけです。
超、お手軽ですが、下の掃除用具入れ部分なんか布の色のセレクトが良かった(ドヤ!)のでかなりの一体感!!

マリメッコの布は…どんなもんだかまだ迷うところですけど、まあ布ですのでやっぱ変、と言われたらまた作ればいいや、という気分でちょっと奇抜な柄にしてしまいました。

今度のお家ではミシンを出しやすい場所にセットしたのでこれからはまたちょっとミシンで色々遊びたいなと思います~

引っ越し先、ひと段落しました!! 

は~~引っ越しをしてからなぜかずっとFc2の管理画面に入れずにいました。
今日やっと主殿に直して貰いまして、再びまったりとブログアップでございます~

いやはや、もう本当に引越しは大変でした。
転勤族のお家とか、もう本当に凄い!!って思いましたわー

しかも11月30日に引っ越しだったんですけど、翌日は主殿出勤、そのまた翌日は結婚式でお出かけ・・・ということでほぼほぼ一人でのお片付けになりましたわさ。

引越し翌日主殿を送り出す時、振り返って段ボールの山を見た時、絶望的な気持ちになりました・・・

(ついでにいうと荷物の8割位は主殿のものだ)

朝の状態  いやマジ泣くでしょ、この状態

1712233.jpg

夜の状態 

ほぼ1日飲まず食わずでひたすら段ボールを割き、出し、詰め…
自分の性格からいって長引かせちゃうともう絶対にやらなくなっちゃうから必死でした。

1712232.jpg
「ママン、頑張りましたわ」  「ママしゃん~お顔が1.5倍~」

(引っ越し時、サ〇イのお兄さま方に大変好評だったわんこ詰め合わせ之図)

ええ、はい、もうね、指も顔もパンパンにむくみまくりましたよ…

ま、でもなんと片付けも済み、日常がおくれるようになりました!

まあこれからボチボチと新居のインテリアなどアップしていこうかなーと思います。
ま、主殿もいねもまいもみんな一生懸命頑張りました!
お疲れさま!これから新居で楽しく過ごしていこうな!!

引っ越し準備!新居にて!! 

いよいよ先週の土曜日に鍵の引き渡し会があり、新居へ入ることになりました。
ま、引っ越しはもう数日先なので今はその引っ越しの為の前準備みたいな感じで通販で買ったものやらなんやらの受け取りをして、あと掃除などをしております。

1711251.jpg

・・・何もないとよく分かんないですよね、広さ感とか・・・

今回のおうちもまずは壁面収納を設置して貰うことに。

前回は大はりきりの完全オーダーでしたが、今回は予算抑え目、セミオーダー(っていうのかな、既成のものを置いてもらって隙間を埋めて貰う感じのやつ)ですw

それでもなんかすごい!

1711252.jpg

こんなぴっちりと入るの!!

最初に見かけたのはディノスの通販サイトだったんですけど、このパウモナというシリーズ近くの島忠で扱っているようでしたので、大ものだし、実物を見てから決めようと思って行って、結局そこの人に家に図りに来て貰ったのです。
これ通販でボーンと買っていたら泣いていたわ…ちゃんと図って貰ってよかったわ…マンションは梁が凄いのよね…

1711253.jpg

こんな感じで奥が主殿のデスク、手前がわたくしのデスクって感じ。
真ん中にはプリンターを置きます。
写真だとよく分からないんですけど、手前のフィリップスタルクのベージュの椅子がこ汚いことこ汚いこと…11年の年月を感じますわ。

壁面収納の設置が終わったらタイルマットを敷き詰める作業。




今回は一番明るいライトベージュをチョイス。 チョイス、チョイスw


結局全部終わるのに4時間位掛かっちゃったのかな…もうこの辺で疲労困憊。

でもあと一息、お米姉妹のトイレスペースの下準備を…

白のプラスチック段ボール、通称プラ段をカット購入して貰っておいて、トイレスペースの区切りを作りました。
プラダンの接着にはお久しぶりのグルーガン&白ガムテープを利用。

