FC2ブログ

おーるぅえーずとぅぎゃざ~♪パンダに会いに白浜へ!2日目!! 

という訳で2日目、最大の目的であるアドベンチャーワールドへ!!
ホテルから車で10分位、白浜はコンパクトな地域に見どころが一杯です。

panda1.jpg

車の入り口にもパンダの赤ちゃんお祝いムード。

panda2.jpg

10時開園で9時半の時点でこれ位ですがこれからどんどん人が増えてきました。

待っている間にちょっとトイレへ・・・トイレ表示が切羽詰まっていて好きw

panda4.jpg

トイレから列に戻ったとほぼ同時に「開園時間を早めて今から開園します~」というアナウンス!
9:50くらいだったかな?開園と同時に目的のブリーディングセンターへ急ぎます!!

こちらで先月14日に生まれたベビ浜ちゃんが13日から公開されているのです!!
公開時間は10:15からというのですが既に行列・・・うちは2列目でお披露目を待ちます。

公開までの時間はパパ、永明さんをじっくり見られました。

panda6.jpg

朝から絶好調にササを食べていました。

そしていよいよ赤ちゃんと良浜ママの公開!!・・・ですが

panda5.jpg

良浜ママ、ベビ浜ちゃんをぎゅっと包みこむように抱きしめていて赤ちゃんは見えませんでした。

いいの、いいのよ、守りたいよね。

それにしても良浜が物凄く汚れていて・・・まっ茶色で・・・きっと自分の身づくろいなんか全然しないでひたすら赤ちゃんを舐めてお世話しているんだろうなーと思ったら泣けてきました。なんて深い愛だろう・・・

そこからの流れでまた永明さんの前を通ったのですが・・・

panda8.jpg

食べ疲れてぐったりしていましたw

見終わってブリーディングセンターを出る頃には行列は更に長くなり

panda9.jpg

この直後90分待ちになっていました!!
赤ちゃん公開の最初の週末・・・ナイスなタイミングなのかバッドなタイミングなのか・・・

この後はすぐそばのサファリコーナーでケニア号という乗り物に乗ってサファリツアーに出かけます。

panda10.jpg

一番左上の写真撮った時・・・何だか知らないけど、この金網の手前にもう一匹チーターが居たのよね・・・金網の手前に・・・脱走?

ホワイトタイガーは凄く神秘的だった!!
でも野生では生きていけないだろうなー、凄く目立つもの。

1周25分のケニア号の後は少し早めにお昼ご飯を食べて午後イチのパンダラブツアーに参加するためパンダラブへ移動します。

panda3.jpg

パンダラブツアーのパス。
JALパックのツアーではもうこれが含まれているのですが、個人で申しこむとなると結構な人気で取りづらいそうですよ。
1日15人限定のプレミアムなツアーですw(7000円/一人)

先程のブリーディングセンターには永明さん、良浜ママ、ベビ浜ちゃんの3頭が暮らしていますが、こちらのパンダラブコーナーには双子の姉妹パンダ、桜浜、桃浜、そして結浜が暮らしています。

panda13.jpg

消火器もパンダでかわいいw

実はこの数日前、上野のシャンシャンも観に行ってみたのですが、平日15時過ぎで40分待ち、しかも立ち止まって見ることが出来ず、「立ち止まらずご覧ください~」という声掛けの元での観覧だったのですが、こちらはもう、見放題!

panda12.jpg

結浜!!寝ていますw

panda14.jpg

桜浜!!寝ていますw

しかし寝姿も可愛い!!いくらでも見ていられる!!

見ているうちに集合の12時半になり、憧れのバックヤードへと案内されます!

panda19.jpg

さて、このパンダラブというツアーですが、まずはバックヤードでパンダの色々について説明を受けまして、その後なんとパンダと至近距離で近づいておやつをあげたり一緒に写真撮影が出来たりするという、それはそれは素敵なツアーなのですよ。

説明を受けるバックヤードでは撮影禁止。
で、いよいよパンダとご対面してからは撮り放題です!!

panda15.jpg

本日の接客担当は桃浜!!
こうして長いフォークにリンゴやニンジンをさして与えることが出来ます!!写真はスタッフさんにカメラを渡すと沢山撮ってくれますよ。

panda16.jpg

パンダってリンゴとかも食べるんですね。笹しか食べないのかと思ってた。
はちみつなんかも好きなんですって。
なので採血等の時ははちみつを舐めさせている間にチクっとするのだとか。
「パンダは同時に一つのことしか出来ないのではちみつを舐めていると痛みをあまり感じないみたいです」って。アラヤダ、なんか親近感覚えるわw

参加者全員がおやつをあげ終わると今度はガラス越しでのツーショット撮影タイム。
桃浜も心得ていて、おやつタイムが終わると「あー次はこっちで撮影ね」とばかりに隣の撮影用の椅子に向かうんですwその様子が人間臭いw

panda18.jpg

ひたすらモリモリ笹を食べ続ける桃浜。ガラス越しとはいえこの距離感!!上野では考えられません!!

他の人達が撮影している間、スタッフさんがパンダのうんちや赤ちゃん時の大きさのぬいぐるみを見せてくれます。

panda17.jpg

噂通り本当に全然臭くないうんち。雨上がりの竹林みたいなにおいかな。
それにバックヤード全体が全然臭わないんですよ。パンダって体臭も少ないのかしら?

「皆さんも赤ちゃんパンダのお世話をするんですか?」と聞きましたら「とんでもない!!赤ちゃんパンダに接することが出来るのは中国人スタッフのごく限られた人間だけなんですよ」ですって。スタッフといえどもベビ浜ちゃんには近づけないんですと。

約1時間のツアーは大満足に終わりました!あーパンダ堪能したー!!


・・・けどやっぱりもう一度見ますw
もしかしたら起きてるかも、と思って行ってみたら

yuihin1.jpg

起きてるー!!やっぱりちょっとあどけない雰囲気の結浜。

結浜の特徴はとんがった頭!!プチモヒカンが最高に可愛い!!

yuihin2.jpg

お隣のお姉さん、桜浜も起きていたのですが、彼女はもうアイドル魂を心得ています。
「桜浜~」という観客の歓声にこたえるかのようにノシノシ歩いてきたかと思ったらドスコイと座り込みこのポーズ!!

ouhin1.jpg
「さ!存分に撮るがよろし」

ouhin2.jpg
「こっちの方の人もちゃんと撮れてるー?」

ouhin3.jpg
「そっちも大丈夫ー?綺麗に撮れた?」

ouhin4.jpg
「大丈夫そやね、ほなら帰ろかー」 ヨッコラショ

ouhin5.jpg
「あーやれやれ、人気者は辛いわー」


・・・絶対背中にチャックあるだろw


いやもう本当に動物との距離が狭くて動物好きにはたまらない素敵ワールドでした。

いやもうだってその辺の噴水の池に

aws12.jpg

普通にペンギン泳いでるしw 池の鯉かよ!!

こんな素敵な場所なのに、こんなに沢山パンダが居るのに関東では全く報道されないのが本当に残念ですねぇ・・・
かくいうわたくしも結構最近まで知らなかったんですけどね。
実は和歌山県の場所自体もちょっとあやふやだったのですが・・・
でも今回でかなり勉強しました!和歌山県について!!←下調べの人なんでねw


ちなみにアドベンチャーワールドを訪問した15日はこれまた暑いほどの晴天でした。
翌日南紀白浜空港から羽田に戻った時も

airport.jpg

こんな感じ。相変わらず旅行の天気運だけは物凄く強いわたくしでございました

とにかくねーわたくしはここが物凄く気に入ってしまいまして。
で、意外にも羽田から結構短時間で行けるというか、空港から車で5分位の場所にあるんですよね。
あらーじゃあこれ、日帰りでも行けるんじゃね?って感じで・・・

今度は2月に一人で日帰りで行ってきます。

はい、もう航空券とりました!
2月位ならベビ浜ちゃんもお外デビューしているかな~
は~XJAPANに加えてまた大好きなものが増えてしまいましたよ。
いい歳をして、全くこのおばちゃんったら困ったもんだ




ちなみに「Always togather」というのはアドベンチャーワールドのテーマ曲らしく、園内にもかかっていたのですが、なんだか妙に耳についてしまって、ここ数日良く鼻歌で口ずさんでしまっておりますw

Always togather 宮川真奈美

おーるぅえーずとぅぎゃざ~♪ パンダに会いに白浜へ!!1日目 

わたくしはやっぱりいねのせいか白黒の動物に弱いみたいですw

以前からずっと気になっていた和歌山の白浜にあるアドベンチャーワールドにやっと行ってくることが出来ました!!
お恥ずかしながらここにパンダファミリーがいることを結構ここ数年で知ったんですよ。
もうね、なんでこんなにパンダの繁殖に成功しているのに全然テレビで報道されないんだか・・・

ということでこの3連休、2泊3日で白浜へ降り立ちました!!
最近お天気がまた不安定ではあったのですが、無駄に自信満々で出発!

aws1.jpg

羽田は土砂降り。

でもね大丈夫!

aws2.jpg

南紀白浜空港に到着したら曇りではあるものの地面は濡れていませんでした。

到着してからレンタカーだったのですが、レンタカーのおじさん(いや、もしかしたら同世代?)に「上野では40分待ちなんですよ」と申し上げましたら「ええっ?!」と驚いていましたねー

「ここだったらすぐに見られますしずーッと見ててもいいんですよ、沢山見て下さいね」とおっさって下さいました。益々楽しみが募ります!!

でもとりあえず1日目は周辺の観光を・・・

まずはフィッシャーマンズワーフ白浜という所でお昼ご飯。

aws3.jpg

ここでごはんを食べていたら少し降ってきました。
雨宿りも兼ねてのんびり食後のお茶を楽しんでいたのですが・・・ダイバーの人達がドヤドヤと雨宿りに来たのですが・・・ダイバーでもやっぱり雨に濡れるのは嫌なのかとちょっと不思議でしたw


んで、出る頃には止んでいたので三段壁洞窟という名所へ移動~

aws6.jpg

洞窟内に激しい波が流れ込んでくる凄い迫力のある洞窟でした。

aws7.jpg

あれね、江戸川乱歩の「孤島の鬼」のラストシーンに出てくる感じっつーの?

しかしこの三段壁って・・・いわゆる「火曜サスペンス」的な場所なのかしらね・・・

aws10.jpg

妙に気になる呼びかけの看板やらメッセージをが多いのが印象的でした。

それと同じ位気になったのが三段壁洞窟のお土産屋さんの前に飾ってあるこの像・・・

aws8.jpg

周辺すべて和な雰囲気なのにこれだけいきなり洋風彫刻。しかも・・・

aws9.jpg

・・・なんか自分のチチ揉んじゃってない?
ま、違うんだろうけど汚れたおばちゃんにはそう見えたw

謎めいた三段壁洞窟の後、また少しぱらついてきたので雨宿りがてら近くのエネルギーランドへ。

aws5.jpg

なんだろう、いい感じのB級感がいい感じの施設でしたがちょっと高いかな。(1800円)

aws4.jpg

浮くわたくし。

で、出る頃にはまた止んでいたのでホテルに向かいました。
今回パンダツアーのJALパックを利用したのですが、追加料金無しの一番安いホテルのはずだったのですが、どうしてどうして凄く綺麗で快適なホテルでした!

aws11.jpg

ホテルハーヴェスト南紀田辺

ああ、結構盛沢山で一杯になってしまった。
2日目の憧れのパンダとの対面はまた次のアップで~

ハワイ再び…ホノルルに美術館発見!! 