1711254.jpg

・・・実はこれが欲しかったのですが・・・




高ぇ・・・

・・・でも今使っているトイレもすごく気に入っているし、しかも思い出の買い物なので(10年ぶりのお給料で買った)これは活かしたい・・・そもそも囲いのあるトイレってお米姉妹、ちゃんと使ってくれるのかしら?だったらひとまず仮のトイレを作って試してみよう、ということで、やっすいやつやん!のプラダンで作ってみた次第。

でもプラダン、結構いいかも!

と、ここまでで今日はギブアップ。

もうね、本当にマットを敷くのが大変なのよ・・・

これだけ大変な思いをして敷いても、たちまちいねさんがクンクン&チッコしてくれるんだろうな…涙

いいのよ、ママンは、いねが幸せならば…

買い物が止まりません… 

引っ越しまでひと月を切り、荷物まとめと新居への準備で慌ただしい昨今。

ついでなので最近ずっと気になっていたゴミ箱も新しくすることに。

1711054.jpg
びゅーん

・・・いねの舌が凄い状態になっている・・・

ゴミ箱自体、結構ばっちくなっていたってのもあるんですけど・・・

もうね、まいまいがゴミ箱漁りが趣味で・・・(涙)
いねは一切やらないのですけど、まーしゃは本当によくやってくれるんですよ。しつけが甘かったんですけど・・・

なので今度は蓋つきのものにしようと思っていたので、この機会にすべてこのタイプに買い替え。

1711055.jpg

こうしてワンプッシュで

1711056.jpg

パカっと開く感じ。いつも使っているスーパーの袋がちょうどぴったりと

1711057.jpg

収まる上に外側のカバーを被せると全く見えなくなるのがよろしい。

ひとまず二つ買いましたが、また必要そうなら同じもので揃えたいですな。
シンプルで非常によろしい。



新居のインテリアがダークブラウンなのでこれもちょうどよかった。

あとそろそろいねさんの体を考えてフードボウルなどのスタンドが必要かなと思っておりまして。

1711051.jpg

まあこんな感じなんですけど、首への負担を考えて水飲みボウルだけでも少し高さをつけてあげたくなりましたの。
んで、いろいろ探していたのですがシンプルでかつダークブラウンの色合いで、となるとなかなか無かったのですが、やっと見つけました!

1711052.jpg

こちら。
スタンドのみの販売で今まで使っていた水飲みボウルがそのまま使えます。

1711053.jpg

穴の直径が11.5㎝。そこにはめ込むとちょうどこんな感じ。

体高23cm以上の子はLサイズという目安だったのですが、ボウルが大きめで割とはまり方が浅く、ボウル自体の高さもありましたのでSサイズにしました。でもちょうどよかった。Lだとかえって高すぎたかもしれません。



うん、シンプルだし、安心の国産ですし、色もいい感じ。
図らずもゴミ箱の色と凄く似ている!

これからもまたいろいろ買わないといけないのですが・・・
いやしかし引っ越しの時って金銭感覚がマヒしそうで怖いですね

11年ぶりに…引っ越しますの 

今日こんなものがドドンと届きました。

171028.jpg

ハイ。実は来月末、引っ越しを致しますです。

引っ越し先は超近所なんですけどね。
それでも引っ越しは引っ越し。
11年ぶりの作業にこの数か月アワアワしておりますのん。
こんなにいろいろめんどくさい作業だの書類だのってあったっけ?って感じ。

わたくしは実家を30歳で出るまで一度も引っ越しをしたことが無い家でしたが、主殿は転勤族でしたので11年同じ場所に住んだことが無いそうです。
なのでこの家が最長だとか。
わたくしは全く考えていなかったのですけど、主殿的には「そろそろ新しい環境にしたいなー」と思っていたようです。

ここのお家は本当に思い入れがあって。
何しろいねをお迎えして、子犬育て、闘病とずっとここで過ごしましたから…嗚呼、本当に昨日のことのようにあの頃のことが思い出されます・・・

あとの一ケ月、そんな思い出を噛み締めながら荷造りをしようと思います。

それにしても50枚の段ボールを見て、「多いじゃん」って思ったのですけど、いざぼちぼちと詰め始めたら意外に一つの段ボールがすぐに一杯になっちゃうんですよね。足りるかしらん・・・?