実は来月またかの地、ハワイに行く予定の我が家であります。

白い空、青い雲、輝く太陽・・・あれ、なんか違うなw

hawaii.jpg

このわたくしに似合わないかの地、ハワイ

1回目のハワイがかなり楽しかったし、思いつくことは割とこなしてしまったので今度はどうしたいいのやら、と思っていたのですが。

っがっ!! (DASHのナレーション風に)

なんということでしょう!!知らなかっただけで、ハワイにもちゃんと美術館があったのですよっ!!

honoluluart2.jpg

じゃーん!!ホノルル美術館であります!!

位置はこの辺ね

honoluluart.jpg

ちなみにわたくしはこの右下にあるホノルル動物園がとても好きでした。
動物がほとんど居なくて、全然客に「動物を見せよう!」という意思を感じない園内の緩い雰囲気にノックアウトされましたの。
人間を楽しませるために動物はあるんじゃねーよという熱いパッションを感じましたねー

閑話休題。

ホノルル美術館ですが、ハワイアンな美術のコレクションかと思いきやなかなかどうして5万点以上の東西のコレクションからなる一大美術館のようでして、コレクションのみならずわたくしの大好きなミュージアムカフェも大変人気の素敵スポットらしいのでございますよ!!

西洋美術に関してはやはりアメリカ圏ですので印象派以降の作品が充実しているようでありまして、クールベ、ドラクロワ、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ピサロ、モネ、ピエール・ボナール、ロダン、マイヨール、ピカソ、マティス、モディリアーニ・・・辺りが収蔵されているのだとか。

いいじゃないですか!!
かなりの広さのようで、さっと見るだけでも2時間位掛かるようです。これなら1日掛かっちゃうわw

しかしそれにしてもホノルル美術館の情報って全然見たこと無かったわ…るるぶとかまっぷるとかでも・・・ハワイに関しては地球の歩き方を買っていなかったから、もしかしたらそこにはあったのかもね…

という訳で正直「わたくし、ヨガもやらんし、目が極度に悪いから水ものも苦手だしねー、白内障持ちだから紫外線もアレだし・・・一体何をすればいいんだろう」とあまり乗り気では無かったのですが、一気に盛り上がって参りましたw

すいません、ほんと、リゾート音痴なわたくしなのです・・・

Forever Love 

わたくしは昔から美術、図工は大好きでも音楽は大嫌いでした。

高校に入って何が一番嬉しかったって、芸術が選択になって音楽の授業が無くなり、大好きな美術だけ受ければよかったことですもの!!

好きな歌手も居たことが無いし(せいぜい小学校の頃の聖子ちゃんとかマッチレベルのお話で)、高校生頃のバンドブームなんか冷めた目で見ておりました。

カラオケは学生時代にはまあそれなりに楽しみましたけど、ノリが楽しかった感じで歌そのものが好きということは無く。

とにかく音楽嫌いな人生を送っていたのでございますが・・・

昨年末の紅白でXJAPANに墜ちてしまい・・・

3月22日からなんとピアノを習い始めておりましたですの!!

ピアノ!!

このわたくしが!!


♪がオタマジャクシにしか見えないくせに、担当の先生に開口一番

「XJAPANのForeverLoveを弾きたいんです」

とぬかしやがりましたw

でも相性もあったのでしょう、先生の教え方が非常に御上手で。
そして練習すればするほど出来るようになっていく感覚がことのほか面白く。
毎日欠かさず練習を繰り返し、

なんということ!約3ケ月で簡易版とはいえ一曲弾きとおすことが出来るようになりましたの!!

そして実はこのピアノ、主殿には内緒で習っておりましたの。

1808161.jpg

キーボードをクローゼットルームに隠し、主殿の留守を狙っては12キロあるそれを担いでリビングに運び、練習をする・・・主殿が居る週末は近所のレンタルスタジオに行き練習をする・・・そんな3ケ月でした。

1808162.jpg
(最初の数日はこんな風に練習していましたwまあこれではだめだったのでリビングに担いでいくようになりましたが)

主殿に内緒だったのは勿論びっくりさせたかったから!

なのでその発表のシチュエーションにはこだわりましたw

場所は帝国ホテル内にあるミュージックルーム。宿泊者は2時間無料で弾くことが出来るのです。

1808124.jpg

1808125.jpg

ここのピアノはなんとスタインウェイ!!
多分国内外の音楽家さんが宿泊時に練習をする為に置かれて居のでしょう。

1808126.jpg

普段電子ピアノで練習しているというのに、いきなりなんと贅沢な・・・

2時間借りれるのでまず最初一人で30分ほどリハーサルをしまして・・・
それから主殿を呼び寄せ、本番を披露致しました!!

1808127.jpg

信じられない自分の晴れ姿!!物置で隠れて弾いていたこのわたくしが!!
(ちょっと大映ドラマチックよねw物置の練習って)

1808128.jpg

弾いてるよーおかーさん、このわたくしが弾いてるよー

ちょっと失敗しちゃった部分もあったのですが(よりによって一番得意だと思っていた場所)、それでも一曲弾き終わった時の主殿の驚きようったら。

「え?どこで習ったの?練習してたの?!」


実はね~とネタばらしをしましたら、「えー全然気づかなかった・・・そんなことしていたんだー」と驚愕と感心とw
ぃやっほい!!

は~なんか、凄いやり遂げた感が・・・

あと、これからは堂々と練習できるのも嬉しいw今まで本当にコソコソと大変でしたものw

まさかまさかの趣味ですが、でも今後長く楽しめる趣味が出来たことは凄く嬉しいですね。
大人が今更ピアノなんか習ってどうするんだって気もするけど、そもそも趣味って自分の楽しみの為にやる訳で・・・どうなろうとかそういう話じゃないし・・・今まで結構けち臭くどうせやるならものになるものを的な考えがあったんだけど、今回はそういうのは無くて純粋にピアノを楽しむ意欲に満ちておりますの。
そして実際凄く楽しい!!

1808129.jpg

3ケ月の思いの詰まった楽譜は綺麗に装丁w

次は同じくXJAPANのWithoutYouを練習するつもりです~

2018夏・北欧の旅・最終日「家に帰るまでが遠足なのですよ」 

8月4日(土)


さて、早いものでもう最終日。
飛行機は夕方なので1時ごろにヘルシンキ中央駅を出れば3時間前に到着する予定です。
今回はタックスリファウンドがあるので少し早めに空港に行きます。そして乗り遅れないためにも・・・

ホテルをチェックアウトして荷物を預かって貰い、昨日と同じ一日券を購入。

180804f2.jpg

トラム、乗りまくるぜー!!

180804f3.jpg

ヘルシンキ中央駅からスタートしてひたすらトラム移動。

180804f4.jpg

気になったところで気まぐれに途中下車。こういうの大好き!!

180804f7.jpg

勿論ヘルシンキ大聖堂の前でも降りてみる。
ヘルシンキの街といえばまずこの場所が出てきますよねー
真っ白で輝くような聖堂でした。

ちなみにこのポーズはどうも昭和のアイドル写真臭がいたします。

ヘルシンキ大聖堂の周りはドローンが禁止らしいですよ。

180804f5.jpg

時代だね、こういう看板も。

ヘルシンキ大聖堂の真ん前に素敵なカフェがありました。

180804f6.jpg

誰だこの訳を教えた奴は・・・

そうは言われましたが我が家はそのそばにあるカフェ・エンゲルでお茶。

180804f8.jpg
実に雑な画像処理。

お昼ごろには一旦ホテル近くに戻り目に付いたレストランでランチを済ませました。

180804f9.jpg

イタリアンだったのだけどあまりイタリアン色の無い一皿。
サーモンがふっくらで甘みがありとにかく美味!!

フィンランドも物価は安くはないはずなんだけど、ノルウェーの後だとめちゃくちゃ安く感じるなー
こんなのオスロで食べたら2人で7千円は下らないものね・・・

行きは空港から電車を使いましたが帰りは予め時間をチェックしておいたフィンエアーの空港バスに乗ります。

180804f1.jpg

荷物は自分で貨物室に入れて、切符は乗車時に清算します。カード、現金OK。
約30分でヴァンター空港に到着します。ターミナルは2番目の2で下車。

その後タックスリファウンドのカウンターへ行って手続き。
並ぶ時間は掛ったけど、手続き自体は簡単なのね。今までなんか億劫で敢えて買い物を避けていたんだけど・・・
で、手続きしてもらって書類を返して貰った時に「あのーわたくしこの手続き初めてで。あとこの後にやる処理ってどんなですか?」と問うてしまって・・・カウンターの(幸い日本人!)お兄さんが「え?もう何も処理は要りませんよ」っておっさったので「えーなんかポストに投函するとか・・・」って言ったら「大丈夫です、もう返金を待つだけですよ」と。で、更にわたくし「返金までってどれ位掛かりますのん?2ケ月とか?」と言ってしまったら相当びっくりした様子で「い、いや、2,3日でカードに返金されますから・・・」って教えてくれました。

一体何年前のことを言っているんだこのBBA!!

と、思われたに違いない・・・だってやったことないんだものーーー昔々の「地球の歩き方」にはそう書いてあったじゃん!!

拍子抜けしつつ搭乗手続きを済ませて搭乗ゲートへ・・・




とっ!! (←鉄腕DASHのナレーションチックに)



180804f10.jpg

こ、このカウンターはっ!!

まさにあの乗り遅れの時に乗るはずだったカウンターと同じっ!!
このカウンターに座っていたGSさんに


Too late.


と言われたのだったわ・・・しみじみ

最後の最後でピリカラな思い出を呼び覚まされたわたくし。
今回は帰宅するその瞬間まで気を引き締めておりましたわたくしなのでありましたw

今回はピリリと緊張を緩めなかったわたくし。
無事に沢山の思い出とお土産と共に帰宅を果たしました!

180804f13.jpg

はー今年もまた一つ、美術館を制覇いたしましたとさ。

来年は・・・ニューヨークに行きますよ~!!

2018夏・北欧の旅・4日目・マリメッコ尽くし「可愛い!」 

8月3日(金)

さてさて、今回の旅行のハイライトはマリメッコ本社&アウトレット訪問でした!