あーそれにしても早く引っ越し終わらないかなー (まだ全然始まってもいないのにw)

続・高松島巡りツアー(女木島・豊島・直島)に行ってきました 

今日は調子がいいらしいFC2。旅行からもう早くも2週間経ってしまったけど、思い出帳代わりにさくっとまとめておきませう。
それにしても昔はほんとに元気だったなー旅行なんて行ったら翌日にはアップしていたのにね。

さてさて。

10月7日(土)

お天気いまいちの予想の日でしたが結果的には小雨がぱらついてストールで「紅天女」状態をしてみたものの、すぐに止み、傘をさす程のことは無く済みました。ていうかもう完全に「わたくしは晴れ女」という自信満々だったので傘、もっていかなかったんだけどw

初日は始発の高松行の飛行機でうどん県に乗り込みます。

naoshima1.jpg

朝食は羽田空港第一ターミナル内にあるHitoshinayaで。朝早くで開いているお店が少ないせいかちょっと行列。5分ほど待ちました。

それからJL475便で一路高松へ。

naoshima2.jpg

ターンテーブルにうどんが回ってくる、って聞いていたんだけど、不動のオブジェだけっぽかった。コナン空港ではコナンのスケボーが回ってきていたんだけどなー

そこからリムジンバスで高松市内へ。高松駅前にあるJRホテルクレメント高松が本日のお宿。
なのでそこで降り、大きな荷物を預かって貰ってから本日の観光へ。

乗るフェリーの出発時間まで間があるので駅近くの高松城跡を見学。

naoshima4.jpg

駅のすぐそばだけどかなり広くて面白い場所でした。
その後フェリーの時間までもう少しあったので駅前のサンポートに入り、予め香川県在住の某有名ブロガーさんに手紙で聞いておいた(ブログ繋がりなのでなぜか手紙で連絡しあうw)美味しいうどん屋さん、郷屋敷にて早めのランチ。

naoshima7.jpg

最初はシンプルなうどんでいきます。

naoshima8.jpg

こしがあって美味!!

食べ終わる頃にはフェリーの時間になってきたので乗り場へ行きチケットを買って「めおん号」へ乗り、本日の観光目的の女木島へ。
女木島というのは鬼ヶ島伝説の島とされている島。
でもわたくし的にはネコの島、という印象が強く残るほどかわいいぬこが一杯いる島でした。

naoshima10.jpg

尻を撫でようとしたらいきなり噛まれるわたくし。

naoshima12.jpg

鬼ヶ島洞窟まではバスもあるのだけど、せっかくなのでレンタサイクルで島を周遊がてら向かいます。
電動アシスト自転車すごいわー!!
最近凝っているナマケモノ論をMちゃん(お互いMであることに今気づいた)に熱く語りながら山道を登る。

しかしこの洞窟、いきなり最初の説明のボードで「この洞窟は人工のもので・・・」と語りだしてくれてしょっぱなから神秘感0にw 途中色々伝説チックな解説が書かれているのだけど二人で「でも人工だしね」と突っ込みを入れつつ進む。
鬼瓦にものすごく力を入れているのはよく分かるのだけど、肝心の人形にもう少し気合を入れて欲しいと思う箇所が多々。
意地悪く指摘しつつ進むアラフォー二人。

このB級感が非常にわたくし達のツボにはまり、かなり長居をした。
先の下調べでは15分で出てこれる、的なことが書いてあったけど、15分どころか1時間近くいたんじゃないだろうか。