180803f1.jpg

駅前はかなりのデコボコ道

ソワソワしながら起床し準備、早速ヘルシンキ中央駅に向かい1日券デイチケット(€9)を購入します!
実は翌日も同じチケットが必要になり買ったのですが、3日券でも€18なのですね、なので丸2日使う予定でしたら3日券を買ってしまってもいいかもしれません。

メトロで10分位のところにあるヘルットニエミ駅に向かいます。
ヘルシンキ中央駅からマリメッコ本社まで30分位ですかねー
思ったよりも近かったです。

ヘルットニエミ駅からマリメッコ本社まで歩いて5、6分位でした。
駅から同じようにマリメッコに向かう人たちが結構いるので迷いようがないw

180803f2.jpg

可愛い看板が見えてきたらもうすぐそこ。

180803f3.jpg

廃墟っぽい工事現場からいきなり登場w

ここに限らず、なんか街全体が割と地味というか・・・でも中に入ると急激に凄く可愛いんですよね。

180803f4.jpg

記念撮影していたらヤング女子二人が「あのー写真撮って貰ってもいいですか?」と。

オバちゃん張り切っちゃうw

わたくしは若くて可愛い女子が大好きなのだ。

昔取った杵柄?でマリメッコの看板がうまく入るようにローアングルから縦横で撮影!
ちゃんとインスタ映えするように撮りましたわよ~
女子達「わぁ!いい感じ~!!」とキャッキャとはしゃいでおりました。いいねぇ、可愛いわぁ~

到着したのは9:50くらいだったのですがそんなことをしているうちに直ぐに10時の開店時間に。
可愛いマリメッコのお洋服を着たスタッフに迎えられて中に入りました!
直ぐに大きな買い物袋を渡されまして、ここから戦いがスタート!!

わたくしも一応1キロ€25だというハギレを狙っていたのですけどもうそこは慣れた感じの人達が群がっており・・・ちょっと参戦出来なかった。トロいのだ、わたくしは。

しかしハギレを両手でガシっと塊で取って近くのソファに持って行っちゃってそこで物色するのってどうなのかしらねぇ・・・で、要らない生地をまたハギレの箱に戻しに来るの・・・ハギレは放棄したわたくしだけど、なんかちょっと・・・ねぇ

わたくしは1m単位€25、€37の生地を選んでみました。
日本では10cm単位で買うものがm単位で買えるなんてね、嬉しくなっちゃう。

この間、主殿はひたすら会社へのお土産にするタオルハンカチを物色。
まあマリメッコのハンドタオルならそう嫌がられないよね・・・

本当はアウトレットだけで買うつもりだったのですけど、思わず正規品のコーナーにも行ってしまって・・・そこでスタッフ女子が着ていたワンピが物凄く可愛くて・・・ふと見たら傍に吊り下がっていて・・・ふと見たらわたくしの貧弱サイズ34で・・・!!

買って貰っちゃいました、ハイ

わーん!!だって可愛かったんだもん!!!

180803f5.jpg

散々買い物をした後は名所、マリメッコの社員食堂、マリトリでお昼!

180803f6.jpg

食器もトレイも全部マリメッコ!!可愛い!!
周囲にはマリメッコを着た社員さんらしきグループも!!いいなあ、こんな職場環境!!

結構一杯買ってしまったので一旦ホテルに戻って荷物を置き、今度は午後の予定であるスオメンリンナ島を目指します。

トラムに乗って海岸にあるマーケット広場まで。ここからスオメンリンナ島までのフェリーが出るのです。

180803f7.jpg

朝買った1日券でフェリーも乗れます。

180803f8.jpg

15分位で島に到着。フェリーにはわんこも居ましたよ!

スオメンリンナ島はヘルシンキで一番の観光名所なのですが、もともとは戦争時の要塞だった島です。
今は世界遺産に指定されていますが、800人だったかな、島の人が住んでいる島でもあるんですって。
なので公園とかスーパーとか普通にありました。

180803f9.jpg

でも第二次大戦で使われていた実際の潜水艦なんかもあったりして。

180803f10.jpg

戦争の過去と平和な現在が一緒にある不思議な島です。

しかし暑い・・・

あまり暑さを遮るものが無いんですよ。なのでちょっと早々にへばってしまい、1時間位で街に戻ることにしました。

180803f11.jpg

街に戻ってからはひたすらトラムに乗りまくり街を散策。

街なかにはユニクロ状態でマリメッコのお店が!!
見かけるたびに入ってなんだかんだと買い込むわたくし。

それぞれのお店で結構買ったので今回初めてタックスリファウンドの手続きをしてみました。
並びましたが、手続き自体は実に簡単で拍子抜け。
そして本日の時点でクレジットカード明細に返金されていました!

もうね、このタックスリファウンドのカウンターで並んでいる時に前に2組くらい前にいた某国の親族グループが・・・もうね・・・

スーツケースに買ったもん全部入れちゃっているんですよ!

カウンターで買ったものを見せなきゃいけないからいちいち全部開けてブランドの紙袋を探していてもー時間が掛かる掛かる!!
しかもちゃんと終わるまでまとまって居てくれればいいのに、なんか手が空いたらすぐにフラフラとどっかに歩いて行っちゃうの!!なので残っている人が呼びに行ってまたそれで時間が掛かるという・・・

海外に行くと普段なら腹の立つことでも大概「まあ海外ってこんなもんでしょ」と鷹揚に構えているわたくしなのですが、この時はさすがにムカッとしましたわーと言って別に何も言わないけどさ。
とりあえずああいう人達がいるようだったら別のカウンターを探そう、と学びました。ハイ。

沢山歩きまくって買いまくった1日だったので夕食は近くのタイ料理屋さん(なぜ)でピリカラをサクッと戴き、いつも通り9時には床につきました。

早いもので明日はもう帰国です!

2018夏・北欧の旅・3日目・ノルウェーからフィンランドへ「遅いよ!!」 

8月2日(木)

さて、今回はたった6日間の行程で2ヶ国。なので3日目にはもう移動です。

フライトは13:15ですのでオスロ中央駅を10時半位に出れば間に合います。
なので朝食後チェックアウトして荷物を預かって貰って駅の傍にあるオペラハウスへ向かいます。

この時にフロントに荷物を預かってほしいと申しましたら「いいわよ!その辺に置いておいて!」と言われた訳です…
もう本当にフロントとなりの小部屋でドアもあけっぱなし、係も居ない状態のところに無造作にスーツケースがならんでいました・・・

なんでもノルウェーって国民の平均年収が1千万前後らしいですね。
やっぱり豊かな国だと犯罪も少ないのかな…今や日本の方がオソロシイわ

さて、オスロのオペラハウスですが、こちらの大きなとくちょうとしましては

180802n3.jpg

屋根に上れちゃうのですよw
全体が緩い坂で出来たような建物なのです。

180802n1.jpg

ただし結構な段差があるので躓かないように注意しないといけません。
主殿、一度コケましたw

わんこも散歩コースとして歩いています。

カモメさんものんびりしたものです。(↓ビックリしてください。本物ですよ)

180802n2.jpg

何がある訳じゃないんですけど、なんか見晴らしがよくて気持ち良かったです。

中はこんな感じ。凄いオサレ

180802n4.jpg

螺旋階段になっているのかな?

ショップもあったのですがもう我が家、はなから買い物は諦めていたのでそのまま駅に戻り行きと同じくエキスプレストレインに乗って空港に向かいます。

チェックインをして出発までに軽くランチ。

180802n5.jpg

これで3,500円位。もう驚きません。

それにしてもノルウェーは電化製品が大好きなお国柄なのか至るところにコンセントがあったのが印象的でした。
ホテルの部屋にも異常にあるの。コンセント。
廊下にも数メートルごとにコンセントがある。

高級ランチをむさぼり、さて、あとはフライトを待つのみ・・・


からのー


180802n6.jpg

AY915便、2時間の遅延!!

それに見て!ヒースロー空港行の便なんか朝8時台のフライト予定なのに16時発ですってよ!!
そんなんアリなのか??

ゲートも当然移動となり、新たなゲートで待つことにしたのですが・・・ここでもう主殿はスマホに夢中になっていましたが・・・

外国の空港をなめてるね、アータ



15分後位にはゲート変更の表示が!!
Eエリアから一気にBエリアへ!

外国の空港はこれがあるんだよ。変更があった場合呑気にしていたらいつの間にか違うゲート&出発時間が迫っているってことが良くあるんだよーだ!!

「え?!変更?!」と焦る主殿ですが、またまた移動したゲートの椅子に座ったらスマホに夢中・・・


なめたらあかんぜよ!



一度変更があったら二度三度あるんだって!!

結局4回くらいゲート変更がありました。
もうヨーロッパ内での乗り継ぎは嫌だわ・・・

おかげで午後4時位にはヘルシンキについているはずが、結局ホテルにチェックインできたのが9時近く。
勿論白夜ですので明るいのですけど…もう本当に疲労困憊でした。

180802f1.jpg

今回のホテルはセキュリティボックスもバスタブもアリ。

一応目星を付けていたレストランにいって夕食を食べ、速攻寝てしまいました。

180802f2.jpg

サーモンスープははずれないね!あっさりしていてサーモンの風味が行かされていて本当に美味しい。

もう今後絶対にヨーロッパ内で乗り継ぎしないからっ!!

2018夏・北欧の旅・ノルウェー2日目「高いよ!!」 

8月1日(水)

丸一日オスロに滞在するのは今日のみ。
盛りだくさんの一日となりますよ。

180801n1.jpg

ホテルの朝食。普通朝食ビュッフェでは入口で部屋番号を言ったり朝食チケットを渡したりするもんだけど、ここは全くスルー。
しかもテラス席があるから外からも自由に入ってこれちゃう。性善説に基づいているのか国全体が豊かなせいか、とにかくめちゃくちゃ緩くて逆にビビったw
ホテルチェックアウトした後にキャリーバッグを預かってほしいと言ったら「OK!その辺に置いておいて!」ですと
鍵は勿論見張りの人も係の人も居ないフロント横の小部屋に放置でしたw勿論ドアも開けっ放し。

ノルウェー、平和過ぎる。

180801n2.jpg

駅構内のホテルなので廊下の窓から駅構内が見渡せます。
下に並んでいるお店がフードコート。超高級w回転ずしもここにあります。

オスロ市内を動くには1日乗車券が一番お得ですのでまずは交通案内のルーターに行き、一日券を買います。

180801n5.jpg

これで地下鉄、トラム。バスも乗り放題。105NOK(1470円)

180801n4.jpg

バスも可愛い!

まずはトラムで日本から予約しておいたフィヨルド観光クルーズに乗るために海岸まで移動します。

180801n6.jpg

ノルウェー語は全く分かりませんので停車場の数を数えながら。
次で降りたい時にこのブザーを鳴らします。

180801n7.jpg

海岸アーケル・ブリッゲで下車。
いいお天気過ぎ!!

10:15に集合で10:30に船が出港します!!