バスの時間を気にすることもないわたくし達はその後も自転車で島をタラタラと回る。
海岸線なども走ったり、かなり気持ちいいサイクリングでした。

それにしてもどこを見てもぬこが多い。

naoshima11.jpg

フェリーに乗り遅れた人が使うのだろうか。それかセレブが使うのかな。
しかしもう少し他に名前が無かったのかしら。電話受信の仕事をしている身としては、ついつい受信時の受け答えを考えてしまう。 
「ハイ、お電話ありがとうございます!タコタコ海上タクシーでございます!」となるのだろうか、やっぱ

島を堪能し、また再び高松行のフェリーに乗船。
高松までは20分ほど。高松に着いたらチェックインをすませ本日のお部屋へ。

naoshima14.jpg

このホテル、駅に近いし空港行のリムジンバスの停車場所になっているし、きれいだし、凄く良かったー!!

食事の無いプランにしておいたので、夕食はこれまた予約しておいた海鮮居酒屋の「うみのもん とといち」へ。

naoshima15.jpg

ここは6月3日にテレ朝の「朝だ!生です旅サラダ」の「全国これウマの旅」で紹介されていたお店。
観た瞬間チェックしておきましたのw

naoshima16.jpg

地元食材にこだわった海鮮居酒屋。鰆のお刺身なんて初めて食べたーーーウマーーー!!
わたくしはお魚では鰆が一番好きなので本当に貪るように頂きました!
お店の人もとっても感じがいいし、凄いいいお店でした!!
結局満席になっていて、予約なしの人は入れないようでしたので予約は必須かも。

食事のあと、ホテルに戻る時もすぐ駅行のバスが来まして、本当に便利でした。
観光もぬこも美味しいもの堪能で大満足の一日目。

10月8日(日)

この日のルートは高松⇒豊島⇒直島、で、直島で宿泊。
直島の宿泊は奮発してベネッセハウスに泊まります!!

朝ごはんはこれまた某ブロガーさんに聞いておいた駅前の「めりけんや」で頂きます。
もれなく美味しいコシのあるうどんで一日をスタート!

またまた高松港からフェリーで豊島に向かいます。
もう今回港に寄り過ぎて、どこがどの港だったからわかんなくなっちゃったわw

豊島では世界一美しい美術館と称されたという豊島美術館を見学。

naoshima17.jpg

ここ1週間のお天気からは想像出来ない程の青空!
しかも夏かと錯覚するほどの暑さでした。

豊島美術館の中は撮影禁止。
説明するならば巨大な楕円形のコンクリート製の(ような)ホールに入るんですけど、その天井部分には大きな穴が2か所開いていて、空が見えます。・・・雨の日はどうなるのかな?
空間の床にはよく見るとところどころ楊枝で開けたような小さな穴が開いていて、そこからちょっとずつ水滴が溢れてくるようになっているのですよ。床に蝋のような素材が使われているのか、水滴は表面張力で丸く膨らんでいくんだけど、ある程度大きくなると重さで動き出すんですな。床全体に微妙な勾配を施してあるようで、ツツーーーっとその水の玉が生き物のように滑り出して同じく用意してある小穴や水たまりに滑り落ちていくんですけど、その様子が本当に生き物のようで不思議な場面を描き出している・・・って感じですかね。

暑い日だったので床の冷たさが心地よくて、しばらくぼーっと床に座り込んで水の玉の行方を見守っておりました。
中にいる人、寝転んだり瞑想したり、思い思いに過ごしている感じ。

豊島を楽しんだ後は今回のメインイベントともいえる直島、そしてベネッセハウスに向かいます。

naoshima18.jpg

ホテルとミュージアムがセットになった施設で、宿泊者はベネッセミュージアムを無料で見ることが出来ます。少し離れているのですが、勿論送迎してくれます。

ホテル内には無料で使えるセルフのラウンジがあって優雅なお庭を観ながらコーヒーや紅茶を楽しむこともできますし、お部屋はシンプルで機能的でとってもきれい!!
お高めではありましたが、納得の施設でした!!
ちなみにこちらには部屋にテレビが無いのですが、わたくし達は共に日曜夜のイッテQのファンなので、追加1,000円でテレビを借りておきました。