180801n8.jpg

私たちは日陰をゲットしましたが欧米の方達は日向がお好きらしい。

180801n9.jpg

クルーズ船はトイレ付。表示が切羽詰まっていて可愛いw
この規模の船なのになぜかトイレが3つもあってしかも結構広くて快適でした。

180801n10.jpg

クルーズと言っても本格的なフィヨルドというわけでは無くて、まあそれっぽい感じの鑑賞ですが2時間あっという間でした。
ちなみにこの海岸線にチマチマッと並んでいる小屋は水着に着替えるための小屋だそうです。
禁酒法がしかれた時はここで密造酒の売買も行われたのだとか。

2時間のクルーズを終えると12時半。予定通りです。
海岸に建っているオサレレストランでランチを計画しておりました。

180801n11.jpg

サーモンスープとフィッシュアンドチップス。
これで390NOK(5,453円)・・・もう笑うしかないw

180801n12.jpg

朝食ビュッフェやら地下鉄の入り口やら、やたらと緩い割にはトイレは厳しくてレシートにあるコードを入力しないとドアが開かないようになっています。
それにしてもこちらの便座はやたらと高い位置にあって足が床に届かないよ!!

午後は美術館巡りです。
トラムで一旦中央駅まで戻り、中央駅から地下鉄でムンク美術館のあるトゥーエンまで移動。
10分位ですかね、あっという間。

180801n13.jpg

地下鉄のあってないような改札w

トゥーエンから歩いて5分位でムンク美術館に着きます。直ぐに看板が目に付くので迷いません。

180801n14.jpg

ムンクの「叫び」は過去2度盗難に遭っていますのでそのせいで持ち込みに関しては凄く厳しくて

180801n15.jpg

A4サイズ以上のバッグはロッカーに預けないといけません。

ちなみに・・・今回の旅行の最大の目的であるここの「叫び」は・・・

なんともう日本へ向かうために準備しているので飾っていないと!!

なんということでしょう!!

「混む前に現地でゆっくり観ちゃう」なんて嫌味なことを考えたせいで罰が当たったようですな。トホホ

180801n16.jpg

とりあえず印象的だったムンク美術館地下のロッカールームにある洗面所。
ダイソンの蛇口・・・これ高松空港にもあったな。

お次はそのまま地下鉄で戻り、国立美術館へ。

ここにもムンク居ますよ。

180801n17.jpg

さすがに大人気。みんな同じポーズをとって撮影していました。
うーん、こればかりは一緒に記念撮影したくなるなぁ~w

結構サクサクと予定をこなせて行けています。
ちょうどこの時点で3時位でしたのでお茶をすることに。
この国立美術館近くに最近人気のカフェ、フグレンコーヒーがあるとのことで地図を片手に向かいました。
5分位ですね、鳥さんマークが目印。

180801n18.jpg

この前代々木のフグレンコーヒーに行ったんですけど、凄く混んでいたんですが・・・ここは空いていてゆっくり出来ました。
暑かったのでわたくしはアイスコーヒー、主殿はホットコーヒー。それで101NOK(1420円)

やっぱりかなり美味しい 疲れた体に染み入りました。

さて、まだもう少し時間があります。ましてや白夜全開のノルウェー。まだまだ明るい!!

折角トラムも乗り放題だし、もう少し移動してみるか、ということでオスロでの一番の人気スポットのこちらへ。

180801n19.jpg

ヴィーゲラン公園。
凄い数の彫刻があるんですけど、そのポーズがいちいちおかしいということで人気らしいです。

180801n20.jpg

わたくしもこういう分かりやすいアートが好きだわ。

ここのトイレは15NOK(200円)。
ここのカギが曲者で、気を付けないと360度クルンと回ってしまうんですよ。
180度の位置が「鍵がかかっている状態」ですので~~

気を付けずに360度クルンと回して鍵を閉めたつもりのわたくし・・・

途中でドアを開けられてしまうという・・・

ノルウェーの悲劇

参りましたわ

あられもない姿を金髪碧眼美女ママンとベイビーに見られたところで本日の予定はすべて終了w

さて、最後にどこで夕食を食べるかですが・・・テキトーに歩いて目に付いたところに入ろう、どうせどこも高いしwということで目に付いたカフェレストランで夕食。

180801n22.jpg

大聖堂の庭にあるカフェですが…皆そこで酒飲みまくりですがw

それにしても皆良く飲むねー昼間、まだ午前中からビールを煽ってるしさー
なんか楽しそうでいいね。うん

180801n21.jpg

はいはい、これが最後の晩餐~お値段は615NOK(8646円)もうなんとも思わないw

いやー物凄く充実した1日だったけど、めっちゃお金が掛かった1日でもありましたw

2018夏・北欧の旅・ノルウェー1日目 

という訳で北欧の旅から帰ってきました。最近どうも日がたつと忘れちゃったり面倒臭くなるのでちょっと頑張ってあっぷっぷします。

7月31日(火)

11:00am成田発フィンランド航空AY74便でヘルシンキまで。

180731n1.jpg

今回はプレエコことエコノミーコンフォートなのでアメニティが付きます。
中身は靴下とアイマスクと歯ブラシと耳栓。
中身はともかくマリメッコのポーチが可愛い!!
機内販売でも売っているみたいだけど€23(3000円位?)するみたいなので庶民的には得した気分!

180731n12.jpg

この時の機材が最新のものだったみたいでとにかく画面も凄い解像度で見やすくて良かった~

180731n3.jpg

フライイトカメラもこんな目線での映像があるの!

3年前乗り遅れて一晩を過ごしたヴァンター空港へは予定通りの時間に到着。
今回は乗り遅れないように次のオスロ便AY915便へ急ぎますw

180731n4.jpg

よ!眼光鋭いニョロニョロ達!また来たよ!

オスロへや1時間半くらいのフライト。あっという間。

ノルウェーは北欧で一番物価の高い国。消費税も物凄く高くて15~25%。
なのでノルウェーの人は空港から市内に出る前には必ず

180731n5.jpg

バゲッジクレームの手前にある免税のスーパーで酒だの水だのを買出ししていくのだそう。
凄い行列でした。

この物価の高さには我が家もほとほと泣かされましてね。
ノルウェーに丸一日滞在するのはたった一日でしたがそれでよかった!と思う位でした。
どれ位高いのかと言いますと。

180731n11.jpg

500のお水が400円~500円ですよ!
川越シェフの店かよ!

空港からはエアポートエクスプレストレインFLYTOGET(フリートーゲ)で市内に向かいます。
到着ロビーを出たら右に進むとオレンジ色のカウンターや券売機が見えてきます。ちなみにここだけじゃなくヨーロッパでクレジットカードを使うのは必ずPINコードが使えることを確認しておかないと泣きます。
主殿はほとんどアメリカでしか使わないのでサインがメインのカードしか無かったので使えなかったんです。
まあわたくしのカードが使えるから良いんですけど、これ、結構怖いわ。

180731n6.jpg

これでフリートーゲって読むのね・・・ノルウェー語、全く想像もつかないわ。

180731n7.jpg

車内は木がインテリアに使われていて素敵でした。
約20分でオスロ中央駅に到着します。片道190NOK(2660円位)。まあこれは妥当な値段かな。

今回のホテルは駅構内にあるコンフォート・ホテル・グランド・セントラル。
駅構内にある割には物凄く静かでした。

180731n8.jpg

お部屋はシンプル。ていうかセキュリテイボックスも冷蔵庫も無い…

180731n9.jpg

バスルームもシンプル。シャワーカーテンどころか区切りも無い!

なので日本からキャリーバッグに500のお茶を一本入れてきたのですが本当に良かったです。夜中に喉が渇いてもミニバーなかったら水道の水しかない状態でしたので!!

ひとまずチェックインして夕食を…となったのですが、駅構内ということでフードコートがありましてね。
もう最初の夜はそこで済まそうと思っておりまして適当に物色しましたら回転ずしがあったのですよ。
もう疲れていたので手軽に回転ずしでいいや、と入ったのですが…

180731n10.jpg

味は普通。しかしなぜ寿司にチリソースが…?という感じw

ここの会計がなんとまさかの6800円!!

いや、実はね、この透明の蓋に「7」「8」「9」「10」って値札シールみたいなのが貼ってあったのですよ。
だからもう直ぐにそれが値段なのだと思い込んでしまいましてね。
7NOK=120円 8NOK=130円 9NOK=150円 10NOK=160円・・・?あら、意外と安いじゃん、なんていいつつ油断して食べたのですが、これが全然関係ない数字だったみたいで!!紛らわしい!

正しくは日本と同じく皿の色で値段が分かれていて

青の皿=35NOK=560円 
紫の皿=40NOK=640円
灰色皿=79NOK=1264円

・・・でしたの

・・・聞きしに勝る物価の高さの洗礼を受けた我が家。

疲れとショックでヨロヨロ部屋に戻り、シャワーを浴びて9時には床につきました・・・

ここに、いるよ・・・ 

いやもうほんとうに信じられない位のポカをやらかしたわたくし・・・
暑さのあまり?否、老化の賜物か?!

わたくし、この1週間ばかり旅行中の友達の家に彼女の猫の世話に通っておりますの。
今日もまあそれで友達の家に向かって電車に乗って行ったんですけど、猫宅の最寄り駅で降りた瞬間、

1807201.jpg

日傘を車内に忘れたことに気づきました!!やっちまった!!
自宅から猫宅まで2本の電車を乗り継いできました…一体どこで忘れたのかはっきり覚えておりません。
もしかしたら乗り換えの駅で既に持っていなかったような気もするし…

嗚呼!!

しかしこの酷暑、白内障持ちのBBAに日傘無しで炎天下を歩くという選択はありませんので駅構内にあったヤング向けのオサレ雑貨屋IT'S DEMOで日傘を買うことにしました。

1807202.jpg
BBA 「いや~もう電車で傘忘れちゃって~直ぐ使いたいのでタグ切って貰っていいですか~?」

女子 「タグを切ってしまうと返品・交換出来ませんがよろしいですか?」

BBA 「ああ、いいのいいの、直ぐ使うし」

というやり取りの後、無事に猫宅に着き、ふぃーと一息つきながらソファーに座り込みましたの。

1807203.jpg

そしたらその瞬間、何か嫌な気配が・・・

ふと尻元(?)を見ると・・・



なんということでしょう!!


1807205.jpg

車内に忘れたはずのわたくしの元々の日傘があるじゃないですか!!!

え?え?なになに?どゆこと?!

としばし判断出来ぬわたくし。 (つか、一瞬怖かったわw)

でもつまりこういうことだったってことね。

手元に無くて忘れた!!と大焦りのわたくしだったのですが、実は

1807206.jpg

バッグの後ろに引っ掛けた状態で持っていたと!!! まじか!!

と、いうことはだ、店で「日傘を車内に忘れちゃって~」などと余計なことをくっちゃべっていたわたくしですが、こういう状態だったと。

1807207.jpg

ついでに言うと、駅から猫宅までこういう姿だったと!!

1807208.jpg

過去30分のわたくしをどうにかしてよドラえもん!!

って感じよーもー、しかもご丁寧にタグ切って貰ったから返品も出来ないしさー!!
もう本当に自分でも信じられない位のアホやらかしましたわーーー信じらんねー!!

暑さでぼーっとしているせいだと思いたいけど、これ、まさに頭に眼鏡乗っけて「眼鏡はどこか知らんか」とフネさんに問う波平さんそのものじゃないか!!

やっぱり老化現象なのでせうか…

あーそれにしてももし日傘に言葉が喋れたらきっとずーっとこうつぶやいていたことでしょう…

1807209.jpg

居たんだね…ずっと、そばに