併設のベネッセミュージアムは現代アート中心。わたくしは実は現代アートって苦手だったんだけど、なんか、初めていいなーと思える内容でした。なんだろ、あの空間と、空き過ぎず、混み過ぎずの程よい観客の感じと・・・うーん、うまく分かんないけど、とにかく素直にいいなーと思える美術館でしたわー

それにしても直島全体にも言えることではあるのですが、このホテル、とにかく外国人が多い。
いわゆる欧米人の人達が6割か7割を占めていたんじゃないかしら?もうね、レストランとかでも一瞬海外にいるのかと錯覚するような感じでびっくりでしたよ。

10月9日(月)

naoshima19.jpg

ホテルの近くにあの黄色のかぼちゃが!!

お決まりのポーズw

ホテルに泊まっていたので朝早く、あまり人のいない時間に楽しめましたけど、昼間は行列が出来ていました。
やっぱ有名だもんね、これ。
そういえば某ブロガーさんもここでパピヨンと一緒に写真を撮っていたっけ・・・うっとり

チェックアウトをした後はホテルのチェックイン時に整理券を貰っておいた地中美術館へ向かいます。
ここは体験型の現代アートの館って感じかしら。
でもモネの睡蓮の絵もあったり、美術館までの小道がモネの睡蓮の庭を再現しているかのようなつくりになっていていい感じに近代と現代が融合している感じ。
睡蓮の池の傍では狸までが現れてくれる仕込み様ww 仕込みじゃねーよ!

ここは確かに整理券を貰っておかないと厳しいかも。結構空間が狭い上に人数を制限して入場する小部屋も多くてね。

でも面白かったわー。出来たらここ、ドローンで撮ってみたい!!(ドローン持っていないけどさ)

その後は直島の家プロジェクトの辺りの散策。
これまた昨日のチェックイン時に手配しておいてもらった施設の時間制限があるので食事&各所の見学がかなりタイトになってしまったけど、結果的には凄いキッチリと見学をこなしていくことが出来ておりました。

naoshima21.jpg

途中の空き時間を使って反対側の港までバスで行き、昼食。

港の正面にある食堂「ゆうなぎ」でヒラメの唐揚げ定食(1200円)を頂く。

naoshima20.jpg

なんと丸々1匹のヒラメのから揚げ!!塩加減が絶妙!で、表面サクサクで中はふっくら!!
めっちゃ美味しい!!なんだこの旨さは!!

まあちょいちょい急ぐ場面もあったし、思いがけず休館中の場所も多かったんだけど、大体行きたいところは回れたし美味しいものは楽しめたし、

naoshima22.jpg

直島を歩いてたらたまたま見つけたカフェ。
ここのコーヒーが香り高くて美味しかった!!オーナーの兄ちゃんも気さくでコーヒーを淹れている間にお喋り。
こういう時に「どこからいらしたんですか」と聞かれることが多いが、いまだに「東京からです」フンガーという瞬間興奮で鼻の穴が広がるわたくしでありますの

予定を全部こなしてから再びフェリーで高松へ戻り、高松ののホテルから空港リムジンバスに乗り高松空港へ。
ちなみにどうせ乗るなら高松駅からでなくJRホテルクレメント高松から乗った方が空いていていいですね。
ほとんど空のバスが来るから席も選べるし。

naoshima23.jpg

こちら、高松空港2階のレストラン「エリエール」の前にあるトイレの蛇口。
ダイソン製だそう。近未来的だわ。

予定ではエリエールで夕食を摂るつもりだったんだけど、なんと6時位なのにもう閉店すると!
ここで食べ逃すと東京まで空腹だわ!と焦り、近くのうどん屋さんへ!!
そしたらなんとわたくし達の前の5人組ヤング女子で「ここでうどん最後の5玉終わりです」と言われ!!
がーん!!焦って1階へ降りてやっとこさあいているうどん屋さんへ駆け込み、うどんにありつきました。
でもここでも二人とも肉うどんを頼もうと思っていたら、わたくしで肉うどんが終わり、Mちゃんはわかめうどんに変える羽目に。

naoshima24.jpg

トラブルっつーか、まあ最後の空港が一番バタバタしたかな。

でも飛行機も予定通りに飛んだし、羽田からのリムジンバスもあと5分位しかないギリギリの時間だったけど、チケット買って乗れたし。
まあ大合格の3日間と言っていいでしょう!!

あー楽しかった!!

でももうその1週間後からずっと極寒で雨・・・
なんだかもう2週間以上前の遠い昔の出来事のように思えちゃうよ。
(だからさっさとアップすりゃよかったんだよ、って話か)

また面白そうなところがあったら計画しようねー♪

高松島巡りツアー(女木島・豊島・直島)に行ってきました 

先週の3連休、香川県高松市をスタートし、憧れのアートな島たちを巡る旅に行って参りました!
今週は肌寒く雨となってしまいましたが、先週は「夏かよ!」と言いたくなる程のお天気と暑さに恵まれ?、アラフォー女二人、汗まみれになって楽しんでまいりましたよw

旅で来ていたニットをクリーニングに持っていった時、ニットを手に取るなり「只今汗取り半額ですがいかがですか?」と言われたのは単なる営業トークと信じたいw

naoshima8.jpg

香川県在住の某有名ブロガーさんにすすめて貰ったうどん屋さん、郷屋敷サンポート店でうどん

今回の旅行はとにかく島巡り。んで、この辺の島はすべてアートな島ですので、アート堪能の3日間となりました。

1日目は高松から鬼ヶ島と称される女木島へフェリーで渡り、鬼ヶ島洞窟やら展望台やらをレンタサイクルで周遊。

naoshima9.jpg

女木島は鬼ヶ島伝説の島ということでしたが、私的印象としてはぬこまみれの島でした。
もうね、この親子ぬこがかわええのよ・・・ママしゃんに子猫たちがべったり!!

っていうか、なに、これFC2、超称し悪いんだけど!!
ファイルのアップロードが死んでますね…(宮川風)

ファイルのアップロードをしようとすると今まで書いた記事が死ぬの、なぜ!!

・・・今日だけかな?んー、ちょっともうイラっとして、なんだ、絵文字も入らないぞ!

ひとまずここまでで今日は終了。

明日以降、どうなる?FC2!!

来月の旅行先!直島アートツアー 

最近全く日常ネタが書けないわたくしの生活って・・・

まあ要するに旅行の為の資金を黙々と貯めるパート生活ってことでw
今の職場もハッと気づけばもう一年半経っておりました。
さてさて。
来年の旅行先はロシアってことにしましたが、それはさすがに来年になってから計画が始動する感じで。
その前に一つ来月国内旅行を計画しております。

行先は直島でございます。

これまたアートな旅ですね。
今まで行きたいとは思っていたんですけど、主殿はさほど興味がない感じだし、一人で行くのも心細いというか。(海外は一人でも平気なくせにw)
ところが友達と何となく話をしているうちに彼女も直島に興味があると、じゃあ行きましょ!ってことで。

2泊3日、直島、女木島、豊島を回って参ります!

kabotya.jpg

とりあえずこれ見てくるわーw

あとはうどん堪能ですかね。
大好きなブロガーさんがうどん県の方でして、その方においしいうどん屋さん等教えて貰い。
ブログ繋がりで知り合ったというのになぜか問い合わせは手紙でというw

旅のしおりも作ったし(相変わらず)お天気も大丈夫だろうし(すごい自信)、自然とアートの融合を体感してきますわー